産後の痛み会陰切開の抜糸はいつ頃で費用はいくら掛かるのか!

出産

出産を控えるあなたが気になることのひとつ

「会陰切開って何?痛いの?」と思っていませんか?

 

聞いたことある人

全く聞いたこと無い人

 

会陰切開痛み抜糸費用について

実際の経験も交えてみてみましょう!

スポンサーリンク

地味に辛い!?産後の痛み!会陰切開とは?何が困る?

まず、「会陰切開ってなに?」

と思っているあなた!

 

簡単に説明すると

赤ちゃんを出産する時に、出口が狭いと

出てくる赤ちゃんも、ママも大変ですよね?

 

そこで、お医者さんの手をかりて

出口を大きくするために切っちゃいましょう!

というものです。

 

出産のときにちゃんと切開しないと

「裂ける」んですよ・・・。

文字通り、「股が裂ける」

 

なので、恐怖心ばかり大きくなる前に

「赤ちゃんと自分のため」

ということをしっかりと理解しましょうね

 

会陰切開は、局部麻酔をして

お医者さんが切ってくれます。

 

麻酔をしてくれるので、実際のところ

会陰切開の痛みはほぼ感じません。

それよりも陣痛の方が痛いです(笑)

 

「切ますよ〜」と声をかけてくれますが

私は「はい」と返事をするのが精一杯

切られた瞬間はわかりませんでした。

 

無事に赤ちゃんが生まれた後

切った会陰を縫い合わせなければなりません。

 

実はこの縫い合わせる時が

地味に痛いんです(泣)

 

私の場合、縫い合わせる時には

半分ぐらい局部麻酔が切れていて

チクチクとした地味な痛みで・・・

 

思わず

「麻酔追加してください(泣)」

とお願いしてしまいました。

 

さあ、やっと縫い合わせも終わったところですが

麻酔完全切れてから

本当の痛みとの戦いスタートです・・・。

 

個人的に、会陰切開後困ったことはこれ!

・トイレ
・歩いて移動
・長時間座っていること

 

この3つが特に困ったことでした。

トイレ

まずはトイレですね。

これは想像しやすいのではないでしょうか。

 

ツーンと刺さるような痛みです・・・。

産後3日までは、トイレに行くのがイヤ

痛くて裂けないか本当に不安でした(笑)

 

実際には、裂けることはほとんど無いそうです。

無理な動きをせずに、生活していれば

裂けないので安心してくださいね(^^)

 

歩いて移動

会陰切開後は歩いて移動するのも痛いのです。

大股で歩くと、傷口が引きつる感じがして

痛いのと合わせて不快感も・・・。

 

私は小股

そろそろ、ちょこちょこ

普段よりもずーっとゆっくり歩いていました。

 

産後病棟には、そろそろと歩く

同期ママもたくさんいます。

 

みんな同じ痛みを経験していると思うと

ちょっと心強いですよね(^^)

 

階段上り下りも、とても辛いです。

エレベーターがある場合は

遠慮せずにエレベーターを使いましょう!

長時間座っていること

切って縫い合わせているわけですから

もちろんトイレに行くのも痛いですが

座るのも辛いんです!

 

「え?座ってるだけでしょ?」

と、思いますよね?

 

座ってるだけでも、傷が椅子に当たると

ズキズキ痛むんです・・・。

 

そこでおすすめなのが

「円座クッション」です!

 

ドーナツみたいな形のクッションです。

あれを使うと、傷口を直接椅子や床に

つけずに座ることが出来ますので

痛み収まるまでは使うことをおすすめします。

 

ちなみに私が一番辛かったのは

トイレに入ることでしたね。

 

「ぐぬぬ・・・」と痛みをこらえて

裂けないかヒヤヒヤしながら生活していました。

産後しばらくは、痛み止めも手放せませんでした(笑)

 

痛み止めは、お医者さんに相談すると

もらうことができる病院が多いみたいです。

痛み我慢せずに、しっかり相談してみましょう!

 

会陰切開は抜糸するの?費用はかかる?

 

出産で、会陰を切開した後は

縫い合わせて元に戻します。

 

では、縫い合わせた後

どうなるのでしょうか?

抜糸が必要なのか、気になっている人は多いはずです。

 

実は、最近は抜糸をしないことが多くなっています!

抜糸をしないので、費用もかかりません!

 

最近は、「溶ける糸」を使って

切開した会陰を縫い合わせている

病院が多くなっているようです。

 

抜糸をする必要がないので

産後忙しく体力も落ち気味のママが

何度も病院に通う必要もなくなりました!

 

私は実際に、溶ける糸を使って

縫い合わせてもらいましたが、

違和感なく、いつのまにか無くなっていました!

 

溶けてしまうと、ちゃんと元にもどるの?

と、不安に思うかもしれませんが・・・

 

大丈夫です!

傷もしっかり元にもどります!

 

会陰切開の傷口は、多くの場合

  • 産後翌日
  • 退院前
  • 産後2週間
  • 産後1ヶ月

と、定期的にチェックしてもらいます。

大体の人が、産後1ヶ月で傷口が安定します。

この頃には、トイレに行くのも

怖くなくなるでしょう(笑)

 

ただ、産後しばらく経って

引きつり痛みがある場合は

悩まずに病院で相談しましょう。

 

溶ける糸を使うのか

抜糸が必要な糸を使うのか

それは病院ごとに違いますので

出産前確認してみるといいですよ(^^)

最後に・・・

いかがでしたか?

会陰切開について、少しイメージできたでしょうか?

 

赤ちゃんを安全に生んであげる為には

会陰切開も必要なことです!

 

「お股を切るなんて怖い!」

と思うのも分かります。

私も怖かったです。

 

ですが、実際に経験してみると

切った時のことは、

実はほとんど覚えてません(笑)

 

その後の痛みも、慣れない生活の中で

徐々に気にならなくなります。

 

過ぎてしまえば、懐かしい話になりますので

あまり不安に思わず、ゆったりと出産を迎えてくださいね(^^)