0歳児の予防接種って同時に打っても大丈夫? 我が子の予防接種記録 その1

子育て

赤ちゃんが生まれて

ちょうど1ヶ月が過ぎた頃、

「予防接種のご案内」

と書かれた封書が届きました。

 

生まれたばかりなのにもう予防接種かぁ。

早いなぁ。と思いながら封を開けました。

 

中には、

大量の問診票と

予防接種についての説明書が入っていました。

 

0歳児の予防接種は、

生後2ヶ月から始まるようです。

 

 

0歳の間に接種するのは、

  • ヒブ3回
  • 小児肺炎球菌 3回
  • B型肝炎 3回
  • 四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ) 3回
  • BCG 1回

 

こんなにたくさん!

ほぼ毎月じゃないの!

しかもひと月に何本も!

 

正直、その多さに驚きました。

 

大人でも注射なんて嫌なのに、

可愛そう…。

 

しかし、

あらゆる病気や

菌の感染を防ぐためには

避けて通れる道ではありません。

 

毎月のように小児科へ通い、

同時に2本~多い時には5本

の予防接種を行いました。

 

今回は、

我が子 0歳児の予防接種記録として

 

初めての予防接種について

書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

予防接種って同時に何本も打って大丈夫なの⁉︎

 

送られてきた説明書を読むと、

 

まずは生後2ヶ月を過ぎたら

  • ヒブ
  • 小児肺炎球菌
  • B型肝炎

の予防接種からということでした。

 

 

生後2ヶ月の間に3本。

 

私は予防接種って

同時に何本も接種しては

いけないものだと思っていたんです。

 

送られてきた説明書にも

 

 

不活化ワクチン

(ヒブ、小児肺炎球菌、B型肝炎、四種混合など)は6日間

 

生ワクチン

(BCGなど)は27日間

 

の間をあけて接種して下さい。

 

 

と書かれていたので、

私はてっきり6日あけてから

毎週、毎週足しげく小児科へ

通うことになるのだと思っていました。

 

しかし、

私より先に出産した友人に聞くと、

「うちはその月の分は

全部同時に接種してたよ!」

と言うのです。

 

え?そうなの?

それって大丈夫なの?

 

たまたまちょうど2ヶ月になる直前に

助産師さんの家庭訪問があったので、

助産師さんにも聞いてみました。

 

すると、

 

「どちらでも良いですが、同時接種を推奨します。

同時接種を推奨している小児科医がほとんどだと思いますよ。」

 

↑と、言われました。

 

赤ちゃんの頃は、

打つ本数が多いので、6日間あけると

ほぼ毎週のように予防接種を受けに行くことになる!

のですが、

 

予防接種は体調の悪い時は

打つことができません。

 

1度体調が悪くなってしまうと

先延ばしになり、

どんどん接種が遅れてきてしまいます。

 

打たなければならない予防接種を

正しい時期に受けられていない方が危険だ!とのことでした。

 

確かに赤ちゃんは抵抗力が弱く

いつ体調を崩すかわかりませんものね。

 

と、いうことで、

さっそく近くの小児科へ

予防接種の予約の電話を入れました。

 

心配性な私は、念のためここでも

同時に摂取しても大丈夫なのか確認しました。

 

すると、保健師さんと全く同じことを言われました…。

 

ただ、まれに予防接種をして

体調が悪くなったりする子もいるみたいです。

 

同時に予防接種をしてしまうと

どの予防接種が原因なのかを判断することができません。

 

それが心配な方は1つずつ

打っている方もいるようです。

 

なるほど。

 

でも同時接種を推奨されたので、

私もそれに従うことにしました。

 

ロタウイルスワクチンは受けるべき?

任意接種のロタウイルスワクチン

 

初めての予防接種を予約した時に

「ロタウイルスはどうしますか?」

と聞かれました。

 

他の予防接種は、

無償なのですがロタウイルスのワクチンは

任意接種なので自費になるということでした。

 

 

金額を聞くと、なんと1回約15,000円とのこと。

2回接種が必要なので、トータルで約30,000円です。

 

 

高い!

 

「それは皆さん受けていますか?」

と聞くと、

 

「任意なのでそれぞれです。

受けることを推奨しますが、

受けない人ももちろんいます。」

と言われました。

 

どうしよう。

 

来月でもまだ間に合う

ということなので、

ひとまずは初回は見送りました。

 

初回の予防接種の時に

詳しい話を医師から聞こうと思いました。

 

結局、

我が家は医師の話を聞いてから、

旦那さんと相談した結果、受けることにしました。

 

ロタウイルスワクチンが必要な理由とは?

