妊娠中に気を付けたい食中毒!危険な菌がいっぱい!

妊娠中

妊娠中は免疫力の低下から少しのことで、

体調を崩したりしてしまいがちですよね。

 

今までは大丈夫だったことも

少し無理をするとすぐ疲れたり、風邪をひいてしまったり…。

 

そして気を付けたいのがもう1つ…

「食中毒」です。

 

妊娠前は大丈夫だったことでも、

妊娠中は食中毒にかかりやすのだとか。

 

生ものや時間のたったものは、

なるべく食べないように注意しましょう!

 

気を付けてはいたものの、

  • ん⁉お腹痛い…
  • 下痢してしまった!
  • これって食中毒なの?

なんてことになるかもしれません。

妊娠中はむやみに薬も飲めないし…。

 

では、食中毒とはどのようなもので、

妊娠中に食中毒になってしまった場合は、

どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

スポンサーリンク

食中毒にならないためには⁈気をつけたいものと食中毒の症状

 

食中毒の原因になるものには、

どのようなものがあるのでしょう。

 

妊娠中は食事で気を付けなくては

いけないものも多くて、困っている人もいると思います。

 

私も実際、妊娠前は、

気にもしていなっかった事でも

これは良いの?ダメなの?と、

よくわからなくなっていました。

 

どんなものに細菌が潜んでいて危険なのか、

これを知っておけば食事の時に安心ですよね。

 

生肉

牛、豚、鶏など家畜に常在している

「カンピロバクター」という菌があります。

 

加熱することで菌は死滅しますので、

生や生焼けのお肉には気を付けましょう。

 

カンピロバクターによる食中毒の症状は、

嘔吐、下痢、不快感などです。

 

生ハム、チーズ

食肉加工品や乳製品に潜んでいる

可能性がある「リステリア菌」です。

 

イタリアンレストランなどで

よく生ハムとチーズの前菜が出たりしますが、

うっかり食べてしまわないように気を付けましょう。

 

チーズはナチュラルチーズ

(ブルーチーズやカマンベールなど)

を避け、加熱したものを食べるようにしましょう。

 

リステリア菌による食中毒の症状は

リンパの腫れや発熱、倦怠感など。

 

症状が風邪に似ているので、

ただの風邪だと思い込んでしまいそうで怖いですね…。

 

生卵

生の卵には「サルモネラ菌」

という菌が潜んでいる可能性があります。

 

日本の卵は菌が潜んでいる危険性は

かなり低いようですが、

 

妊娠中は「食中毒の可能性」

があるものは避けたいですよね。

 

マヨネーズも生の卵を使用しますので

市販のマヨネーズは大丈夫だそうですが、

自家製は避けた方が良いです。

 

また、卵好きの人は特に、

「半熟もダメなの?」と思いますよね。

 

私もその1人。

 

1度火を通しているので、

感染の可能性は相当低いようですが

「ゼロ」ではないので、自己判断でお願いします…。

 

サルモネラ菌による食中毒の症状は、

嘔吐、腹痛、下痢、発熱などです。

 

生魚

海水に常在している「腸炎ビブリオ」

という菌があります。

 

海水温が高いと多く発生しやすいため、

特に夏場は生魚に注意してください。

 

刺身…寿司…食べたいけど注意です。

私食べちゃってましたけどね…。

 

腸炎ビブリオによる食中毒の症状は、

悪心、嘔吐、下痢です。

 

チアノーゼを起こして唇が紫色になってしまうことも。

 

消費期限切れの惣菜や長時間常温で放置した食材

古い食材などからは、

「病原性大腸菌」が増殖する可能性があります。

 

有名なのはO-157ですね。

O-157は牛や豚などの腸内に生息しています。

生肉はやはり注意ですね。

 

また、肥料に牛糞などが使用されている

ことから生野菜からも検出されているそうです。

 

記憶に新しいのが惣菜のポテサラ

怖いですね。

 

加熱することで大体は死滅しますが、

消費期限が過ぎたものや、

長時間常温で放置してあったものは、

菌が増殖している可能性があります。

 

また、生肉を切ったまな板や包丁

菌がついて増殖したりもします。

 

調理器具は清潔に保つようにしましょう!

 

また、サラダなど野菜を生で食べるときは

よく水道水で洗ってください!

