子供の口臭がひどい原因と対策とは!!

子育て

大人でも気になる口臭ですが、

子供の口臭も気になりませんか?

 

私は、3歳と1歳の子育て中ですが、

上の子は「自分で磨く」とは言うものの、

 

歯磨き粉を舐めただけで、

ゴシゴシと磨いている様子もなく、

 

仕上げをするよと言っても、

全然させてくれません。

 

虫歯ができないか心配ですし、

朝起きた時の口臭も気になります。

 

そこで、今回は、

  • 子供の口臭の原因とは?
  • 子供の口臭の対策はどうしたらいい?

 

などについて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

子供の口臭の原因とは?

子供って一生懸命お話を

してくれますが、

 

その時に、

「あれ?口臭がするかも」って

思った事はありませんか?

 

それには、

こんなことが原因かもしれません。

 

生理的口臭

  • 虫歯や歯周病

実は子供の口臭で多い、

虫歯や歯周病のトラブルです。

 

きちんと歯磨きがされていなかったり、

歯並びが悪かったりして、

 

食べ物のカスが歯の隙間にたまり、

歯垢や歯石になると口臭の原因となります。

 

まさに、ママの心配が的中

と言ったところでしょうか。

 

  • 寝起き

寝起きの子供の口臭の原因は、

口呼吸であったり、

 

唾液量の少ない子供だと

口内の自浄作用が低いために、

 

雑菌が繁殖して、

口臭の原因となります。

 

  • ストレス

大人同様、

子供にもストレスがあります。

 

ストレスにより唾液の量が減り、

口内が渇き口臭の原因となります。

 

  • 舌の汚れ

舌の表面が白くなっていませんか?

 

白い物の正体は、

舌苔(ぜったい)と呼ばれるもので、

舌の汚れです。

 

食べたもののカスや、

粘膜がはがれ落ちたものに、

 

雑菌が繁殖してしまって、

ニオイの原因となります。

 

病的口臭

  • 風邪

風邪を引いた時や、

体調を崩す前に口臭がします。

 

体温が上昇すると、

唾液の分泌が抑えられて

 

口内の雑菌が繁殖して、

口臭の原因となります。

 

  • 便秘

便秘になると、

腸内からタンパク質やアミノ酸が腐敗し

 

有害物質が発生して、

血液に回って全身に運ばれて、

口臭や体臭の原因となります。

 

  • 鼻炎や蓄膿症

鼻炎や蓄膿は鼻づまりの症状が、

あるので口呼吸になります。

 

口呼吸が続いてると、

口の中が乾燥して雑菌が繁殖して

口臭の原因となります。

 

子供の口臭の対策はどうしたらいい?

 

虫歯や歯周病が原因の場合

子供自身が歯磨きをしただけでは、

やはり磨き残しがあります。

 

親が必ず仕上げ歯磨きをして、

口内を綺麗にしてあげましょう。

 

また、歯間ブラシを使うと

歯ブラシでは届きにくい歯の隙間も

 

綺麗にすることができるので、

オススメですよ。

 

寝起きの口臭の場合

寝起きの口臭の場合は、

口呼吸が原因となっているので、

 

鼻呼吸ができるように、

トレーニングをしてあげるといいでしょう。

 

水分を摂るようにして、

舌をよく動かせて口を閉じて

 

呼吸をする練習をすると、

少しづつ改善されてきます。

 

ストレスの場合

ストレスの場合は、

口内の唾液の分泌量が低下する事が、

 

口臭の原因となっているので、

子供の精神面のケアを心がけると

いいでしょう。

 

精神的なストレスが長く続くと、

心身にも負担がかかるので、

 

たくさん子供に

話しかけたり、遊んだりして

ストレスを解消させてあげましょう。

 

舌の汚れの場合

舌についた苔状の汚れが原因なので、

綺麗に取り除いてあげましょう。

 

ドラッグストアなどで、

舌苔ケア用のブラシを

使ってあげるといいでしょう。

 

病的口臭の場合

病的口臭の場合は、

風邪や便秘が解消されると

口臭は落ち着きます。

 

下痢や便秘の時は、

消化の良い食事を食べさせたり、

 

体を動かしたりして、

便秘を解消させてあげましょう。

 

また、体調を崩す前兆として

口臭が出る場合もありますので、

 

気付いた時は、

子供に「どこか痛いところある?」と

聞いてみるといいかもしれません。

 

本格的に風邪を引いてしまう前に、

早めの対処ができますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

子供の口臭の原因は、

歯の磨き残しや風邪などが大半です。

 

虫歯を防ぐためにも、

歯磨きはきちんと仕上げは

パパやママがしてあげましょう。