土曜保育が嫌がられる理由って何?勤務証明・申請はどう書けば良い?

子育て

フルタイムで働くママが多いなか

土曜日も休日ではなく仕事という人も

たくさんいますよね。

 

  • サービス業
  • 飲食店勤務
  • 病院関係
  • 介護関係
  • 自営業

等、平日も休日も関係ない職業は

たくさんありますものね。

 

だけど、

保育園で子供を預かってもらえるのは、

基本的に平日のみです。

 

申請をすれば、

土曜日も預かってもらえる

保育園もたくさんありますが、

 

土曜保育はなんだか嫌がられて

あまり良い顔をされない…。

 

という経験をされたことも

多いのではないでしょうか?

 

その理由の多くは、

保育者の人員確保が難しいから

です。

 

また、

仕事以外の私的な理由で土曜日も

保育園に子供を預ける親が増えている。

 

ということも保育園が受け入れを

慎重になる原因の1つです。

 

両親共に土曜日も仕事があり

子供をみてくれる人がいない場合は、

ちゃんと預かってもらえますので、

 

勤務証明書の提出等

決められた申請方法に従って

正しく土曜保育を利用しましょう!

 

スポンサーリンク

土曜保育は嫌がられる? 経験談とその理由

 

土曜保育は嫌がられる? 経験談とその理由

 

土曜保育をお願いしたらこんな事を言われました。

 

私の周りでも保育園の土曜保育は

嫌がられるという話を

たまに耳にします。

 

ネットでも「土曜保育 嫌がられる」

というワードを検索すると

 

同じような経験をしている人が

たくさんいるようです。

 

実際に土曜保育をお願いした時に

保育園からこんな事を言われた

こんな対応をされた

という経験談を少しご紹介します。

 

経験談①

 

渋い顔をされ

「本当にパパも仕事なんですか?」

「ご実家には預けられませんか?」

等、しつこく質問された。

 

中には

園長が出てきて

細かく質問された人もいるみたいです。

 

経験談②

 

自営業で土曜日も預けていたら

「自営業なら勤務曜日を変更

できませんか?」

と言われた。

 

自営業だからといって

勤務の曜日を簡単に変更できるとは

限りませんものね。

 

経験談③

 

「土曜日はいつもより早めに

お迎えに来れませんか?」

 

または、

「土曜日はいつもより登園時間を

遅くできませんか?」

と言われた。

 

土曜日は、

平日よりも時短保育であったり、

給食がない保育園もあります。

 

しかし、

土曜だからといって

短時間勤務できるとは

限りませんものね。

 

経験談④

 

「土曜日も保育園で○○ちゃん

寂しそうでしたよ~」

 

「6日連続で保育園は少し

かわいそうですよ」

 

などと

お迎えの際に保育士に小言を言われた。

 

そんなことは

わかっているけれど…。

 

土曜保育が嫌がられる理由

 

土曜保育が嫌がられる理由

 

では、なぜ土曜保育をお願いすると

前述のような対応をされてしまうことが

あるのでしょうか。

 

その理由の多くは、

保育者の人員確保が難しいから

です。

 

保育園を利用したい

家庭が多いこの時代に

 

保育士不足は、

大きな問題になっていますよね。

 

保育園では、

預かる子供の年齢や人数によって

 

配置しなければならない

保育士や保育者の数が

決められています。

 

地域によって異なりますが、

国の基準では、

 

  • 0歳児は1人につき保育士1人
  • 1~2歳児は6人につき保育士1人
  • 3歳児は20人につき保育士1人
  • 4~5歳児は30人につき保育士1人

です。

 

よって、

預かる子供の数が増えるほど

出勤しなければならない

保育士の数が増えるということです。

 

また、

子供が少ないからといって

保育士1人では

 

休憩、トイレ、体調不良等に

対応できませんよね。

 

この他にも1人以上の保育者が

必要になります。

 

平日に土曜出勤者確保のための

交代出勤ができる余裕があまりない

保育園も多くあります。

 

土曜日の出勤者を

あまり多くしたくないために

預かる子供の数を

極力少なくしたいのです。

 

保育士や保育者だって

お休みが必要ですものね。

 

土曜日の出勤者を

なるべく少なくするために

 

  • 同じ系列の保育園同士で土曜日は合同で保育している
  • 土曜日は保育時間を短縮している

という保育園もあります。

 

また、もう1つ考えられる

理由があります。

 

それは、

 