 

土とかついてるのありますものね。

病原性大腸菌による食中毒の症状は、

激しい下腹部痛と下痢、血便などです。

 

作り置きのカレー、シチュー、煮物など

カレーやシチューなどの煮込み料理からは

「ウエルシュ菌」という菌が増殖している可能性があります。

 

このような煮込み料理、

1晩で食べきらないこと多いですよね…。

 

他の菌とは違い、加熱してあっても、

安全ではありません。

 

ウエルシュ菌が付いた肉や魚、

野菜を使用した料理を常温で放置することで

菌がどんどん増殖します。

 

一番良いのは、その日のうちに食べきること!

残った場合は必ず冷蔵保存しましょう。

 

ウエルシュ菌による食中毒の症状は、

嘔吐、水様性の下痢、腹部の痙攣などです。

 

素手で握ったおにぎりや寿司、サンドイッチなど

人の手は「ブドウ球菌」という菌を

保菌しているんだとか。

 

特に傷口などが化膿している場合は注意です。

健康な人の手でももっているって驚きですね。

お弁当におにぎり握っている人、多いのでは?

 

なるべく手袋を使用するようにしましょう。

 

また、素手で作ったものは、

長時間放置せず、すぐに食べましょう!

 

ブドウ球菌による食中毒の症状は、

激しい嘔吐、下痢などです。

 

真空パック、瓶詰、発酵保存食品

酸素のない状態で増殖するのが

「ボツリヌス菌」です。

 

なので真空状態などで保存されている

食品からよく発生します。

 

加熱により分解できますが、

毒性がとても強く、

 

ボツリヌス菌による食中毒の症状は、

しゃべりにくくなったり、

唾液の分泌障害などの神経障害だとか。

 

こうやってみるととても多いですね…。

菌のこといちいち気にしていたら、

何も食べれないよ!と思っちゃいますよね。

 

食中毒にならないためには、

  • 生ものはできるだけ避け、よく加熱したものを食べる
  • 食べる前や調理する前の手洗いを忘れずに
  • 調理器具は除菌するなど清潔に保つ
  • 買ってきた食材、作ったものは、冷蔵庫で保管し、できるだけ早いうちに食べきる

これを心掛けましょう!

 

どうしよう!妊婦が食中毒になってしまったら?

どんなに気をつけていても、

食中毒になってしまうことあると思います。

 

仕事や育児で忙しいですものね。

本音を言えば作り置きもしたいですし…。

 

でも妊婦が食中毒になってしまった場合、

胎児にも影響がある恐れがあります。

 

下痢によって子宮が収縮し、

早産の危険も高まります。

 

また、お母さんは軽い症状で済んだとしても、

菌が胎児に感染してしまう恐れがあります。

 

胎児に感染した場合、

早産やその他の危険性があります。

 

命に別条がなくても感染した菌によっては、

産まれた後に障害が出たりするする場合もあるんだとか…。

 

では、万が一、食中毒になってしまった

場合にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

 

水分をとる

まずは水分をとって菌を

体内からなるべく早く追い出さなければいけません。

 

食べられなくても水分補給だけはするようにしましょう。

 

気持ち悪くて、

水も受け付けない時もありますよね。

その場合は脱水になってしまい

危険ですので、すぐに病院へいきましょう。

 

自己判断で市販薬を服用しない

妊娠中の薬の服用は、

胎児に影響がある可能性があります。

 

家にあった薬や薬局で買った薬を

自己判断で服用するのはやめましょう

 

ちなみに妊娠中に関係なく、

下痢止めや吐き気止めの薬

菌を外に出すのを防いでしまうため、

なるべく早く菌を外に出す為には、

飲まない方が良いそうですよ。

 

病院へ行く

下痢や吐き気が長くつづく場合は

必ず病院へ行きましょう。

 

また、胎児への影響も心配ですので、

食中毒が疑われる場合は、必ず、

産婦人科の先生にも相談しましょう。

 

まとめ

妊娠中にかかわらず、

食中毒は最悪死に至ることもあり、危険です。

 

特に妊娠中は免疫力が低下していること、

自分1人の身体ではないことを念頭におき、

今まで以上に注意したいですね。

 

あまり神経質になるのも良くないですが、

手洗いやキッチン周りの除菌

古くなった食材は思い切って捨てるなど

妊娠前より少し意識して行動することが

かなりの予防につながります。

 

ママ自身も、赤ちゃんも、

健康で元気に出産を迎えたいですものね。

 

皆で気を付けましょうね。