子育てと仕事の両立が難しいのは当たり前! ストレスを減らすにはコレ!

子育て

「子育て」というのは、

 本当に大変ですよね…

 

それでも子育てと仕事を両立させている

ママもいるんですよねー!

 

もちろん簡単じゃありません!

難しいに決まっていますよ。

 

ストレス溜まるけど、発散する時間も

ない!

そんなママもたくさんいると思います。

 

でも、ストレスは必ず発散しないと、

子育てにも悪影響を及ぼす恐れもあるんです。

 

スポンサーリンク

仕事と子育てを両立させているママ

 

特に生まれたばかりの子どもは

24時間体制で面倒を見なくては

いけませんし、

 

ママは子育てばかりではなく

家事にも追われています。

 

時には赤ちゃんにかかりっきりで

家事が思うようにはかどらないことも。

 

私の長男は赤ちゃんの頃よく泣く子で、

泣き声を聞くたび右往左往し、

家事もそっちのけで子育てしていました。

 

キッチンは洗っていない食器の山

洗濯かごには、干すのを中断され

置き去りにされたままの濡れた衣類・・・

 

それまでバリバリ仕事をしていた私は、

子育ても家事も全然思い通りに進まず

ストレスだらけでした。

 

そのときはじめて、

育児ノイローゼになるママの気持ちが

分かったような気がしました。

 

ようやく生活のリズムが整い、

 

子どもも、1歳になって

私は仕事を再開したのですが・・・

 

今度は、

仕事・子育て・家事の両立をすることに!!

 

ある程度覚悟はしていましたが、

仕事で疲れて帰ってきたら、

ほっとする間もまく

 

子供を背負いながらの、

夕食、お風呂、寝かしつけ・・・

 

子を持つママが

仕事から帰ったら容赦なく、

家事と子育てが待ち受けているのです!

 

ママの言う通りに従うおとなしい子なら

まだラクかもしれません。

 

でも、

成長途上のアグレッシブな子は

やりたい放題、わめきたい放題当たり前

 

ママのストレスは増える一方です。

 

こんなふうに、

 

子育てと家事と仕事の両立をストレスに感じ、

 

体力的にも精神的にもギリギリまで

がんばっているママはとっても多い

のではないでしょうか?

 

そんなママのストレス少しでも

軽くなることを願い、

 

上手に両立させるヒント

いくつかご紹介したいと思います!

 

ちなみに、疲れ果てた時、

最終的には↓この本を読んで、

笑ってストレス発散してました♪

 

口コミで皆が言うように、

家で読む方が良いですよ(笑)

 

 

子育てと、仕事と、家事、家庭に対して、

ストレスだらけだった「私のあの頃…」

体験談を書いたので、長くなりますが、

少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 

子育てと仕事の両立は難しい!八つ当たりもするよ!

ストレスの矛先が、旦那と子どもに…

 

仕事でストレスを受けても、

「子どもを見た瞬間に吹き飛ぶ」

なんて言うことも聞きますが、

 

実際、なかなかそうはいきません(><)

 

現実にはやることが多すぎて

息つく暇もないのですから(ーー;

 

そして、さらにそんなストレスを

増やしてしまうのが

実は旦那さんだったりしませんか

 

最近は、積極的に家事も育児も

手伝ってくれるイクメンパパも

増えてきてはいるようですが、

 

まだまだ割合としては少ないはず。

 

日本では、

男は外で仕事をするもの・

女性は家事や育児をするもの

と思っている男性がまだまだ多いようです。

 

そうした男性は、たとえ妻が外へ働きに

行っても、その考えをすぐに変えられる

はずなどありませんよね。

 

私の旦那も古風な日本男児。

結婚当初、家事は一切やらない人でした。

 

平日は主人の帰宅が遅いので

もともと期待はしていなかったのですが、

 

ある休日、事件が起きたのです

 

こっちが家事・育児にバタバタしている横で

旦那はコーヒーを飲みながら

優雅に読書なんかしてたんです

 

それを見た瞬間

今まで抑えてきた不満怒りが一気に爆発

 

「パパはいいよね、好きなことできて!