 

ロタウイルスの予防接種

受けるかどうか悩んでいる方へ、

医師から説明を受けた内容を少し説明しますね。

 

 

ロタウイルスワクチンが必要な理由は、

ロタウイルスという細菌が原因の

胃腸炎の発症を予防するためです。

 

ロタウイルス胃腸炎は、

乳幼児がかかりやすい感染性の胃腸炎です。

 

感染力が強く、

ほぼ全員が5歳までに1度は経験する

と言われているそうです。

 

主な症状は、

  • 激しい下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 腹痛
  • 食欲不振

などですが、

 

激しい下痢や嘔吐による脱水症、

けいれん、腎不全、脳炎などの

合併症を引き起こす恐れもあります。

 

赤ちゃんの頃にかかると

重症化しやすく命にかかわることもあります。

 

予防接種をしても

必ず感染しない

というわけではありませんが、

 

受けている場合は、

重症化しにくく、

軽度で済む場合が多いそうです。

 

特に保育園への入園を考えている子は、

周りの子への感染を防ぐためにも

予防接種を受けることを推奨しているそうです。

 

 

やはり、

命にかかわると言われてしまうと

不安になりますよね。

 

また、友人の話だと

ロタウイルス胃腸炎にかかった時の

下痢や嘔吐はかなり酷いらしく、

家族全員順番に発症することもよくあるそうです。

 

保育園では、

クラスで1人がかかると

あっという間に広がって

感染してしまうらしいですよ。

 

初めての予防接種当日の我が子の様子

やっぱり大泣き。

 

生後2ヶ月と5日、

ついに初めての予防接種の日を迎えました。

 

体調も問題なさそうだったので、

問診票を記入して、

体温を測ってから

小児科へ向かいました。

 

初回は3本の注射を打ちます。

 

何もわかっていない我が子は、

待合室でも抱っこ紐の中で

スヤスヤと眠っていました。

 

予約制だったので、

すぐに名前を呼ばれました。

 

診察室に入るとまずは、

「ベットに寝かせて

お腹を出してくださいね。」

と言われました。

 

この時も

まだ何もわかっていない我が子は

眠りから覚めたばかりで

きょとんとした顔をしていました。

 

しかし、

お腹に聴診器を当てられた

その瞬間に泣き始めました。

 

ひやっとするよね、聴診器って。

驚いたんでしょうね。

 

その後も喉の様子を確認するために

舌圧子を口に入れられてさらに泣く。

 

まぁ、嫌だよね。

 

そして、ついに注射です。

 

まだ生後2ヶ月で

首が座っていないので、

ベットに寝かせたまま打つということでした。

 

注射針は思っていたより太めでした。

 

赤ちゃんだから細いのかな

と思っていましたが、甘くはなかったです。

 

打つ前は泣き止んでいた我が子ですが、

やはり針が刺さると痛かったんでしょうね。

 

今までに聞いたことのないくらいの

大きな声で泣き始めました。

 

顔も真っ赤です。

 

小児科の医師は慣れた手つきで、

「はいはい、ごめんねー。」

と言いながら

 

素早く3本続けて

左の腕に2本右の腕に1本の

注射を打っていきました。

 

その間中、

顔を真っ赤にしながら

声を荒げて泣く我が子を

見ながら私も少し泣きそうになってしまいました。

 

いかんいかん、母は強くならなければ!

 

注射が終わってすぐに

我が子を抱きかかえてあげました。

 

すぐに泣き止みましたが、

少しまだしゃくりあげていました。

 

 

念のため、

「接種後30分間は授乳などはせずに安静にしていて下さい。」

とのことでした。

 

 

特に異常がなければ、

お風呂も入って大丈夫だし、

普通に過ごして良いそうです。

 

あっという間に

初めての予防接種は終わりました。

 

帰り際、我が子は

すっかり泣き止んでいましたが、

心なしかいつもより

顔が怒っているようにも見えました。

 

気のせいかなぁ…。

 

帰ってからも…。絆創膏との戦い

 

帰宅後、

特に変わった様子も見られなかったので、

お風呂に入ることにしました。

 

注射をしたところに貼られた絆創膏は、

血が止まっているようであれば

剥がして良いそうなので、

お風呂の前に剥がしてあげることにしました。

 

長時間貼っていると

かぶれてくる子もいるらしいので。

 

しかし、

意外と頑丈に貼り付いていて

簡単には剥がせそうにありませんでした。

 

しかも赤ちゃんの皮膚って

薄いから思い切り剥がしたらなんだか痛そう…。

 

でも徐々に剥がしても痛そう…。

 

どうしたもんかと思いながらも

私、何を思ったのか

ベリっと一気に剥がしてしまいました。

 

いやぁ、痛かったよね。

本当にごめんよ。

 

案の定、

注射の時と同じくらいの大泣きです。

 

 

お湯に浸かりながら

ふやかして剥がしてあげれば良かったです。

 

 

そのくらい思いつけよ!

もう、本当に後悔…反省しています…。

 

初めての予防接種を終えて

予防接種を

何本も同時に打っても大丈夫

というのは初めて知りました。

 

我が子にはかわいそうだけれど

頑張ってもらいました。

 

大人だって1度に

2本も3本も注射を打たれたら嫌ですよね。

 

でも、毎週打つより良いのかな?

 

私が絆創膏を一気に剥がしてせいで

2度泣くことになってしまった初めての予防接種でした。

 

次回からは気をつけます。(/ω\)

 

2回目以降の予防接種についてもまとめてみました。^^↓

やっぱりBCGが1番泣くよね。我が子の予防接種記録 その2