育休の給付金はいつまで?手当の条件と支給日数(計算例あり)

育児休業給付金

 

育休の給付金って

実際、総額いくら貰えるの?

 

出産後は育児休業を取るつもりだけど、

給料がなくなるのはちょっと辛い…。

そんなことを思っている人も多いのでは?

 

確かに今までは夫婦共働きで、

それなりの世帯収入があったけど

片方の給料が完全になくなると…

考えるだけで恐ろしい!

 

家族も増えるし、

これからいろいろお金もかかるのに~

 

大丈夫!

そんなに心配しないでください。

 

出産、育児休業中の手当って、

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 育児休業給付金

などなど、結構あるんですよ。

 

まず、これは貰える!

仕事をしていない場合でも

出産したら貰える「出産育児一時金」

これは、加入している健康保険組合から

出産費用として1児につき42万円が支給される制度です。

 

旦那さんの扶養に入っていても大丈夫ですよ!

 

出産は保険診療が適用されないので

全額払うと結構な金額に!

出産育児一時金で、まかなうことになりますね。

 

次に、仕事をしていた場合

産前・産後休業中にもらえる、「出産手当金」

産前6週前と産後8週間は産休を取得しますよね。

その間に職場から給料が支給されない場合の手当です。

 

もらえる金額は、

もらっていた給料などにより異なりますが、

休んでいる間に手当が支給されるってかなり助かりますよね。

 

ただし、この手当は、

  • 旦那さんの扶養に入っている方
  • 社会保険ではなく国民健康保険加入者

対象外です…。

 

そして、

「育児休業給付金」

大体のお母さんが出産後、

1年間は育児休業を取得される予定ではないでしょうか?

 

その間は働かないわけですから、

もちろん会社から給料の支給はありません。

 

ですが、雇用保険に加入していれば、

育児休業中も手当の支給を受けることができます。

 

ですが、出産手当金と同様、条件があります。

 

今後の生活の事を考えると育児休業中に、

手当がもらえるか?もらえないか?ってかなり重要!

 

今回は、

  • 育休中の給付金の支払条件(4つ)
  • 逆に、育休の給付金がもらえないパターン
  • 育休中の給付金!もらえる日数と金額(計算例)

について詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

育休中の給付金の支給条件(4つ)

 

育児休業給付金は残念ながら、

すべての人がもらえるわけではありません。

条件があります。

 

私は、長く勤めていた職場から、

転職した後だったり

職場を退職してしまったりなど、

いろいろな事が重なり、

結局、もらえませんでした。

 

無知だったために、損を…

悔しい思いをした私(T_T)

 

今から出産を控えている方!

妊娠予定の方!

 

育児休業給付金のこと、

しっかりと知ってほしいです。

 

育児休業給付金の条件は?

 

  • ①雇用保険に加入していること

雇用保険に加入していますか?

給与明細を確認してみてください。

 

雇用保険料が給料から引かれていれば、

給料から保険料を支払っていますので、

雇用保険に加入していることになります。

 

自営業(雇い主)の方は、

対象外になってしまいます。

 

  • ②育休前の2年間のうちに、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あること

正社員勤務の方は、

条件を満たすと思います。

 

パート勤務で月に10日未満勤務の方は、

対象から外されてしまいます。

 

  • ③育児休業期間中に勤務先から休業開始前の給料の8割以上の賃金をもらっていないこと

ほどんどの方が育児休業中は、

無給だと思いますが、

 

育児休業中に勤務先から給料が、

8割以上支払われていなければ対象です。

 

  • ④就業している日数が各支給単位期間ごとに10日以下である

ほとんどの方は育児休業中は、

毎日仕事はお休みされていると思いますが、

 

育児休業中でもどうしても

仕事をしないといけないママ、

臨時で出勤したりしているママがいると思います。

 

各月10日以内にしないと、

手当もらえなくなっちゃいますよ。

その分高い給料がでているなら別ですが…。

 

以上の4つの条件を満たせば、

パート勤務、契約社員、派遣社員の方、

そしてママの出産後に育休を取得するパパでも支給の対象です。

 

旦那さんの扶養内でパート勤務している方も、

育休を取得して、雇用保険に入っていれば、

可能性がありますので諦めないでくださいね!

