子供が野菜を食べない!ほっといて大丈夫なの?食べさせる方法とは

子育て

子供が野菜を食べてくれないと、

栄養不足では?と、心配ですよね。

 

このままほっておいて大丈夫なのか・・・

成長や病気にも心配になります。

 

でも、子供が好き嫌いをするのには、

いくつかの理由があります。

 

今回は、

何故子供が好き嫌いをしてしまうのか、

どうすれば好き嫌いを克服出来て、

食べさせる事が出来るのか!

「脱、野菜嫌い」

についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

子供が野菜を嫌うのは防御本能からだった!

味覚には基本の5味といわれる

ものがあるのをご存知ですか?^^

 

基本の5味

「甘味、塩味、苦味、酸味、うま味」

 

この中から「2つの味覚」は、

生後間もなくから感じることができます。

 

そして「その他の味覚」は、

その後、色んなものを食べることで

覚えていくといわれています。

 

生後間もなくから感じることのできる味覚は

「甘味と塩味」です。

 

「甘味と塩味」は、人間が本能的に好む味!

と言われているので受け入れやすく、

 

野菜の中でも「甘味と塩味」の味覚を

感じる食べ物は、子供からも嫌われることは少ないです。

 

人間の嗜好は過去の味覚情報と

照らし合わせて形成されるため、

過去に食べたことのあるものを美味しいと感じ、

食べたことのないものを嫌う性質があります。

 

子供はまだ食経験が浅く、

味覚情報が少ないために、

嫌う食べ物が多いと考えられます。

 

また、

人間には「苦味=毒」「酸味=腐敗物」

を連想させる性質があり、防御本能が働きます。

 

子供の嫌いなピーマンやトマトなどは

苦味や酸味が含まれていることから、

嫌われているということがわかります。

 

子供が野菜を食べないままで大丈夫なの?

主に子供が嫌う緑黄色野菜には、

多くのビタミン、ミネラルが含まれています。

 

これらは子供が成長していく上で、

脳にも体にもいい働きをしてくれます。

 

子供の嫌いなものの代表

ともいえるピーマンですが、

 

通常はヘタの形が五角形なのですが、

栄養豊富なものはヘタの形が六角形になっています。

 

つまり六角形のものを選ぶと栄養豊富で

美味しいものを見分けることができます。

 

ピーマンの種のまわりの白い部分には、

苦味成分が含まれているため苦手克服を目標

としているときは丁寧に取り除きましょう。

 

ピーマンの苦味成分は油に溶ける性質があるので、

油で炒めるのもポイントです。

苦味を和らげるだけで随分と食べやすくなります。

 

食べることを無理強いしてしまうのは

良くないですが、

だからといって遠ざけてしまうと

なかなか克服はできませんよね!

 

そこで、

ママはあの手この手を試みます。

 

子供に野菜嫌いを克服してもらおうと、

苦手な野菜の味が少しでもしないように

調理方法を工夫したり、形を変えたりと。

 

うちの子も、ピーマンが大の苦手で、

ピーマンの原型をすり潰してなくし、

ハンバーグの具にしても気付くし、

 

ピーマンの量を減らしてケチャップ煮に

しないと食べてくれませんでした。

これも栄養を考えた上でのことで、

気付かれない量ギリギリを見つけるのに苦労しました。

何回、泣かしたことか(笑)あはは

 

また、

苦手な野菜を克服する手段で、

結構、効果のあるモノの一つに、

 

「野菜を一緒に育てる」

という方法も良いですよね^^

 

子供に野菜を食べさせるには?

 

子供の苦手な野菜を克服するために、

ベランダやお庭で、簡単な野菜の栽培

子供と一緒に育てるという方法は、

とても効果的です。

 

例えば、

ピーマンやトマトの栽培。

 

種からでもOKですが、

苗を買ってきてプランター栽培がおススメです。

★苗を購入する際に、販売者に栽培の仕方を教わってくださいね

 

「もうすぐピーマンのお花が咲くよ」

「このお花が美味しいピーマンになるんだよ」

「もうすぐトマトができるよ」と、

 

ピーマン♪ トマト♪と、

水やりを子供と一緒に栽培するのも食育の一つですよね^^

 

収穫も、子供にしてもらって、

野菜を洗ったり、ヘタを取ったり、

調理に参加させてあげるのも、食育に効果的です。

 

また、

トマトなんかは離乳食のときは、

食べられる子供も多いのですが、

 

周りに僕トマトきらいなんて言う子がいると、

真似して僕もトマト嫌いなんて言い出したりすることも。

 

ですから、

食卓で親が美味しそうに食べるのを見せると、

真似して食べてくれることもあるので効果的です。

 

まとめ

 

 

野菜嫌いを克服する方法としては

いくつかのコツやポイントはありますが、

 

1番効果があるのは、やはり親の愛情です。

「おいしくな~れ♪」と、

愛情込めてご飯を作っている姿を

子供に見せてあげてくださいね。

 

そして、一緒に、

美味しいね♪美味しいね♪

と、大袈裟に言って、

食べるようにしてあげてください。

 

少量でも食べることができたときは、

うんっと褒めてあげるのも大事ですよね^^

 

小さい頃は味覚形成が行われる

大切な時期でもありますので、

 

この時期にたくさんの野菜と触れ合い、

楽しく食べるという機会をたくさん作ってあげてください。