仕事に集中できるし、家のことも子育ても、

全然しなくていいし‼」

(爆発は続く・・・)

 

一通り私の怒り爆発を見届けたあと、

旦那は静かに言いました。

 

「何か手伝えることがあったら、

言ってくれたらよかったのに」

 

「何をどういうふうに手伝えばいいのか、

具体的に言ってくれたらやるよ」

 

そう言い終え、散歩(プチ家出?)に

出かけました。

 

それを聞いて拍子抜けした私。

そして反省・・・

 

何もしてくれない!って心の中で責めて

いたけど、ちゃんとお手伝いをお願いしたこと、

なかったなぁ・・・って。

 

そしてふと思い出したのです。

去年のクリスマス、ネックレスのプレゼントと

一緒にもらったあの手紙を。

 

「ママいつもありがとう。

家事と育児と仕事、いつも本当によく

がんばっているね。感謝しています」

 

普段は口に出さないけれど

 

私の苦労を分かってくれて

「いつもありがとう」

思ってくれているんですよね

 

けれども、家事や子育てなんて

今までほとんどやっていなかったので

(彼の実家も、日本古来の家庭でしたし)

 

何をどうすればいいのか

分からなかっただけなのかも・・・

 

そんなことを考えふとわが子を見ると

おびえたように、心配そうに

私を見ているではありませんか!

 

ストレスでヒステリーになったママ

よっぽど怖かったのでしょう

 

そういえば

ストレスがたまるとよく、

子どもにも当たり散らしていたっけ・・・

 

子どものちょっとした失敗で

イライラして大声で怒鳴る私

 

穏やかな性格だと思っていたのに、

私って、こんなにこわかった?

まるでじゃん‼

 

冷静になれば

「そんなことでそこまで怒らなくても・・・」

とわかっているつもりでも

 

心に余裕がなくて歯止めがきかないのです

 

そんな自分に嫌気がさし、

育児書を何冊か読みました。

 

すると恐ろしいことが書いていたのです。

 

母親のヒステリーのとばっちりを受けた

子どもは、激しく怒られたことがトラウマ

になり大きくなった時の性格に影響する

 

そうなのです!

 

たとえば、

ビクビク・おどおどして自信のない子

周囲の目を気にしすぎる子

など・・・

 

 

そして

旦那さんへのヒステリーは、

夫婦喧嘩

最悪の場合離婚

という図式は

想像にかたくないですよね。

 

旦那さん、子どもだけではありません。

 

ストレスの溜め込みすぎで、

自分自身がうつ状態になって

しまうケースも考えられるのです。

 

うつ状態になってしまうと

もはや仕事も、子育ても、家事さえも

手につかなくなってしまいます。

 

たかがストレス、されどストレス。

放っておくと大変です!

 

子育てと仕事の両立!ストレス対策

兼業主婦のママは、経済的な理由で仕事を

している人もいますし、やりがいなどの

付加価値を求めて仕事をしているママもいます。

 

仕事をする理由は何であれ、

仕事と子育てを両方こなすという

ことは、とても大変なこと。

 

ママが、仕事がしたくて外に出て

いるなら、多少負い目はあるかも

しれませんが、

 

あまりに自分を追い込み過ぎて、

 

もし病気になってしまったり

子どもへの虐待につながったり

夫婦不和にでもなってしまったら

 

取返しのつかないことになりかねません

 

そうならないためにも、

少しでもママの負荷を軽減したほうが

きっと家族の幸福につながるはず!

