里帰り出産のメリットとデメリットをご紹介!分娩予約を忘れずに

出産

里帰り出産の場合、

実家暮らしになります。

 

そんな里帰り出産ってメリットばかり?

デメリットはないの?

それも気になる部分ですよね。

 

そして妊娠が分かった時には、

比較的直ぐに

分娩の予約をする必要が出てきます。

 

里帰り出産をお考えの場合、

実家近くの産婦人科で、健診と

分娩の予約をしないといけませんよね。

 

つい忘れがちなので、その辺りも忘れないように

してくださいね!

 

スポンサーリンク

里帰り出産をしたい!産婦人科はどう予約するの?

 

妊娠が分かった時、

自宅近くの産婦人科を受診すると思います。

 

その際に、胎嚢(たいのう)や

心拍の確認が出来るのが妊娠5~6週目。

 

その後母子手帳を受け取った時点で、

産婦人科に分娩を予約することになるかと思います。

 

その時に里帰り出産を希望していることを、

受診している産婦人科に伝える必要があります。

 

そしてその産婦人科で紹介状を書いてもらい、

 

その紹介状を里帰り出産を希望する

実家近くの産婦人科へ持っていき、

健診、分娩の予約をすることになります。

 

ですが、

里帰り出産を希望する先の

産婦人科でも健診が必要で、

 

産婦人科によって、

健診を受け入れてもらえる

「週数」に規定があることも。

 

また、健診は出来ても、

分娩の予約がいっぱいで、

キャンセル待ちになることも。

 

その場合は、分娩出来る産婦人科を探して、

健診も、出産も分娩予約が取れた産婦人科に移るか、

健診はAの産婦人科で、出産はBの産婦人科で。

ということになります。

 

初めての妊娠のときは、特に、

どこの産婦人科で出産しようかと、

産婦人科選びも楽しいものですよね。

^^

 

ですが、

分娩は予約制なので、

妊娠が分った際には、

すぐに希望の産婦人科で健診、

分娩予約という手続きが必要なので、

 

妊活を始めたり、妊娠初期の際には、

「里帰り出産をしようかな?」

「実家近くの産婦人科で良いところは?」

など、

早めに里帰りするかしないか

旦那さんと相談されてくださいね。

 

 

里帰り出産のメリットとは?

 

里帰り出産のメリットは、

経験豊富なお母さんがついててくれる

安心感や、食事の面倒、家事、

赤ちゃんのお世話、病院への付き添い

などなど、

 

里帰りのメリットは挙げれば

キリが無いほど。

 

旦那さんには、実家へ寄ってもらったり、

離れて暮らすとなれば食事や家事の面で、

不便な思いをさせてしまいますが、

 

特に初めての妊娠は、精神的にも

肉体的にも喜びばかりではありませんものね。

  • 無事に産まれてくれるか心配
  • 出産のとき凄く痛いだろうなの恐怖
  • 破水ってどこでするかなの不安

破水・・・

その時、一人だったら

その時、外出中だったら

 

その他、予定日が近づいてくると、

要らぬことも考えてしまうもの。

 

そんな要らぬことを考えて

お腹の中の赤ちゃんに悪い影響を与えるくらいなら、

 

いっそ里帰りして、

もしもの時はお母さんがついてくれている!

という、安心感の中、出産日を待つ方が良いですよね。

 

また、

出産後というのは産褥期(さんじょくき)

という時期で母体はしっかりと休ませなくてはいけないもの。

 

自宅にいては慣れない子育てに家事と、

ゆっくりと身体を休める時間はほぼありません。

 

里帰り出産をすることで、

新米ママ一人では不安なこと、

体力的に大変なこと、家事など、

先輩ママにアドバイスや手助けを

お願いできます。

 

里帰りをしている間、

旦那さんには寂しい思いをさせてしまいますが、

出産直後は特に夜泣きなどで寝不足の毎日です。

 

里帰りをしている間に、赤ちゃんの

お世話のペースをつかむことが出来るのも、

里帰り出産のメリットと言えますね^^

 

里帰り出産のデメリットとは?!

 

里帰り出産というのは、

メリットばかりというイメージがありますよね。

 

事情があって

里帰り出産が出来ない方にとっては、

里帰り出産を羨ましく感じる人も少なくありません。

 

しかし、里帰り出産が

デメリットと感じるところもありますよね。

 

例えば、孤独感

 

実家の両親が仕事をしていれば、

昼間、家では赤ちゃんと二人っきり。

 

元々地元ではあるかもしれませんが、

知っている友人とは縁が遠くなっていたり、

結婚して遠くに住んでいることが多いもの。

 

気晴らしに外出しようにも、

出産前なら外出もできますが、

出産後は外出するのは難しいですし。

 

実家に赤ちゃんと二人っきりだと、

孤独を感じてしまうこともあるかもしれません。

 

また、

実家の母は先輩ママとして、

良きアドバイザーですよね^^

 

でも、それが逆にシンドイことも・・・

 

母と自分の、

「子育ての考え方」が違う場合もありますし、

「構われ過ぎるってことも。

 

また、今と昔では、

「自治体で教わる子育ての考え方」

に違いもあります。

 

その為、時には母のアドバイスが

受け入れられず嫌になってしまうことも。

 

里帰り出産をした人の中には、

母との子育ての意見が合わずに

予定よりも早く自宅に戻るという人も

少なくありません。

 

また、

 

旦那さんのことも忘れてはいけません。

 

旦那さんも!赤ちゃんの誕生を

楽しみにされていますからね^^

 

里帰り出産をすることによって、

 

旦那さんは、

いざ出産のときの立ち合いも、

離れていると難しいかもしれません。

 

おまけに、

毎日赤ちゃんを抱っこ出来ません。

 

そして、

仕事で疲れて帰っても一人。

食事面や家事に悩まされます。

 

旦那さんに寂しさを我慢してもらったり、

家事などの協力のもと、里帰り出産が

出来るということでもありますので、

 

旦那さんへ感謝の気持ちを伝えることや、

一人で生活する為の生活面の準備などは、

十分過ぎるくらいに伝えたり準備して、

里帰りしないとですね^^

 

まとめ

 

里帰り出産というのは、

大きなメリットがある中、

デメリットに感じることもあります。

 

しかし、

出産前後のママは精神的にも肉体的にも

負担が大きいもので、ストレスも溜まっています。

 

特に24時間体制での赤ちゃんのお世話は、

慣れるまでは大変過ぎます。

 

「里帰り出産が許されるのであれば」

この時ばかりは、遠慮せず甘えて下さい。

里帰り出産のメリットを存分に味わって下さいね^^