妊娠線はいつから予防を始めるべきか 時期を外すと濃くなる?

妊娠中

妊娠中のママは、

赤ちゃんの成長が嬉しい反面、

さまざまなトラブルに悩まされます…。

 

そのひとつに、「妊娠線」があります!!

 

妊娠線とは、

妊娠したママの体の変化に伴い、

皮下組織がひび割れて出来る線のこと

をいいます。

 

 

色は、赤紫色をしていて、

ミミズ腫れのように細い線が

どんどん広がっていきます(T_T)

 

多くのママが悩んでいる妊娠線ですが、

早めの予防をきちんとすることで、

妊娠線が出来にくくなるかもしれません。

 

↓アロベビー公式サイト



そこで今回は、

  • 妊娠線はいつから出来るのか
  • 妊娠線はどこにできる?
  • 妊娠線の予防はいつから始める?
  • 妊娠線の予防方法

をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠線はいつから出来るのか

妊娠線が出来る時期は、

ママによってさまざまです。

 

ちなみに私の場合は、

妊娠7ヶ月頃から徐々に妊娠線が

出来はじめました…(>_<)

 

一般的には、早い人だと

妊娠中期(5~7ヶ月)ごろから

妊娠線が出来るようです。

 

お腹がかなり膨らんでくる

妊娠後期(8~10ヶ月)ごろ

妊娠線が出来た!」というママは、

約7割を占めているようです。

妊娠線はどこにできる?

「妊娠線といえば、お腹にできるもの」

というイメージが強い方も多いと思います。

 

実は、妊娠線ができるのは

お腹だけではないんですよ…(゚Д゚)!

お腹

妊娠線のできる場所として、

圧倒的に多いのが「お腹」です。

 

特に、恥骨の上あたりから下腹部

にかけて出来やすいです。

 

お腹が大きくなってくると、

ママ自身は下腹部が見えにくくなります。

 

「妊娠線はできていない!大丈夫!」

と思っていても…

案外、自分の見えないところに

出来ていたりするので注意が必要です。笑

妊娠中は、乳腺が発達するため、

妊娠前よりもバストサイズがUPします!

 

なかには、バストが2カップ以上

サイズアップするママもいます(゚Д゚)!

 

私の場合、初めて妊娠線が出来たのは

お腹ではなく、胸でした…(゚Д゚)!

 

胸の上の方は大丈夫でしたが、

横と、下の方に、妊娠線が出来てました…

 

胸に出来た妊娠線を見つけたときは、

「え!?こんなところにできるの!?」

と、すごく驚いたのを覚えています。笑

お尻

妊娠前から、

お尻が大きくて悩んでいた私ですが、

妊娠してからは更に大きくなり…

立派なお尻になりました。笑

 

出産にむけて、

お尻にもお肉がついてくるので、

妊娠線も出来やすくなるんだそうです。

太もも

なかには、

「太ももに妊娠線が出来た!」

というママもいるようです。

 

一般的には、太ももの

外側にできることが多いようですが、

内側にできる場合もあるので、

気をつけておきたいですね(。・ω・。)

妊娠線の予防はいつから始める?

妊娠線は、

出産してから3ヶ月~半年ほどで

だんだん薄くなっていきますが、

白っぽく後が残ってしまいます(T_T)

 

そのため、妊娠線が出来る前から

予防しておくことが大切です。

妊娠線の予防を始める時期

妊娠線のできる時期はさまざまですが、

早い人で妊娠中期ごろから出来始めます。

 

お腹はまだまだ目立たなくても、

妊娠3~4ヶ月ごろから

予防を始めるのがおすすめです(^^)

妊娠線が出来やすい人の特徴

妊娠線が出来やすい人の特徴として…

  • ぽっちゃり体型のママ
  • 肌が乾燥気味のママ
  • 小柄で華奢なママ
  • 多児を妊娠しているママ
  • 経産婦のママ

は、特に注意が必要になってきます。

 

これらの特徴に当てはまらなくても

妊娠線ができる可能性は十分にあるので

油断しないでくださいね~(^_^;)笑

妊娠線の予防方法

急激な体重増加を避ける

妊娠中は、体重も増えやすく、

体重管理に悩んでいるママも多いはず。

 

適度に体重が増えるのは問題ないですが、

急激に体重が増えてしまうと、

その分、皮膚も伸びることになります。

 

皮膚が伸びる分、妊娠線も出来やすく

なってしまうので注意が必要です。

妊娠線予防クリームを塗る

妊娠線は、急激に皮膚がのびることで

更に出来やすくなってしまういます。

 

そのため、

  • 皮膚をやわらかくしておく
  • 皮膚が乾燥しないよう、潤いを与えておく

ことが、すごく大切です。

 

そこで是非活用して頂きたいのが

「妊娠線予防クリーム」です。

 

 

妊娠線予防クリームは、

市販されているボディクリームとは異なり、

  • 赤ちゃんにも安心して使える成分
  • 高保湿なので妊娠線予防に効果的
  • つわりが酷いママでも使いやすい香り

のものが多いのでおすすめです。

 

 

妊娠線のためだけに、

予防クリームを買うのは勿体ないな…

と思うママもいるかもしれません。

 

妊娠線予防クリームは、

いろいろな種類が販売されています。

 

妊娠中~産後まで使えるものから、

新生児のスキンケアまで幅広く使えるものも。

 

赤ちゃんにも使えると、

長く使えるので嬉しいですよね(*^-^*)

 

↓アロベビー公式サイト



まとめ

いかがでしたか?

 

妊娠線は、ママが赤ちゃんを

お腹で立派に育てた証であって、

決して恥ずかしいものではありません。

 

しかし、赤ちゃんを産んでからも、

「いつまでも綺麗なママでいたい!」

と思っているママも多いはず。

 

そのためにも、やっぱり妊娠線は、

極力出来ないように気をつけたいですよね。

 

早いうちから予防をして、

なるべく妊娠線を作らないように

早いうちから気をつけることが大切ですね(*^-^*)