妊娠中の情緒不安定っていつまで続くの?自分がイヤになっちゃう!

イライラが爆発して子供に怒鳴ったり八つ当たりした時は?妊娠中

妊娠すると嬉しい感情だけでなく

なんだかよくわからない不安

なんでもないのに涙が出たり

情緒不安定な状態になりがちです。

 

そんな自分がイヤになっちゃうあなたに

先輩ママの体験を交えて

この情緒不安定がいつまで続くのかお答えします!

 

スポンサーリンク

妊娠中の情緒不安定で泣いちゃうのはなぜ?元にもどる!?

 

妊娠中はホルモンバランスの崩れなどで

情緒不安定になりがちですが、

多くの人は時間がたてば元にもどります!

 

ただ、もどるのにかかる期間は

人それぞれなんです。

すぐによくなる人もいれば

産後も不安定な状態が続く人もいます。

 

私は、産後1年経つまで不安定な状態が続きました。

私が実際に体験して感じた

妊娠中に情緒不安定になる原因の多くは、ズバリ!

 

 

・仕事や家庭環境のストレス

・産後の不安

・つわりなどによる体調面からくるもの

 

 

では、なぜこれらが情緒不安定につながるのでしょうか?

仕事や家庭環境のストレス

まず一番大きな原因はこれでしょう。

私が妊娠中に情緒不安定になった

大きな原因もこれでした。

 

切迫早産気味だったので、予定より早く仕事をやめ

家でゆっくりするはずが、旦那は家事に非協力的・・・。

おまけに旦那の親と同居で、気が休まる暇もなく

毎日イライラと不安に押し潰されそうでした。

 

妊娠中は、今まで何でもなかったことにも

過敏に反応しがちですが、

新しい命を守って育てているのですから

過剰に反応してしまうのはしかたありません。

 

私の場合は結局、産後もなかなか元に戻らず

何度も旦那と話し合ったり、実家に戻ったり

元に戻ろうと模索しました。

 

私が胸を張って、元に戻ったと

言うことが出来たのは、産後1年を過ぎてからです。

 

子どもが1歳になって、表情が豊かになり

できることが増えてから、やっと余裕をもって

「子どもがかわいい」と思えるようになりました。

 

産後の不安

これも大きな原因ですね。

産後、私に子育てなんてできるの?

と不安に思うのは当然のことです。

 

誰だって、初めてのことは不安になりますね。

 

私は毎日、悪い方に悪い方に考えがちで

「夜中に起きてお世話なんてできるかな」

「泣き止んでくれなかったらどうしよう」

 

と、考えてもしかたないことばかり

考えては落ち込んで・・・の繰り返しでした(^_^;)

 

産後の生活というのは、正直言うと

やってみないとどうにもなりません!

 

こればかりは、赤ちゃんの個性もあるので

生まれた後にゆっくりと

ペースを掴んでいけば問題ありません(^^)

 

つわりなどによる体調面からくるもの

妊娠してから、安定期にはいる5ヶ月頃までは、

つわりに悩む妊婦さんは多いです。

 

体調がすぐれないと、気分も落ち込んでしまうもので

つわりがキツい程、情緒不安定になりやすいです。

 

私の場合は、食べ物をなにも受け付けない

「吐きつわり」でした。

まともに食事もとれなくて

赤ちゃんに栄養をあげられないなんて

母親として失格だ・・・と、落ち込んだものです。

 

他にも、血圧が上がってしまったり

体重管理が思い通りにならないと、

「自覚が足りないんだ」と自分を責めがちです。

 

実際には、妊娠中は通常よりも

血圧が上がりやすく、体重も増えやすいので

あまり落ち込まずに、病院からの指示

守って生活すれば問題ありません

 

妊娠中に情緒不安定になってしまうと

何に対して不安なのか、不満なのか

自分でも分かっていないことがほとんどです。

 

思い返してみてみると

「あの時はこれが不安だった」

「これが自分に合わなかった」

 

と、原因が分かることも多いです。

 

ですが、この情緒不安定も

いつまでも続くものではありませんよ!

 

自分を責めてしまって苦しいと思いますが

必ず終わりがありますので、安心してください(^^)

情緒不安定のときに試したいこと!先輩ママの体験談!

 

妊娠中の情緒不安定を取り除きたい!

そんな時に試すべきこととは?

 

 

・気が済むまで思いっきり泣く

・好きなことに集中してみる

・病院で相談してみる

 

 

落ち込んでしまうのは仕方ないことなので

まずは自分の気持ちのままに動いてみましょう!

 

気が済むまで思いっきり泣く

まず一番手っ取り早いのはこれ!

が出てきたら、我慢せずに泣きましょう!

 

我慢すると辛くなってしまうので

出るものは出してしまいましょう。

 

私はになるとが止まらなくて

泣きながら寝落ちすることも何度かありました(笑)

 

「ママになるんだから泣いちゃダメ」

なんてことはありません(^^)

 

辛い時悲しい時涙が出ちゃう時

泣けるだけ泣いて、すっきりしましょう!

好きなことに集中してみる

これもとてもいいリフレッシュになります。

まずは、家事は一旦おやすみ。

 

2〜3日家を掃除しなくたって、洗濯しなくたって

ごはん作らないで外食しても大丈夫!

 

あなたが好きなことだけをやる

あなたの負担にならないことだけをやる

そんな日があっても問題ありません!

 

映画を見たり、お昼寝したり

思い切って髪を切ってみたり

化粧品を一新してみるのも楽しいですよね!

 

私の場合は、旦那休みの日

すべての家事を旦那にお任せして(笑)

映画館で映画を見て、欲しかった雑貨を買って

お家に帰って、何も気にせずお昼寝し

ご飯も好きなもの好きな時に食べました!

 

「これでもかっ!」というほど

自分を甘やかす日をつくりました。

毎日だと、だらけた生活になってしまうので

月に1回とか日を決めて

ちゃんと息抜きしましょう!

 

病院で相談してみる

病院で相談というと、大げさに感じますが

心のバランスが取れないときは

恥ずかしがらずに、相談しましょう。

 

今は、多くの産婦人科に、産前産後の不安

体調面での不安を相談できる

心理カウンセラーさんがいることが多いのです。

 

専門の心理カウンセラーさんに話を聞いてもらえれば

医療的な面から、不安解消の

手助けをしてくれるはずです。

 

ちょっと気が引けてしまいがちですが

相談するだけでも気持ちは楽になりますよ(^^)

 

まとめ

 

妊娠中はどうしても不安になりやすく

情緒不安定になってしまいます。

それは多くの先輩ママが経験してきたことです!

 

情緒不安定になっている時に

いろいろ我慢してしまうのは

もっとストレスを溜めてします!

 

お腹の赤ちゃんのためにも

ママは笑顔でいたいですね(^^)

甘えられる時は、周りに甘えて

身体健康なマタニティライフ送ってくださいね!