 

逆に、育児休業給付金がもらえないパターン

雇用保険に加入していない

先ほども書いた通り、

家が自営業で雇い主になっている人は対象外ですね。

 

妊娠中に退職する人

妊娠して仕事を辞める方もいると思います。

退職をすぐに決断しないで少し考えた方がいいかも!

 

育児休業給付金は、あくまで職場復帰のために

育児休業を取得している方が対象です。

 

退職してしまったらもちろん対象外に

なりますので出産後仕事をしていない期間はお金が入りません。

 

育児開始時点で退職する予定のある人

やはり職場復帰を前提とした手当ですので、

育休中に退職予定の方も対象外です。

 

育休を取得せずに職場復帰をする人

産後休業8週間のあとすぐに職場復帰する人は、

育児休業は取得しませんので対象外です。

 

育休中の給付金!もらえる日数と金額

正直、1番気になるのは実際に、

どの程度の金額がもらえか、じゃないですか?

 

育児休業開始日(産後8週間経過した翌日)から、

  • 180日までは月給の67%
  • 181日目~は月給の50%

が、支給されます。

この月給とは、支給されていた金額とは違って、

育休開始までの直近6ヶ月間の給料の「総支給額」を

180(30日×6ヶ月=180日)で割って日額を出します。

その出た日額×30日が月給として計算されます。

総支給額なので残業代なども入ります。

 

また、いつまでもらえるかというと

育児休業期間中は手当の対象になりますので、

 

お子さんが1歳になる前日までです。

ほんと^^ありがたい!助かりますね~

 

また、

1歳になるけど保育園に空きがなくて、

預ける場所がない!という方も多いと思います。

その場合は、最大1歳6ヶ月まで延長できます。

 

ただし、

ここでも条件がありますので気をつけてください。

認可保育園への入所申し込みを1歳の誕生日以前にしているが、空きがなく「やむを得ず」職場復帰できない場合

1歳の誕生に前に入所の申し込みをしていないと、

延長の対象になりませんので、保育園の手続きは早めに考えてくださいね!

 

また、その他にも何らかの理由で

  • 配偶者が養育困難な場合
  • 2人目を出産する予定の場合

なども、延長できる可能性があります。

 

で、私の給付金、実際いくら?(計算例)

では、実際いくらになるのかというと…

 

計算例)

月給が17万円で10ヶ月(1歳になるまで)育休を取得した場合

(17万円×0.67×6ヶ月)+(17万円×0.5×4ヶ月)=1,023,400円

 

支給には上限がありますので、

給料が高ければそれだけ多くもらえる!

というわけではないですが、

 

結構もらえると思いませんか?

 

しかも、育児休業中は、

非課税になるので税金や健康保険料も免除されます。

 

全部手元に残るわけですね。

これ、大きいですよね。

 

育児休業給付金の手続き

育児休業給付金の手続きは、

会社でやってくれることが多いですが、

自分で行う場合はハローワークに行きます^^

 

まとめ(私の体験談)

お金の心配をせずに、

育児に集中できるっていいなっ♪

 

私は、結婚を機に長く勤めていた会社から

小さな企業へ転職してからの妊娠発覚でした。

 

前の職場は残業も多く、結婚したことで、

もう少し残業の少ない職をと思い転職をしましたが、

出産後の手当のことなんかは全く考えずに転職してしまいました。

 

転職先は本当に小さな個人企業で、

育児休業の取得実績がなく、退職することになりました。

 

もちろん退職してしまったので、

育児休業給付金は支給対象外です。

育児中は収入なしです…。(泣)

 

今更ながら

「前の職場辞めなければ、育休取れたなぁ~」

「あの時知っていれば!」

と、今、こうして記事を書きながらも

悔しさが襲ってきます(T_T)

 

パートでも育休とれたり、

手当もらえたりしたのか…。

 

と思うと、転職先も辞めなければ、

貰えたじゃないかー。と、

本当に残念な私の体験談です。

 

結婚、妊娠で退職を考えている方!

今一度、手当のことも計算して、

「退職」という決断は慎重にして下さいね^^