あなたはどっち!?自然分娩・無痛分娩 日本人が迷う理由とは!?

出産

出産といえば、これまでの主流は

「自然分娩」「帝王切開」でしたね。

 

日本には古くから「自然分娩神話」もあり

出産の痛みを経験して、初めてになれる

なんて根拠のないことすら言われていました。

 

実際に、アメリカヨーロッパ諸国ほど

「無痛分娩」は認知されておらず

実施できる病院も、大きな総合病院

最新の設備が整っているクリニックに限られています。

 

まだまだ根強い「自然分娩神話」のせいで

帝王切開や自然分娩で出産した母親を

ダメ母扱いする人も少なからずいます。

 

個人的には、どんな出産方法であろうと

立派なことだと思うので、自然分娩神話なんて

早く廃れてなくなればいいのに、とすら思います。

 

日本人は文化伝統を重視する民族でもありますから

医療技術の発達によって安心してできるようになった

無痛分娩にも「本当に大丈夫なのかな?」

思う人も多いのが現実なんです!

 

ただでさえ気力体力も限界まで使い果たす

出産ですから、無痛分娩について正しく理解して

あなたが納得できる出産方法を選びましょう!

 

 

スポンサーリンク

自然分娩と無痛分娩 痛みはどのくらい違うの?

 

 

自然分娩の痛さでよく表現されるのが

「鼻からスイカが出てくる」みたいな感じですよね?

 

鼻からスイカを出したことはないので

その痛みについてはわかりませんが

自然分娩は、ハッキリ言って痛いです(T_T)

 

痛いんですが、正直言うと

なんとも表現しづらい痛みなのです・・・。

 

生理痛の1001000

とにかく、腰がもげるんじゃないかと思うような

鈍く重い痛みが定期的に続くのです・・・。

 

では、無痛分娩はというと

経験した人が口を揃えて言うのは

「軽い生理痛程度の痛みで、楽に出産できた」と言います。

 

イギリス王室の、キャサリン妃は

無痛分娩でご出産されたという噂もあります。

 

ニュースで出産直後のお姿を見たことがある人なら

分かると思いますが、産後すぐなのに

ヒールのある靴を履いて、笑顔で手を振っていましたね。

 

自然分娩では、正直言って無理です(笑)

 

イギリスでは70%以上の人が無痛分娩だそうです。

では、日本ではどれぐらいの普及率だとおもいますか?

なんと、たった2%程度なのです!

 

時間もかからず、産後の体力回復も早いので

個人的には無痛分娩がもっと普及したらいいなと思います。

 

 

自然分娩と無痛分娩 それぞれのメリット・デメリット!

 

 

ではここで、具体的に自然分娩と無痛分娩の

メリットデメリットを比較してみましょう!

 

メリット~自然分娩~

 

 

・帝王切開よりも母体の回復が早い

・好きな産院を選ぶことができる

・自然に任せるゆとりをもつことができる

 

 

まずは、自然分娩のメリットです。

多く言われるのは、帝王切開よりも

母体の回復が早い、ということです。

 

翌日には歩けるようになりますから

回復も早いっちゃ早いですよね。

 

また、自然分娩なら

基本的にどこの産婦人科でも受け入れてくれます。

もちろん、母体に疾病がある場合や

高齢出産逆子未熟児など例外を除く場合に限られますが

多くの場合は、自分で選んだ病院で生むことが出来ます。

 

また、赤ちゃんの生まれたいタイミングにまかせて

自然な流れに任せることで、心にゆとりができることもあります!

 

メリット~無痛分娩~

 

 

・産後の体力回復が早い

・出産中の記憶がしっかり残っている

・出産予定日を決めて予定を立てられる

 

 

無痛分娩のメリットは、なんと言っても

陣痛による体力の消耗を軽減できるということです。

 

麻酔を使って、陣痛の痛みを緩和するので

出産中の記憶もしっかり残っており

「痛すぎて覚えてない」ということもありません。

 

大切な我が子の一生に一瞬のできごとを

しっかりと目に焼き付けることができます。

 

また、無痛分娩の多くは予め出産予定日を決める

計画出産が多いのです。

ですから、立会などの予定も立てやすい利点があります。

 

デメリット~自然分娩~

 

 

・強い痛みが続く

・予定日がずれる為、予定を立てづらい

・産後の体力回復に時間がかかる(個人差あり)

 

 

自然分娩最大のデメリット

陣痛の痛みが強く長く続くことでしょう。

 

初産なら、平均12時間程度

経産婦の場合でも、平均78時間程度の陣痛を伴います。

 

また、予定日通りに生まれてくれるとも限りませんし

立会出産を予定していたのに出来なかったなんてことも

 

デメリット~無痛分娩~

 

 

・無痛分娩できる病院が限られている

・費用が高い

・出産時間が長引く可能性もある

 

 

現在、日本で無痛分娩ができる病院は限られており

気に入った病院で出産できません。

 

さらに、麻酔を使うのでそれだけ費用が高くなります。

相場では、普通分娩+15万円程度らしいです。

 

麻酔を使って、陣痛の痛みを和らげながらお産するのですが

陣痛の痛みを感じる脊髄の神経と、子宮の収縮を促す神経が近く

微弱陣痛になってしまう可能性があるそうです。

 

その結果、出産時間が長引いたり

促進剤を使用しなければならなくなることもあるそうですよ。

 

 

出産にはそれぞれメリットデメリットがあり

それを理解した上で決めなければなりません。

 

病院のホームページなどには

さらに詳しい情報なども掲載していますから

参考にしてみると良いでしょう(^^)

 

【まとめ】

 

 

いかがでしたか?

出産は何度経験しても、その子一人に対して

一生に一度きりの大切なものです。

 

ママも赤ちゃんも安心してお産に挑めるように

早めにリサーチしてみると良いですね!