早期英語教育の効果と必要性について!3つのおすすめ教材とは

子育て

最近は英語も幼稚園から習わせているという

親御さんも多いと思います。

 

日本自体が、早期英語教育に力を入れている

という背景があるのでしょう。

さて、では早期)英語教育をさせる事によって

どんな効果があるのでしょうか。

 

それに今は、小学5年生から

英語の授業が必須となっていますよね。

 

さらに、2020年には、

小学3年生から英語が必須となることが決められています。

 

という事で今回は、

  • 早期英語教育の効果と必要性について
  • 幼児の英語教育におススメの教材3つ

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

幼稚園から英語教育?本当に必要な事なの?

 

 

近年、国際社会の波により、

日本でも小学校から英語が必須科目になっていますよね。

 

その為、中には、小学校からの

英語の授業に子供がついていけるか不安で

幼稚園の頃から英語教育を始めるという家庭も増えています。

 

 

確かに日本人は他の国と比べると

英語になじみがあまりありません。

 

その理由の一つとして、

日本語と英語では、文法や発音が

だいぶ違っていることが挙げられます。

 

例えば、英語に似た言葉を話す

別の国の人と日本人が英語を学んだ場合、

 

日本人の方が、英語を学ぶのにかかる時間は

何倍にもなってしまうんです。

 

さらに、日本での義務教育などでは

英語の授業にかける時間は決して多くありません。

 

そう考えると、好奇心旺盛で、

脳が柔軟な幼いころから、音楽などを流し、

英語に慣れさせておいた方が良いのかも知れません。

 

早期英語教育で幼児に得られる効果とは?

 

英語教育を幼稚園の頃から受けることで、

どのような効果が得られるのでしょうか?

 

英語教育を幼稚園児の頃から

受けさせることには大きな効果があります。

 

それは、きちんとしたネイティブのような

発音を覚えることが出来るという事です。

(ネイティブのような→母国語者のような)

 

実は、人というのは言葉を覚えるときに、

8歳までに母国語に含まれる音と、

含まれない音を区別するのだそうです。

 

つまり、

8歳までにネイティブな

英語を覚えることによって、

 

キレイな発音が出来るようになり、

それを過ぎてしまうとどんなに頑張っても

ネイティブな発音には近づけても、

完全なネイティブな発音は学びにくいようです。

 

子どもというのは、興味を持ったものを

まるでスポンジが水を吸うように覚えていきますよね。

 

その為、幼稚園児の頃に楽しく英語を学べば

あっという間に英語をマスターすることが出来るのです。

 

そして、もう一つが英語に対しての意識です。

 

今まで全く英語に触れる機会がなく、

いきなり英語を学ぶとなると、最初は抵抗がありますよね。

 

でも、幼児の頃から英語に慣れ親しんでいれば、

学校で英語の授業が始まった時でも何の抵抗もなく学ぶことが出来るのです。

 

このように、英語を幼児の頃から

学ぶことには様々な効果が得られますね^^

 

英語を幼児から早期教育することへの反対意見って?

 

今では、英語を学ぶのは、

早ければ早いほど良いという言葉も聞きますよね。

 

しかし、逆に英語を幼児期から

早期教育することへの反対意見もあるのです。

 

では、どのような理由で反対するのでしょうか?

 

本当に幼稚園のうちから

英語教育は必要なの?

 

まず、日本語をしっかりと

覚えていない時期から英語を学ぶことで、

どちらの言語の習得も中途半端になってしまうという事です。

 

せっかく英語を覚えてくれていても、

逆に母国語である日本語の習得が

遅くなってしまっては意味がありませんよね。

 

そして次に、周りの友達との関わり合いです。

特に子供というのは自分と違う子を排除したがります。

 

幼児の頃から英語を学ぶと、

ふとしたことで口から英語が出たりしますよね。

 

もちろんこれは親にとっては

喜ばしいことではありますが、

友達付き合いから見ると、

決して良いとは言い切れません。

 

友達から「話し方がおかしい」

「意味が解らない」と思われ、

孤立してしまう可能性もあるのです。

 

最後に、

幼稚園児から英語を学ばせるなら、

継続させる必要がありますよね。

 

子供というのは、

なんでもよく覚えてくれますが、

その反面しばらくすると忘れてしまうもの。

 

せっかく幼稚園の頃に英語を覚えても、

飽きて学ぶことをやめて、しばらくして

すっかり忘れてしまっては意味がありませんものね。

 

このような理由から、

幼稚園からの英語教育に反対する意見もあるのです。

 

うちの子も幼稚園で、

簡単な英語を学ばせてもらいました。

 

「キャロッツ」「ハン バーガー↑」と、

照れたようなドヤ顔の我が子が放つ発音に、

最初は周りの大人たちも感動すらしましたが、

 

あれから数年、

うちの子供たちは単語すら英語を話しません。

継続させないと、無意味です。

でも、良い経験はさせられました。

 

幼児の英語教育にオススメの教材3つを紹介!

 

もしも幼児の子供に英語教育を

受けさせたいと思うなら、

どのように受けさせればいいのかを選ぶのも大切です。

 

では、いくつかおすすめの英語教育をご紹介します。

 

  • パルキッズ

2年間という学習機関を設けた英語教材です。

CDやDVD、テキストブックなどのほかに、

オンラインレッスンも受けられます。

 

基本的には毎日CDを流すだけなので、

簡単に学べてしかもしっかりと英語の力をつけられると評判です。

値段もリーズナブルなので、始めやすいのもポイント

 

  • ディズニーの英語システム

大好きなディズニーキャラクターと

一緒に英語を学べる人気の教材です。

 

最初は無料でDVDがもらえるので

試したことがある人も多いのではないでしょうか?

英語力は見につくと評判ですが、費用が高めなところも…。

 

  • シェーン子供英語(塾)

シェーン英会話は何よりも、

教師の質が高いという事で人気を集めています。

 

そして、授業自体も、

子供が楽しく学べるように工夫されています。

 

急にお休みするときでも、

振替システムがあったり、

 

引っ越しするときも、

塾の転校のシステムなどがあり、学びやすいと評判です。

 

まとめ

 

今、英語が小学校でも必須科目になった

という事で、少しでも早く子供に英語を

学ばせた方がいいのではと考える親御さんが増えています。

 

確かに、幼児期から英語に慣れ親しめば、

授業でも抵抗なく学んでいけます。

 

しかし、幼児から英語を学ぶことが

決していいとは言い切れないのも現状です。

 

大切なのは、

子供が楽しんで続けることが出来るかどうか、

そして、家計に無理なく学べるかどうかですよね。

 

子供に合った良い教材に出会えますように。♪♪