新生児なのに睡眠してからもう5時間 授乳時間があいても大丈夫なのか!

子育て

赤ちゃんが生まれるとほとんどの人が

3時間間隔で授乳をするように

病院で指導されると思います。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、

まだ生活のリズムが定まらず

昼でも夜でも寝たり起きたりを繰り返します。

 

でも中には、

寝るのが大好きなのか

3時間以上寝続ける赤ちゃんもいます。

 

そんな時、

「もう5時間も寝ている。

授乳があいちゃうけれど

このまま寝続けていて大丈夫??」

と心配になりますよね。

 

例外はありますが、

泣いたり、ぐずったりせずに

気持ちよさそうに寝ているのであれば

無理に起こす必要はありません。

 

お腹が空けば、

自然と起きたりぐずり始めたりしますよ。

 

赤ちゃんの体重が小さすぎるなど、

たくさん栄養を与える必要がある場合は、

優しく起こして授乳してあげましょう。

 

では、どうして

  • 授乳は3時間おきと言われるのでしょうか。
  • 授乳間隔が長すぎると起こる問題はあるのでしょうか。

 

今回は新生児の授乳間隔について

詳しくはご説明します。

 

スポンサーリンク

新生児なのに睡眠時間が長い!このままで良いの?悪いの?

 

そもそもどうして3時間おきに授乳しなければいけないの?

 

生まれて間もない赤ちゃんは、

どうして授乳が3時間おきに

必要なのでしょうか。

 

病院で

「赤ちゃんへの授乳は3時間おきに」

と言われるのは、あくまで目安です。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、

まだ胃が小さく、

1度に飲める母乳の量がとても少ないです。

 

そのため、

お腹が空くのも早く、

その間隔が大体3時間と言われています。

 

ですが、

全ての赤ちゃんが

全く同じとは限りません。

 

個人差がありますので、

そこまで神経質にこだわる必要はありませんよ。

 

また、

お母さんの新しい母乳が作られるのも

大体3時間おきと言われています。

 

3時間おきに授乳することで

質の高い新鮮な母乳を

赤ちゃんに与えることができるんです。

 

そして、最後に

生活のリズムを整えるためでもあります。

 

等間隔で授乳をすることで

赤ちゃんが生活のリズムをつかみやすくなります。

 

毎日同じような時間帯に

授乳していると、自然と赤ちゃんも

「そろそろおっぱいの時間かな?」

とリズムをつかんでいきます。

 

そのうちに昼と夜を

区別することができるようになり、

夜はまとめて寝てくれるようになりますよ。

 

睡眠時間が長すぎる赤ちゃんはこのままで良いのか?

 

3時間おきに授乳したくても

1度寝始めたら5時間くらい

ずーっと寝続けているなんていう

赤ちゃんも少なくありません。

 

うちの子も新生児の頃はそうでした。

 

病院にいる頃から

1度深い眠りにつくと

全然起きませんでした。

 

どんなにうるさい音を立てても

隣の赤ちゃんが泣いていようとも

まったく気にすることなく

スヤスヤと寝続けていました。

 

特にお昼過ぎの時間帯は

放っておいたらこのまま夜まで

寝続けるつもりかと思うほど熟睡していました。

 

  • 「このままでいいのかな?」
  • 「脱水とか栄養不足にならないかな?」

と心配になりますよね。

 

赤ちゃんが寝続けている

ということは、

赤ちゃんにとっては

快適な状態であるということです。

 

赤ちゃんは寝ている間に頑張って

成長しています。

 

無理に起こして

睡眠を妨害されると嫌がります。

自然と目覚めるのを待ってあげましょう。

 

赤ちゃんがぐっすりと寝ているうちに

お母さんも睡眠をとって下さいね!

 

特に夜ぐっすり寝てくれる場合は

とっても親孝行な赤ちゃんですね!

 

ただし、

起こさなければいけない場合もあります。

 

体重不足が心配される場合です。

 

  • 生まれが低体重だった
  • 生まれてから体重があまり増加しない
  • 検診で体重不足と指摘された
  • おしっこやウンチの量や回数が少ない

 

このような場合は、

たくさん栄養をとって

体重を増やさないといけません。

 

寝ていても

優しく起こしたり、

口元におっぱいや哺乳瓶を近づけて

授乳してあげてください。

 

また、

脱水が心配される場合も授乳が必要です。

 

  • 暑い中や直射日光が当たる場所で長時間寝ていた
  • 沐浴の後にすぐ寝てしまった

 

このような場合は、

脱水を起こしてしまう可能性があり危険です。

 

赤ちゃんは汗をよくかくため、

脱水症状を起こしやすいです。

必ず授乳してあげて下さいね。

 

適温の部屋で5~6時間くらい

寝てしまったくらいでは

脱水にはなりませんので、心配いりませんよ!

