梅雨の時期!部屋の湿気対策に「換気扇」を上手にフルに使いこなす

梅雨

仕事から帰ってきたら家の中が湿気でジメジメ。

カビが生えちゃうかも…。

 

でも窓を開けたまま出かけるのも

不用心だし、雨が降ってきたら嫌だし。

 

換気扇は回しておけるけど、

これって部屋の湿気対策に効果があるものなの?

 

今回は、

換気扇を使用した湿気対策をテーマに、

  • 部屋の「除湿」と「換気」
  • 室内の湿気対策に効果がある換気扇の使い方
  • 雨が降っている時の換気は?

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

梅雨の時期!部屋の「除湿」と「換気」

 

部屋の湿気対策に必要な2つのこと!

「除湿」と「換気」について。

 

そもそも部屋の湿度が上がるとは、

どういうことなのかというと、

 

「空気中に含まれる水分の割合が多くなっている」

ということです。

 

室内の温度が高い程、

空気が保持できる水分量が多くなるため

気温が上がるにつれて湿度は高くなる傾向にあります。

  • 夏=温度が高い=湿度が高い=ジメジメ
  • 冬=温度が低い=湿度が低い=乾燥

夏はジメジメで冬に乾燥するのはこのためです。

 

それに加えて、部屋の中の水気のある場所

(お風呂やキッチンなど)や洗濯物などから

水分が吸収されて、湿度がどんどん上がってしまいます。

 

なるべく水気のあるものを

部屋に置かないことも重要ですね。

 

部屋の湿度を下げるうえで重要になってくるのが

「除湿」と「換気」です。

 

「除湿」とは文字通り、

室内の湿気(水分)を取り除くことです。

室内の水分をなるべく外に出すことが大切です。

 

そして「換気」

換気は室内の汚れた空気を排出して

外の空気と入れ替えることです。

 

換気することで高温になった空気を排出し、

室内の湿度を下げることができます。

 

湿った空気を外に排出できますので、

結果的に除湿にも繋がりますね。

 

その換気を助けてるのに役立つのが「換気扇」です。

 

湿気対策に効果がある換気扇の使い方

 

どのように使う?

室内の湿気対策に効果がある換気扇の使い方。

 

①お風呂場、トイレ、キッチン

室内の水気がある場所から部屋の湿度は

どんどん上がっていきます。

 

お風呂は濡れたまま放置せず、

扉を閉めて必ず換気扇を回してしっかり乾燥させましょう。

 

また、料理中は必ずキッチンの換気扇を回して、

湯気などの湿気や臭いがこもらないようにしましょう。

 

トイレも窓がない場合は、

1日中換気扇を回しておくことをおすすめします。

 

②換気扇で空気の流れをつくる

換気扇は回しておくだけでも

空気の入れ替えになりますが、

 

より効率よく換気するためには、

(特に湿度対策のために換気するには)

新しいく空気を取り込んで、古い空気を排出する

「空気の流れ」をつくる必要があります。

 

まずは換気扇から離れた場所にある

大きめの窓を開けて空気を取り込みましょう。

 

可能であれば、

その窓の近くで扇風機を回すとより効果的です。

 

それと同時に換気扇を強め

の設定にして回して下さい。

 

そうすることで空気の入り口と出口ができ、

効率よく換気することができます。

 

開けた窓から換気扇を隔てる室内の扉は

すべて開けておいてくださいね!

 

部屋全体ではなく局所的に

お風呂場などを換気したい場合は、

近くの窓を開けて換気扇を回すと良いですよ!

 

また、

日中は窓をあけたままにしておけない場合は、

家にあるすべての換気扇を回して空気の流れを作ると良いです。

 

家にある換気扇って大抵は、

キッチン、トイレ、お風呂場だと思います。

 

トイレ、お風呂場、キッチンを隔てる扉を

すべて開けた状態にして換気扇をまわして

おくことで空気の流れをつくることができますよ!

 

もちろん部屋の除湿には、

エアコンを使うのが早いし涼しいです。

 

しかし、エアコンは、

室内の空気を取り込んで冷やして

排出しているので換気効果はありません。

 

エアコンを使っている時も、

定期的に換気はするようにしましょう。

 

また、

換気扇のありがたいところは、

電気代が安い!ということです。

 

エアコンは長時間使用することで

月数千円の電気代がかさんでしまいますが、

 

換気扇は1日中回していても、

月数十円~数百円の電気代で済みますよ!

 

各家庭に取り付けられている

換気扇の種類によって誤差はあると思いますが、

24時間回し続けていた時の、

1か月の電気代の目安は、

  • お風呂場の換気扇…360円/月
  • トイレの換気扇…60円/月
  • キッチンの換気扇…560円/月

くらいだそうです^^

雨が降っているときの換気は?

 

換気が重要なのはわかりましたが、

外が雨の時って換気しても、

余計に湿った空気が入ってきて逆効果なんじゃないの?

と思いませんか?

 

確かに梅雨の時期って、

外の方が湿気高そうだし、

窓を開けるべきか悩みますよね。

 

逆効果ではありません。

雨が降っていようと換気は大切です。

 

部屋の中に古い空気が停滞することにより、

カビ菌が繁殖しやすくなりますし、

ホコリや見えないゴミも溜まってしまいます。

 

また、臭いもこもってしまいます。

 

新しい空気に入れ替えることは大切ですので

雨が降っていてもできれば窓を開けて換気しましょう。

 

ただし、長時間あけている事は、

逆効果になりかねませんので、

 

2.3時間に1回、5分くらいとか、

素早く換気しましょう!

 

雨が強くて窓を開けられない時は、

換気扇だけでも回しましょう!

 

まとめ

 

 

ジメジメする季節は、

いつも家の中の湿気対策に頭を悩まされますよね。

 

対策の1つとして、

経済的にもお得な換気扇での湿気対策

是非、取り入れてみてください^^♪