 

そのためにはどうしても

周囲の人の協力が必要となります。

 

そこで、

 

まずは身近な存在である

旦那さんの協力を得られないか

夫婦で話し合うことをおすすめします

 

ただし、伝え方がポイントです。

 

間違っても、

「協力してくれて当然でしょ!?」といった

横柄な態度でお願いしないでくださいね

 

反発されてけんかになるのがオチです。

 

感情的にグチグチ・ガミガミ言うのも

男性に対してはNG

聞き流されて終わりです。

 

本気で旦那さんの協力を得たいなら

高ぶる感情を極力抑え、

 

現状で何がどのように大変なのか、

旦那さんに協力を得られたならば、

どんなに自分は助けられ、

 

その結果、

仕事も家事も育児もうまく両立できて

家族の幸福にどれだけ貢献できるかを、

 

論理立てて伝えたほうが効き目がありますよ。

(一般的に、男性脳ってそうなんですって)

 

加えて、

 

「あなたも仕事で疲れて

大変だと思うけど・・・」

 

大黒柱の旦那さんを心からいたわる気持ち

忘れないでくださいね。

 

その気持ちが旦那さんに伝わって

「ママのためにひと肌ぬぐか」

と心を開いてくださるはずです

 

そしたら次にいよいよ☆

 

旦那さんに、

どういった家事・育児なら協力できそうか

訊いてみましょう。

 

食器洗いでしょうか?

ゴミ出しでしょうか?

子どもをお風呂に入れることでしょうか?

 

そこでもし協力を得られたなら

「助かるわ~ ありがとう」

という感謝の言葉がけをお忘れなく

 

これ、重要です!

 

ダメ出しは極力しないほうがいいです

そのうち上達するかもしれませんし

大目に見てあげてくださいね

 

男性は女性に喜ばれると

自尊心がくすぐられ

調子に乗ってやってくれるらしいです。

 

どこか単純でかわいいでしょ!?(笑)

 

我が家の場合、

ゴミ出しと、お風呂掃除

お願いすることができましたv(^-^)v

 

子どもが大きくなったら、

子どもにもどんどんお手伝いして

もらうつもりです♪

 

このように、

 

上手に育児や家事などの分担をして、

少しでもママの負担を減らすように

しましょう

 

もしどうしても、

旦那さんが超多忙

協力を得られないならば、

 

実家や自治体の施設を利用する方法も

あります

 

最近は家事代行サービスも人気があるようです。

いわゆる家政婦さんですね。

 

まじめなママや完璧主義なママは、

周りに助けを求めることが難しいこと

もあります。

 

でも、前述したように、

 

幸せな家庭を築くためには

夫婦や周りの人たちが協力しあうことが

不可欠なことを忘れないでくださいね。

 

一人で出来ることは限られていますし、

誰かに助けを求めることは

決して悪いことではないのですから

 

ママを楽にするヒントをもう一つ。

 

家事・育児を助けてくれる、

便利グッズ家電の導入

検討してみてはいかが?

 

我が家は、

100円グッズで収納の工夫をしたり

食器洗浄機を購入しました。

 

これがなかなか便利で気に入ってます。

 

会計士の仕事をしているママ友は、

部屋の掃除はお掃除ロボット

任せているそうですよ。

 

ママのストレス軽減のため、

こうした便利なモノへの投資

アリだと思います!

 

ただし、

モノの増やしすぎには注意しましょう!

 

片付かない部屋がストレスになって

しまいますからf^^;

まとめ

 

今、子どもを持つママが仕事に出る

ということは珍しくないことです。

 

けれども、

仕事すると、ママの負担は増え、

心身ともにストレスが溜まります。

 

ストレスは、

溜まりすぎるとどこかで爆発して

取り返しのつかないことになりかねません

 

そうならないためには、

自分の大変さを旦那さんや周りの人に

知ってもらい、協力を得ることが必要です

 

はじめは

「私は子育ても家事も仕事も両立できる」

と思っていても、

続けることはとても大変なことです

 

そんな時には無理をせずに、

 

ストレスを改善する方法など

少しでも自分が楽になる方法を見つけて

実践していくようにしましょう

 

働くママたちのストレスが、

少しでも軽くなることを

お祈りします!