妊娠中体重を増やさない方法は?リスクを知ると意外に太らない事も!

妊娠中

妊娠中は、赤ちゃんの成長はもちろん、

体重の増加も気になりますよね…。

 

お恥ずかしい話、

私は1人目を妊娠していたとき、

トータル18kgも体重が増えました(=_=)笑

 

妊娠中は、

「赤ちゃんに十分な栄養を届けなきゃ!」

と張り切ってついつい食べてしまいがち。

 

特に私の親の年代は、

「赤ちゃんの分まで、2人分しっかり食べないと♪」

という考えが当たり前でした。

 

しかし今は、体重が増えすぎると

さまざまなリスクを伴うことから、

妊娠中の体重管理は大切だと考えられているようです。

 

さすがに18kgの増加は

あまりにショックだったので…

2人目を妊娠したときは

いろんなことに気をつけて生活しました!

 

その結果、

1人目 +18kg 増えたのに対し、

2人目 +9kg と

半分の体重増加に抑えることが出来ました!

(それくらいの体重増加が標準なのですが…笑)

 

その時の実体験をもとに、どうやって体重を増やさない

様に工夫したのか、その方法をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中の太りすぎによるリスク

 

妊娠中の太りすぎによるリスク

 

妊娠中に体重管理が必要なのは、

見た目だけの問題ではないという事は妊娠中の方なら

医師から聞かされていると思います。

 

太りすぎることで、

ママと赤ちゃんがリスクを伴うこともあります。

 

では実際に妊娠中、太りすぎた場合、

どのようなリスクを伴うのでしょうか?

再確認したいと思います。

妊娠高血圧症候群

 

妊娠中の血圧が、

最高血圧 140mmHg以上

最低血圧 90mmHg以上

だと、妊娠高血圧症候群と判断されるようです。

 

それに加えて、尿タンパクが出た場合にも、

妊娠高血圧症候群と判断される場合があります。

 

 

妊娠高血圧症候群になり、重症化してしまうと…

 

ママは、

脳出血や、肝臓・腎臓の機能障害、

HELLP症候群を引き起こす可能性があります。

 

赤ちゃんは、

常位胎盤早期剥離や、胎児機能不全、

最悪の場合は死に至ることも。

 

私も焼肉を食べた次の日、

尿タンパクが出たときがありました(*_*)笑

 

しかし、たまに尿タンパクが出るのは、

よくあることみたいです。

なので、一度の尿検査で尿タンパクが出ても、

あまり心配する必要はないと思います。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、

妊娠によって引き起こされる糖尿病のことを言います。

 

妊娠糖尿病になると…

 

ママは、

妊娠高血圧症候群を引き起こしたり、

正常な羊水量が保てなかったりします。

 

赤ちゃんは、

流産や巨大児、最悪の場合は死に至ることも。

難産になる可能性がある

私も妊婦健診の時に言われたことがあります。

 

太りすぎると、

産道に脂肪がつきやすくなるそうです。

 

脂肪がついて、産道が狭くなってしまうと、

赤ちゃんが外に出るまで時間がかかってしまうことがあるようです。

 

私が出産したときは、

太りすぎが原因かどうかはわかりませんが、

なかなか赤ちゃんが出てこずに、

助産師さん達にお腹をぐいぐい押され、

吸引してやっと生まれてきました(>_<)

 

体重が増える事によるリスクは、

自分だけの問題ではなく、赤ちゃんも危険にさらされるので

やはり体重管理は重要な事といえます。

 

取り返しのつかない事態になる事もあるので

妊娠中の体重増加は重要な事と、しっかり捉えていきたいものです。

体重・体型が戻りにくい

個人差がありますが、

産後半年くらいまでに、

妊娠前の元の体重に戻るとされています。

 

しかし、妊娠中に太りすぎてしまうと、

体重を落とすのも大変ですし、

元の体型に戻りにくくなってしまいます(>_<)

 

人は、意識する事によって行動も変わる。と言われています。

自分だけの体ではないです。

赤ちゃんにも関わる事だという事を、再度頭に叩き込むと

自然に体重の増加を抑える事が出来る事が多いのです。

 

妊娠中に体重を増やさない方法(実体験)

1人目妊娠中に、

恐ろしく体重が増えた私ですが…。笑

 

2人目妊娠中はいろんなことに気をつけて

妊娠生活を送りました(*^_^*)

 

実際に私が実践したことをまとめました☆

食べる順番に気をつける

妊娠中って、なんか無性にお腹空きませんか?笑

 

1人目の妊娠中、

妊婦健診で「ご飯の量少し減らしてみて~」

と言われたことがあります。

 

食べることが大好きな私にとって、

ご飯を我慢するのはすごく辛かったです(T_T)

 

そこで、2人目の妊娠中に気をつけたのは、

食べる順番です!!!

 

私はいつもお腹が空いていると、

メイン料理から食べてしまいがちでした。

 

あたたかいスープや味噌汁など、

汁物で満腹感が得られます(^^)

 

サラダや副菜などを食べ、

食物繊維を摂取します(^^)

食物繊維は、血糖値の上昇を抑える効果があります♪

 

肉や魚などのメイン料理を食べます(^^)

 

ご飯や麺類などの炭水化物を

一番最後に食べるように順番を変えてみました。

 

そうすることで、食べることを我慢せずに、

ストレスを感じず食事を楽しむことができました♪

適度な運動をする

妊娠中の運動不足は、

体重増加の原因にもなりますし、

さまざまなトラブルを引き起こす原因にもなりかねません。

 

でも、「いざ運動しよう!」と思い立っても、

外に出るのも面倒で、なかなか続かなかったです。笑

 

そこで、

家で出来る簡単な運動はないかな~と考えました。

 

  • 家でYouTubeを見ながらマタニティヨガ

マタニティヨガがいい!

って聞くけど、通うのはお金もかかるし面倒臭い…

 

私は、自宅のテレビを使って

YouTubeでマタニティヨガを再生し、

家でマタニティヨガを頑張りました!!

 

お金をかけず、好きな時間に自分のペースで

始められるのでおすすめです♪

 

  • 洗濯物を干すときの動作

今まで洗濯物を干すとき、

洗濯物をとるのに腰を曲げて取っていました。

それをやめて膝を曲げて下まで屈んで

洗濯物を取るように意識しました。

毎日のことなので、結構いい運動になります♪

 

  • 歩数計アプリを活用する

1人目のときは、ダラダラ歩いていましたが、

2人目の妊娠中に大活躍したのが歩数計アプリ。

 

歩数計アプリは、1日何歩歩いて、

何カロリー消費したかも教えてくれます!

 

自分の運動成果が、目に見えてわかることで、

モチベーションがUPしました\(^_^)/!!

 

このアプリを入れてからは、

エレベーターを使わず階段を使ったり、

少し遠回りしたりすることが自然に増えました♪

 

  • 毎日2回体重計に乗る

私は毎日、朝と夜の2回

体重計にのる癖をつけていました。

 

体重が増えていたら、

今日はヘルシーなご飯にしようとか、

少し多めに歩こう!と思えるようになりました。

 

自分の体重を管理する上で、

毎日体重計に乗ることは大切なことだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

 

私が感じたことは、

「面倒臭いけどやらなきゃな~」と思っているうちは、

何をやっても続かず、体重管理が苦になるばかりでしたが…

 

自分が楽しいと思えることや、

無理せず出来ることを実践していると、

自然と体重管理が出来るようになっていました。

皆さんも自分に合った体重管理の方法を見つけて、

お腹の赤ちゃんと一緒に

素敵なマタニティライフを送って下さいね♪