仕事以外の私的な理由で土曜日も

保育園に子供を預ける親が増えている。

ということです。

 

保育園に預けられる条件として

両親共に仕事等の事情で子供の面倒を

みれる人がいない場合です。

 

ですが、

  • 子供を預けて買い物に行きたい
  • 子供を預けてゆっくり寝たい
  • 子供を預けて趣味の時間を楽しみたい

 

このような理由で土曜日に

保育園に預ける親が増えているのも

事実だそうです。

 

私の母親は元保育士で最近まで

保育園で働いていました。

 

実際に

  • パジャマ?と思われる服装
  • いつもより明らかに化粧が濃い
  • いつもより荷物が少なく身軽
  • いつもは自転車や徒歩なのに車で来た

このような姿で送り迎えに来る親が

いるんだそうです。

 

このような親がいるため、

保育園側も土曜日に子供を預かることに

慎重になっているんですね。

 

「はいはい、良いですよ~」

と簡単に預かっていたら

預かる人数もあっという間に

増えてしまいます。

 

そして何より保育士は、

子供の事を考えているからこそ

細かく理由を聞くのでしょうね。

 

平日は仕事と育児で疲れて

土曜日くらい1人でゆっくりしたい。

 

その気持ちもとてもわかります。

 

でも、

子供だって本当はパパやママと

一緒にいたいのに

 

平日は、

保育園で頑張っているんですよね。

 

パパやママの仕事が休みの日は、

少しでも多くの時間を

一緒にいたいはずです。

 

基本的には保育園に預けられるのは、

仕事の場合のみですが、

 

冠婚葬祭や大事な用事で

どうしても子供をみてくれる人が

いない場合は、

 

保育園にしっかり理由を説明して

相談してみて下さいね。

 

土曜日に保育園に預ける時は勤務証明が必要?書き方は?

 

 

土曜日に子供を保育園に預けたい時はどうするの?

 

土曜保育の体制や申請の仕方は、

保育園によって異なります。

 

しかし、

土曜日に子供を保育園に預けたい時は、

事前に申請が必要な場合が

ほとんどです。

 

保育園で指定された申請書に

預けたい日にち、時間、理由等を

記入して提出します。

 

基本的には、

翌月分を前月の20日や25日までに提出

という決まりの保育園が多いようです。

 

保育園によっては、

急な申請でも預けたい週の木曜までに

申請すればOKというところも

あるみたいですよ。

 

ただし、

保育園で決められた日までに

申請しないと受けてくれない場合が

ほとんどです。

 

やはり、

保育園側も出勤人数や当番を確定

しなければなりませんからね。

 

しっかりと申請の期日を守って

保育園に迷惑がかからないように

しましょうね。

 

また、

不定期の利用の場合は、

申請書とは別にその都度

勤務証明が必要な場合があります。

 

(勤務証明については、

この後に詳しくご説明します。)

 

こちらも

保育園で指定された書式に記入して

提出しましょう。

 

勤務証明とは?

 

保育園に入園する時には、

両親の勤務証明が必要になります。

 

実際に勤務している(勤務する予定)

であることを勤務先から

証明してもらいます。

 

土曜日も仕事があり、

定期的に保育園を利用する予定

である場合は、

 

必ず勤務時間を記入する欄に

土曜日の勤務時間も記載しましょう。

 

勤務時間を記入する欄が

平日(月~金曜日)と土曜

に分かれている場合がほとんどです。

 

定期的に土曜日に仕事がある

という場合は、

 

必ず勤務時間の「土曜日」の欄にも

記載があることを確認して提出して

下さいね。

 

また、それとは別に

突発的に仕事になった場合等

不定期で土曜日に保育園に預ける場合は

 

土曜日の勤務証明の提出を

求める保育園も多くあります。

 

(定期的な利用でも

土曜日の勤務証明を

求める保育園もあります。)

 

保育園で決められた書式に

  • 勤務先、社印
  • 勤務時間
  • 勤務理由

等を記入して提出します。

 

自分で記入しても証明になりませんから

こちらも勤務先に依頼して

記入してもらいましょう。

 

まとめ

 

 

土曜保育が嫌がられると

よく耳にしますが、

 

保育士不足のこの時代に

規則やルールを守らない親も

いるということが原因だと思われます。

 

保育園で決められた規則やルールを守り

預ける親も保育する保育者も

 

そして何より子供たちが

気持ちよく保育園を利用できると

良いですね。