小学5年生 夏休みの自由工作で簡単でおすすめは裁縫作品!

裁縫・手作り

小学生の夏休みの自由制作って、毎年なにを作らせたら良いか迷ってしまいますし、作る小学生本人よりも、パパやママの方があれこれ心配になってしまうものです。

 

貯金箱やちぎり絵などはありきたりだし、他の子とかぶってしまう可能性もありますね・・・。

 小学校高学年なら、家庭科で裁縫を習いますから思い切って、裁縫で作品を作ってみましょう!

 

なかなか、小学生で裁縫作品を出す人はいないので他の作品との違いをアピールすることもできます!

 また、基本的に材料代は高くないので低コストで夏休みの自由制作をすることができます。

 

パパママと一緒にやるにしても裁縫なら外に出る必要もないし涼しい部屋の中で座ってできるので良いですよね!

 

ちなみに、私自身も小学校5年生の時に夏休みの制作で、裁縫作品を提出したことがあります。

その時は、古着を使ってテディベアを作りました!

 

モノづくりが好きな子なら楽しみながら作ることができるので、学校からの宿題をしている・・という感じではなく、集中して取り組むことができますよ!

 また、紙やダンボールで作った制作って持って帰って来ると場所を取りますし結局捨てるだけ、というものが多いですよね。

 

しかし、裁縫でつくったものなら実用的だったり、長く家の中に置いておけるので裁縫作品を夏休みにつくるのはとてもおすすめです!

 今回は、夏休みに裁縫作品を作る時のおすすめ作品などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

夏休みなら少し手の込んだ作品を!おすすめ作品3つ!

 

 

夏休みといえば、1ヶ月もの長い休みがありますから多少手の込んだ作品を作る事もできますよね!

 そんな時におすすめの作品を3つお教えします(^^)

手作りテディベア

 

まず、一番始めやすいのはテディベア作りでしょう(^^)

立体的な作りなので、最初は難しいかもしれませんがゆっくり時間をかければ作ることが出来ますよ!

 

また、無料の型紙がインターネット上で見つかるので型紙のお金がかかりません!

フェルトや綿の他にも、もこもこした毛足の生地など自分の気に入る素材で作れますから楽しんで作ることが出来ますね!

 作った後は家に飾っておく事ができますしテディベアなら場所をとらないのでおすすめできます(^^)

パッチワークのタペストリー

 

毎日コツコツ作業できるなら、パッチワークでタペストリーを作ってみましょう♪

 デザインは自分の好きな模様で作れますし大きな物なら出来上がった時に迫力があります!

 

タペストリーなら、自分の名前を入れたり作成した年月日も入れる事ができるのでいつ作ったかもすぐに思い出せます(^^)

 大きな作品なら、集中して取り組めるので集中力をつけるにも最適でしょう!

フェルトで作る食べ物セット

 

フェルトで、お弁当を作ったり果物の盛り合わせを作ったり食べ物のセットを作るのも、楽しく作業できますよ!

 フェルトは100円均一で揃えられますしかごやお弁当箱を本物にすれば見栄えも良くなりますよ!

 

物を観察して、似せて作るのは観察力を高めることもできますから小学生にピッタリだと思います!

 ちなみに、私はフェルトのケーキを作ったことがありますが難しかった分、出来上がった時は嬉しかったです(^^)

 

 普段、なかなか時間をかけて作ることが出来ない作品も夏休みなら作ることが出来ますからぜひ、参考にしてみてください!

材料や型紙の準備は早めに♪材料も多めに準備すると安心

 

 

夏休みは長いから、となかなか準備を進めずにいると夏休みはあっという間に終わってしまいます。

 「やろうと思っていたのに!」最後の1週間で焦ってしまわないように準備は早めにやっておきましょう。

 

型紙が必要な場合は、買ったり印刷したり多少手間がかかりますが、それも含めて自由制作です。

 また、失敗してしまったときのことも考えて材料は少し多めに準備しましょう。

 

すぐに買いに行ける環境なら、特に焦る必要もありませんがネットで材料を買ったりしていると、在庫切れや発送遅れなども考えられますから、最初から多めに準備すると良いです!

 

 作っている過程を写真にとって、レポートも一緒に提出すればもっと良い作品になること間違いなしです!

 レポートを作る時間なども考えて時間にも余裕を持つ必要がありますね!

 

裁縫の作品作りは、慣れていないと時間がかかりますから、早めに作業を初めてくださいね(^^)

まとめ

 

 

いかがでしたか?

毎年、学校に提出する制作を作るのは大変ですし作ったものを家に持って帰ってきても結局処分することが多いでしょう。

 

しかし、裁縫で作った制作ならあまり場所を取りませんし、何より長く飾っておけます。

 また、裁縫なら外で作業する必要もありませんし仕事が忙しいパパやママでも一緒に制作を見ていてあげることができますね!

 

小学校5年生なら細かい作業もできるでしょうし根気強くできれば、良い作品を作ることができますよ(^^)

 私が小学校5年生の時に作ったテディベアは今も実家に飾ってあります。

 

それぐらい思い入れのある作品になりますよ!

 夏休みの制作には、ぜひ裁縫作品を作ってみましょう♪