夏休みの自由研究は手芸にしたい!高学年(4、5、6年生)におすすめ!

子育て

小学生の自由研究というと、理科的な物が多いですが、他の人と少し違うものにしたいなら手芸を題材に、自由研究を進めてみるのはいかがでしょうか?

 

日本には、手芸で作る作品がたくさんあり自分で実際に体験したり作ったりその物の起源を調べたりと自由研究の題材にできるものはたくさんあります!

 

特に、小学校高学年(4年・5年・6年)なら、自分でできることも調べられることも増えてきますから手芸を題材にして自由研究をするのも難しはないでしょう(^^)

 

手芸から派生して、伝統工芸品なども少しづつ調べてまとめられると日本の文化をより知ることが出来ますからおすすめなんです(^^)

 

今回は、小学校高学年の生徒が手芸を自由研究の題材にする際にどんなことに気をつけてまとめればよいかについて調べてみました!

 

スポンサーリンク

手芸は自由研究の題材にできることがいっぱい!

 

 

手芸と聞くと、思い浮かべるのは布を使って作るものが多いと思いますが実は、手芸の定義には

「個人的に行う、裁縫・刺繍・編み物などの創作活動」

と広く設定されており、刺繍や編み物の他にもビーズ細工や、染め物なども手芸として扱われます!

 

ですから、自由研究の題材にできることはたくさんあるですよ!

 いくつか、自由研究の題材になる手芸の例を挙げてみましょう♪

パッチワーク(キルト)

パッチワーク(キルト)

パッチワークとは、複数の生地を縫い合わせて模様を作ったりするもので、古くから愛されている手芸の一つです。

 有名な所でいうと、ハワイアンキルトというハワイの伝統的な工芸品がありますがこれも自由研究の題材として使えるでしょう。

 

パッチワークの起源は意外と古いのでしっかり調べれば、内容の濃いレポートが仕上がるでしょう!

 また、実際に作るにしても小学生では1日で作ることができないので時間をかけてコツコツと取り組めるメリットがあります。

作成の様子を写真に撮って、こちらもレポートにまとめてみましょう!

刺し子

刺し子

 最近、少しづつ人気が出てきたのが刺し子です。刺繍と似ていますが、刺繍よりも簡単で単純にできるものです。

 元は、布の補強のためにとられていた技法ですが幾何学模様の美しさから、手芸として親しまれるようになりました!

 

刺し子には、地域によって技法が違うこともありそれぞれの地域の技法や作品の出来を比較すると一つの課題から複数の結果が見えるので良いですね(^^)

 

刺し子人気が出たことで、手芸店では刺し子で作品を作ることができるセットなども売っていますから気軽に楽しむことができますね!

ふきんなど作ってみると、お母さんからも喜ばれる事まちがいなし!

 

また、模様も様々で、いろいろな模様にチャレンジしてみるのも良いと思いますよ~!

ドライフラワー

ドライフラワー

ドライフラワーと言えば、生花を乾燥させて作るものですがこれは、作る工程などを写真に収めながら実際にドライフラワーを作って見ることで自由研究のレポートにまとめられるでしょう(^^)

 

ドライフラワー作りに向いている花はどれなのか複数種類の花を準備して比較してみるのも良いと思います!

 作ったドライフラワーは、研究成果として現物を持っていくことが出来ますから結果が目に見えるという点では、評価されやすいでしょう!

 

 他にも、レース編みだったり染め物を実際にやってみたり手芸には、いろいろな種類があるので自由研究の課題を見つけやすいと言えます!

 

小学校高学年の自由研究は内容が他の人とかぶりがちですから誰もチャレンジしていない内容に取り組むのはとてもやりがいがあると思いますよ(^^)

実際に自分で作ってみた作品も一緒に提出しよう!

 

 

自由研究で提出するのは、基本的にはレポートが中心となりますが、手芸なら作った作品を実際に研究成果として提出できます!

 まず、レポートをまとめる際には下記の5つの点に注意して書いていきましょう。

・なぜこの題材を研究テーマにしたのか

・研究するにあたっての前調べ(起源など)

・実際にやってみた経過

・作品作りを通して学んだこと

・今回研究したことをどう生かしていきたいか

自由研究というのは、ただ調べ物をまとめるだけでなく自分で実際に調べ体験した経験が必要です。

 調べるだけでは、パンチ力に欠けますから手芸を自由研究の題材にする際には必ず作品を自分の手で作りましょう!

 

作ったものは、忘れずに提出してくださいね(^^)

 ちなみに、私は小学5年生の時に、夏休みの自由研究で琉球ガラスについて調べて、実際にグラスを作りましたよ!

 

手芸の自由研究は、実際に作ることができるというのが最大の魅力ですから、ぜひ作品作りに挑戦してみてください(^^)

まとめ

 

 

いかがでしたか?

手芸というと、なかなか自由研究の題材にしづらいと思っている人も多いかもしれませんがやってみると、意外と奥が深くてまとめていて楽しくなると思います(^^)

 

実際に体験して、コツコツと集中して作品を作ることも、小学校高学年になってからこそできるものだと思いますよ!

 ありきたりな自由研究のネタから抜け出したいあなたぜひ、手芸を自由研究の題材にしてみませんか?