臨月は嬉しいけど不安で涙が止まらない 原因と対処法!

出産

もうすぐかわいい赤ちゃんに会える

そう思うと嬉しい反面・・・

 

不安で涙が止まらない。

 

これは、妊娠・出産を経験した

多くの女性が経験するもです。

 

不安になる大きな原因は、ズバリこれ!

  • 無事に生まれてきてくれるのか?
  • 出産の痛みが怖い
  • 出産後の生活への不安

 

あなたの感じる不安を、一つずつ解消していきましょう!

 

スポンサーリンク

私はママになれる?大きな3つの原因とは!?

無事に生まれてくるか不安

臨月の妊婦さんが、出産を不安に思うのは

当然のことです!

 

無事に生まれてくるのか・・・。

考えるだけで、不安で夜も眠れない。

 

私も、不安に押しつぶされそうになることがたくさんありました。

 

ではなぜ、そう考えてしまうのか?

出産が近づくと、あなたは色々な情報がほしくて

出産についてたくさん調べて、知識を得てしまうからです。

 

妊娠・出産はなにがあるかわからない。

無事に生まれてきてくれることは奇跡。

 

最後までなにがあるかわからないからこそ

母親になるあなたは不安になってしまいます。

 

元気に生んであげられなかったら私のせい

 

赤ちゃんを生むのはあなたですから

そう思うのも無理はありません。

 

でも、これは多くの妊婦さんが感じるもので

あなた一人が感じているわけではありません!

 

だから、

不安でメソメソしている私は

良い母親になれないかもしれない・・・。

 

なんてことは思わなくて大丈夫(^^)

 

不安で、苦しくて、毎晩泣いていた私も

無事に元気な赤ちゃんを生んで

今ではメソメソする暇もなく

毎日バタバタと生活しています(^^;)

 

この不安に思っていた日々も

懐かしい思い出となるはずですよ(^^)

出産の痛みが怖い

 

まずは、

鼻からスイカが出るほど痛い!

なんてことはよく聞きますね。

 

そんなこと聞くと

怖くて怖くてたまりません・・・。

 

私は、鼻からスイカを出したことはないので(笑)

スイカの痛みはわかりませんが

出産は、正直とっっっても痛いです!

 

出産の痛みは、大きく2つに分けられます。

  • 出産前の陣痛
  • 出産後の後陣痛

 

出産前の陣痛

赤ちゃんが生まれる1日前頃から始まり

赤ちゃんが生まれたら終わります。

 

痛みのイメージとしては

10〜1分間隔に、子宮をギリギリと

捻り潰されるような痛み、です。

正直言うと、これこそ経験しないと

なんと言い表していいか分からない痛みです(^_^;)

 

 

逆に、全然痛くなかったと言う人もいますから

本当に人それぞれです。

 

陣痛はずっと続くものではないので

「赤ちゃんを生む時だけ!」

と割り切って望む方が気持ちが楽ですよ(^^)

 

後陣痛は、赤ちゃんが生まれた後

子宮が元の大きさに戻ろうとする痛みです

 

どんな痛みかというと、想像しやすいのは

生理の時の強い下腹部痛、と言う感じです。

 

卵くらいの大きさから、10ヶ月かけて

ゆっくりゆっくり大きくなった子宮が

急激に小さくなろうとするのですから

とても痛いです・・・(TT)

 

私は、出産後1週間ほど

強い後陣痛に悩まされました・・・。

 

今は、お医者さんに相談すると

飲んでも母乳に影響のない

痛み止め薬をもらうことも出来ます!

 

我慢せずに、お医者さんや助産師さんに

痛みがひどいことを相談してみましょう。

 

!痛み止めは、必ず病院でもらう薬を飲みましょう

 

出産後の生活が不安

 

赤ちゃんが生まれたら

生活は今までと大きく変わります。

不安はあると思いますが

まずやってみないと、どうにもなりません!

 

頭の中に出てくる不安はこんなところでしょう。

  • 赤ちゃんのお世話で気が張ってしまう。
  • 夜も授乳やおむつ変えで寝れない。
  • 家事もしなきゃいけない。

 

慣れないことがたくさんで

疲れてしまうかもしれませんが、

 

全部完ぺきにする必要はありません!

手を抜ける部分は、気にせず手を抜きましょう。

 

私は産後退院してから、1週間

まったくご飯つくりませんでした!(笑)

 

赤ちゃんにおっぱいをあげるのは

あなたしか出来ないことだけど、

食事の準備や掃除、洗濯などは

旦那さんもできるはず!

 

親になったのはあなただけではありません。

旦那さんにも家のこと、赤ちゃんの世話を

分担してもらいましょう。

 

産後の生活は、一人でがんばらずに

上手に手抜きすることが大切ですね(^^)

 

臨月妊婦さんの不安解消におすすめな3つの対処法!

 

出産に対する不安が大きくなってしまった時は

まずは3つのことを試してみましょう。

  • パソコンやスマホでの検索をやめる
  • いつもよりゆっくりお散歩してみる
  • 家族や友人に悩みを打ち明ける

 

なぜこの3つなのか、1つずつみてみましょう!

パソコンやスマホでの検索をやめる

 

これはズバリ

余計な不安を煽る情報を遮断してしまおう!

ということです。

 

今の時代は何でも簡単に調べられてしまうので

良い情報だけでなく、不安になる情報も

たくさん出てきてしまいます。

 

悪いことに備えようとするのは当然のことで、

備えれば備えるほど、次の不安が出てきます。

 

こうなるとキリがないので

まずは1日だけでも、妊娠出産に関することを

調べない日をつくってみましょう!

いつもよりゆっくりお散歩してみる

 

臨月だと、お腹が大きくなって

外に出て歩くのは大変だと思います。

 

でも、あまりにも体を動かさないと

気分は沈みがちになってしまいます。

天気のいい日に外に出て

景色をみながらゆっくり歩いてみましょう。

 

気分がリフレッシュされて

モヤモヤが軽くなると思いますよ(^^)

 

それに、無理のないウォーキングは

出産に備えた体力作りにもなるんですよ!

 

!病院で安静を指示されているときは

お散歩も病院で先生に相談してみてくださいね!

 

家族や友人に悩みを打ち明ける

 

これはよくある対処法ですが、

私がおすすめするのは、ズバリこれ!

意見やアドバイスは求めていない、と

先に相手に伝えてから話し始めること

 

なぜこれが大事かというと、

悩みの「答え」を求めているわけではなく

「誰かに話して不安を和らげたい」

と思っていることが多いからです。

 

女性ならなんとなく分かりますよね。

「どう思う?」とは聞いても

あれこれ意見されるのは嫌。

とりあえず聞いて、「そうだね」って言ってほしい!

 

不安は、人に話すことで軽減されます。

答えがでなくても、軽減することが目的なら

ただ話すだけでも、十分楽になりますよ(^^)

 

まとめ

 

臨月に入って、もうすぐ出産となると

嬉しさと同時に、いろんな不安が出てきますよね。

これも、あなたが赤ちゃんを守るママだからこそ!

 

出産や子育てには「正解」がないので

悪いことばかりを気にして、落ち込む必要はありませんよ(^^)

 

穏やかな気持ちで、赤ちゃんを迎えてあげてくださいね!