新生児の首がガクン!びっくり体験談を思い出す!

子育て

生まれたばかりの赤ちゃんとお家に返ってきて

ママは毎日慣れない家事育児にてんてこ舞いですよね!

 

そんな時に気をつけなければならないのが

ふにゃふにゃ赤ちゃんの体を支えることです!

 

しっかり支えていないと

おきてしまうのが、首が「ガクン」となることです。

 

あれ、実際に体験すると

すごくびっくりしますし、焦ります

 

赤ちゃんの頭が激しく揺れる

脳にダメージが伝わったり危険です。

 

今回は、先輩ママが体験した

新生児の首ガクン体験談をご紹介します!

 

あわせて、実際に行った対策などもご紹介しますよ(^^)

 

これからママになるあなたも

可愛い赤ちゃんが生まれたばかりの新米ママも

ぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

ママがびっくりした!新生児の首がガクン体験談いろいろ!

 

 

①    抱っこの体制を変える時にガクン!

 

新米ママがやりがちなのは

抱っこの体制を変える時に、手を添える位置が違ったり

夜中の授乳で眠かったりすると

首がガクンとなることがあります。

 

新生児の赤ちゃんは、思っている以上

体がふにゃふにゃで、生まれたての時は

「どう持っていいの・・・?」となります。

 

慎重になりすぎて、逆に支えが足りず

結果的に、赤ちゃんの首がガクンとなってしまうこともあります。

 

私は、横抱きから縦抱きに変えようと思って

息子の体を持った時に、首の支えが足りずに

ガクン!となったことがありました。

 

びっくりして、焦って、その日1日

一睡もせずに様子を見続けたこともありました。

 

②    沐浴の時に手が滑ってガクン!

 

これも結構多いパターンです。

沐浴の時は、ママやパパも体制不安定ですし

水の中なので滑ってしまいます。

 

私自信は、沐浴中に首をガクンとさせたことはないですが

姉はやってしまったことがあるようで

本当に、「心臓が止まるかと思った」そうです。

 

があるところでは、想定外の事故も多いですから

十分注意しなければなりませんね!

 

③    抱っこ紐の中でガクン!

 

これは、新生児期の後半頃からでてくるでしょう。

外にお出かけできるようになると気をつけなければならないのが

抱っこ紐で縦抱きをしている時です!

 

新生児用首元のガードがついているものもありますが

歩いている振動で、ガクンとなることもあります。

 

新生児から首すわり前までは、できるだけ横抱きで

首を安定させた方がよいですが

お出かけのときはなかなか難しいですよね・・・。

 

抱っこ紐に入れて抱っこしているときも

外側から手を添えるのは忘れないようにしましょう!

 

 

ママになったばかりの時は

意外とみんなやってしまいがちなんですよね。

 

ドキッとして、思わず病院連絡したり

夜間でも救急に駆け込んじゃう人がいるようです。

 

びっくりして焦ってしまう気持ちも

分かりますが、まずはママが落ち着いて

赤ちゃんの様子を見守ってあげましょうね(^^)

 

首ガクンを防ごう!先輩ママがやった対策とは?

 

 

首がガクンとなってしまう時の多くは

支えが足りないのです。

 

はじめて子育てするなら、どうしていいか

分からないことも多いですし

どこを支えたら良いか迷うこともあるでしょう。

 

日常生活で気をつけるべき点をみてみましょう!

 

①    授乳の時は授乳クッションを使ってみよう!

 

生まれたての赤ちゃん軽いといっても

授乳中にずっと腕だけで支えていては疲れてしまいます

 

赤ちゃんとママの腕を支えるために

授乳クッションを使えば

ママも楽になりますし、首がガクンとなるのも予防できます。

 

 

②    縦抱きの抱っこ紐に入れる時は隙間を埋めよう!

 

抱っこ紐で縦抱きにする時、首あてがついているものも多いですが

新生児の場合はそれでも隙間ができてしまいます。

 

隙間があると、その分がガクンとなりやすいので

タオルをはさむなどして隙間を埋めてあげましょう!

 

 

③    でこぼこ道では、ベビーカーを使わない!

 

最近のベビーカーは、フルフラットになりますから

新生児から使えるものが多いです。

 

ですが、でこぼこ道の場合の場合

ベビーカーが揺れて、首がガクンとなる可能性があります。

 

でこぼこ道段差があるところでは

なるべくベビーカーを使わずに

抱っこで移動すると良いですよ(^^)

 

 

赤ちゃんは頭が重いので

しっかり支えてあげないと、すぐにガクンと落ちてしまいます。

 

基本的には、首をしっかり持つことで

首がガクンとなることは避けられますから

ちょっと気をつけてあげるだけでも

赤ちゃんを守ることが出来ますよ(^^)

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話は大変で

ママはもちろんパパも疲れが溜まりやすく

ちょっと気が抜けた拍子首がガクンとなることがあります。

 

ただ、いつまでも新生児ではありませんし

ママもいつまでも新米じゃありません!

 

毎日一緒に生活していれば

どんどんコツを掴んできますし

赤ちゃんも成長して、首がガクンとなることはなくなります!

 

最初はびっくりして焦ってしまうかもしれませんが

ママが慌てて取り乱すと、赤ちゃんもそれを感じ取って

不安になってしまいますよ。

 

まずは落ち着いて様子を確認して

「いつもと様子が違うな?」と思う箇所がなければ

病院に行く必要もあ無いでしょう(^^)

 

ただ、気になる場合は「子供救急電話相談事業#8000

相談してみるのも良いですよ!

 

子育ては、ママも失敗を重ねて成長します!

もし、新生児の首がガクンとなっても

あまり気落ちしないでくださいね(^^)