嫁と姑が仲良くする秘訣を徹底追及

嫁姑問題

結婚によって「旦那さんの親族」

という新しい人間関係が始まります。

 

中でも「義理の母=お姑さん」は、

妻となったあなたにとって最も関わる機会の多い存在です。

 

「お嫁さん」として、

お姑さんと、良好な関係を保つには

どうすればいいのか!

ここではその方法を探っていきます。

 

スポンサーリンク

嫁姑の仲が微妙になるこんな言動

ついついやってしまっているかも…1?

嫁姑の仲が微妙になるこんな言動

 

礼儀・義理・常識を欠いた行為をする

義両親から何かしてもらったとき、

その都度ちゃんとお礼をしていますか?

 

忙しくてつい忘れてしまった…

なんてことが一度でもあればアウトです。

 

実の親なら許されても義両親には通用しません。

挨拶は人間関係の基本。

嫁姑付き合いでもそれは同じです。

会う時の身だしなみにも気を付けましょう。

 

女性同士というのはお互いの服装から、

様々な情報を読みとります。

 

お姑さんに会う時に派手なメイクや

露出の高い服装をしてしまったことはありませんか?

 

また、会うたびに服装や、

アクセサリーが違うお嫁さんを見て、

お姑さんは「浪費家なのかも・・・」

という印象を持つこともあるようです。

 

だからと言って油断して、

毛玉だらけのニットやかかとのすり減った靴下などは

逆にだらしない印象を与えてしまいますね。

 

いずれにしても場にふさわしくない身だしなみは

「常識のない嫁」の烙印を押されてしまいます。

 

旦那さんの不満や悪口を言ってしまう

「共働きなのに家事をやってくれない」

「休みの日はいつも寝てばかり…」などなど、

 

ついつい旦那さんへの不満を

漏らしてしまうことがあります。

 

お嫁さんにしてみれば、

嫁姑の関係にも慣れてきてお姑さんに対して、

少し気安さを感じてきて、ついついちょっとした

グチが出てしまったのかもしれません。

 

でもお姑さんにしてみれば、

自分の息子を否定する悪口に聞こえてしまいます。

 

下手をすれば旦那さんの悪口は、

自分に言われていると同じに受け取られてしまいます。

 

明らかに旦那さんに非があったとしても、

ついついかわいいわが子の肩を持ってしまうのが世の母親なのです。

 

私の友人でも、それまで仲良く食事をしたり

実家にお呼ばれしたり、お姑さんとは、

比較的良好な関係を保っていたそうですが、

 

一度だけふと軽い気持ちで、

旦那さんのグチを漏らしたら、

そこからぱったりと、

お姑さんからのお誘いが無くなったそうです…

 

お義母さんから軽く注意してくれたら

ありがたいな~なんてついつい期待してしまいがちですが、

 

やはり夫婦間のことは夫婦で話し合って、

解決する!!ということを念頭に置きましょう。

 

こうすれば姑との仲が良好に!!「いいお嫁さん」になる3つの秘訣!!

大人同士としての最低限の礼儀は尽くしましょう。

義理の親子の関係になったとはいえ、

お嫁さんもお姑さんも一人の社会人であり

大人の女性であるということは変わりません。

 

お互いに敬意を持って相手に接する!

ということは基本中の基本です。

  • お盆やお正月などの時候の挨拶は欠かさない
  • 誕生日・母の日などのイベントはお祝いする
  • 何かをいただいたりごちそうになったりお世話になった時はきちんとお礼をする
  • 身だしなみに気を付ける

などなど、

 

社会人として常識のラインを、

きちんと守っていれば、「失礼な嫁」

という印象は持たれません。

 

「やるべきことはちゃんとやっている」

と自分を納得させられるし、

不必要に自分を責めることも無くなります。

 

どうしても誠意が届かない場合は、

最低限の礼儀は尽くし、距離を置くというのもありです。

 

旦那さんを大切にし、その姿をしっかり見せること

基本的に母親は息子が大好きです。

その大好きな息子を大切にしてくれる相手を

悪く思うはずはありません。

 

お姑さんの前で旦那さんをしっかりたてる、

たくさん褒めるなどして、

 

夫婦関係が良好であることをアピールし、

お姑さんを安心させましょう。

 

日頃の夫婦関係は外にも表れますので、

普段から旦那さんとコミュニケーションを

しっかりとって良好な夫婦関係を保つことを忘れないでください。

 

お姑さんを理解するよう努める

お姑さんにも色々なタイプがあります。

  • 頻繁に会いたい
  • 自分たちの生活を優先したい
  • 嫁と一緒にキッチンに立ちたい
  • キッチンは自分のテリトリーなのであまり入ってほしくない
  • 嫁に娘のように接してほしい
  • 必要以上に馴れ馴れしくされたくない・・・

などなど。

自分のお姑さんはどのタイプに当てはまるのか?

日頃からよく観察してみましょう。

  • 頻繁に会いたいお姑さんには、なるべくマメに顔を見せる。
  • 無理なら電話やメールなどのやり取りを密にする。
  • 教え好きな姑には料理や趣味などの得意分野について色々質問してみる。

などなど、

タイプが分かればどのように接するべきか

が見えてくるはずです。

 

共通の趣味を見つけるのもいいですね。

無理して合わせず、お姑さんの好きなことで

自分が興味を持てそうなものを探してみては?

 

私のお姑さんの趣味は和装なのですが、

私自身もちょうど着付けを習いたい。と

思っていたこともあり、

 

色々と相談してみたら、

そこから話のきっかけが広がりました。

 

まとめ

これまでさまざまな方法を述べてきましたが、

結局は「仲良くしたいです」という気持ちを

言葉や行動で伝えることが大切です。

 

人間、好意を前面に出されて

嫌な気持ちになることはそうそうありません。

 

それはお姑さんでも同じことです。

お嫁さんとお姑さん、お互いに心を開けば、

仲良しになれます。

 

お姑さんからを待たず、

お嫁さんから、何でも良いので、

お姑さんに話のネタ・キッカケを作って、

笑顔いっぱいの対応をし続けることも、

仲良しになる近道ですよね^^