 

寝ている赤ちゃんを起こす場合は、

揺さぶったり、大きな音を立てたりせずに

 

  • オムツを替える
  • 足の裏を刺激してみる

など優しく起こしてあげて下さいね!

 

うちの子の場合は、

生まれが低体重だったため、

病院では3時間たったら寝ていても

昼でも夜でも必ず授乳するように指導されました。

 

前述の通り、

よく寝る子だったので、

毎回のように起こして授乳する必要がありました。

 

夜はうっかり寝過ごしてしまわないように

アラームをかけて寝ていましたね。

 

寝たままおっぱいを吸って

そのまま、また眠り続ける

なんてことも度々ありました。

 

私も寝ぼけ眼で授乳していましたね…。

 

大変でしたが、

そのお陰でみるみる体重が増えて

思っていたよりも早めに退院することができましたよ!

 

退院後も順調に体重が

増加していたので、

家では授乳が5~6時間あいた事もありました。

 

でも、

まったく問題はありませんでしたし、

1ヶ月検診の時も「それで大丈夫です。」

と医師から言われましたよ。

 

新生児なのに授乳間隔が長いとどうなるの?悪い影響はある?

 

授乳間隔が多少長くなってしまっても

問題はないとご説明しましたが、

 

長くなってしまった場合に

こんな事が起こる場合もある

ということを知っておいて下さいね。

 

脱水の危険性がある

 

先ほども少しご説明しましたが、

赤ちゃんは脱水を起こしやすく、

母乳やミルクで水分補給をしています。

 

適切な環境で寝ている場合は、

あまり神経質になる必要はありませんが、

 

  • 授乳間隔が8時間以上あいてしまった
  • 毎回授乳間隔が毎回長い

などの場合は注意して下さいね。

 

脱水の状態かどうかを知るには、

  • おしっこの量や回数が少なくないか
  • 唇が乾燥していないか
  • 顔が赤く熱っぽくないか又は青白く冷たくないか

などを観察してあげて下さい。

 

母乳の質が下がる

 

母乳は大体3時間おきに作られます。

 

作られた母乳は、

そのまま溜まりますので、

 

授乳間隔があくと赤ちゃんが飲む頃には

古い母乳になってしまっています。

 

古い母乳を飲んだからといって

赤ちゃんの体に悪影響を及ぼす

というわけではありませんが、

鮮度は下がってしまいます。

 

母乳が出にくくなる

 

母乳は、

赤ちゃんに吸ってもらうことで

たくさん分泌されていきます。

 

そのため、

授乳間隔があいてしまう

ということが続くと

母乳が出にくくなってしまう可能性があります。

 

特に完全母乳で育てたい方は、

赤ちゃんが飲みたい時に

母乳が出るようにしてあげたいですよね。

 

乳腺炎になりやすい

 

母乳が溜まり過ぎると

詰まってしまい乳腺炎になりやすくなります。

 

私は幸い、

まだ乳腺炎になった事はないのですが、

 

  • 高熱が出る
  • おっぱいが張って痛い

などの症状が出て本当に辛いらしいです。

 

できれば避けたいですよね。

 

赤ちゃんが起きる気配がない場合は、

手や搾乳器で少し絞っておく

などして予防したいですね。

 

絞った母乳は

専用のパックに入れて冷凍保存すれば、

赤ちゃんを預けて外出したい時

などに使うことができますよ。

 

まとめ

 

「3時間ごとに授乳して下さい。」

って言われたのに赤ちゃんが起きないと

どうしたら良いのかわからずに心配になりますよね。

 

赤ちゃんも

  • よく寝る子や
  • すぐにお腹が空いて泣く子
  • 睡眠時間が長い時もあれば短い時もある子

などいろいろです。

 

3時間というのはあくまで目安です。

 

赤ちゃんが元気で

順調に成長している場合は、

あまり心配しすぎずに

欲しがった時に授乳してあげましょう。

 

ただし、

医師、助産師、保健師などから

指導を受けている場合は指示に従って下さいね!