離乳食後期の手づかみ食べはいつから おすすめ手づかみ食べ練習レシピ

子育て

赤ちゃんが母乳やミルクの次に

口にするものは離乳食です。

 

最初は重湯から始まり、

おかゆから野菜へと食べ進めます。

 

ママがスプーンで離乳食を

与える事から徐々に、

 

自分でスプーンを持ちたがったり、

食べ物を手で掴みたいと手を伸ばすように

なってきます。

 

そこで、今回は

  • 手づかみ食べはいつから始める?
  • 手づかみ食べの練習の仕方とは?

などについて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

手づかみ食べはいつから始める?

 

離乳食後期(生後9~11ヶ月)ごろから、

赤ちゃん自身が食べ物を手で掴み

 

自分で食べようとする動作が

見られるようになります。

 

この動きが出てきたら、

手づかみ食べを始めてもいい頃です。

 

赤ちゃん自身が手で掴み、

口に入れるので、

もちろん上手くはいきません。

 

離乳食の半分は、

手づかみしにくい食事であれば

 

ボロボロと下に

こぼれ落ちていきます。

 

ですので、下に新聞紙を敷いたり

食べ物をキャッチできるエプロンや

 

手拭きや口吹きなど、汚れてもいい服♪

洗いやすい服を上から着せたり♪

して食べさせてみましょう。

 

手づかみ食べの効果とは?

 

ママにとっては、ちょっと

大変な思いをする手づかみ食べですが、

 

赤ちゃんにとっては、

指先でいろんな感覚を使う機会となります。

 

触って、

  • ベタベタしたり
  • ツルツルしたり
  • 暖かかったり
  • 冷たかったり

と、

五感をフルに使って脳を刺激します。

 

せっかく作った離乳食を

ぐちゃぐちゃにされるのをわかって、

与えるのは悲しいですが、

 

練習練習^^

赤ちゃんの思う通りにやらせてあげましょう。

 

手づかみ食べの練習の仕方とは?

 

せっかく作った離乳食を、

ただぐちゃぐちゃにされてしまっては

悲しくなってしまうので、

 

食べやすい形状にして与えると、

結構上手に食べてくれますよ。

 

簡単に食べやすいものから

 

手づかみで食べやすいものだと、

赤ちゃん用のビスケットやクッキーを

まず与えてみてはいかがでしょうか?

 

赤ちゃんが掴みやすように、

細長い形状をしているものが多いです。

 

私は最初に赤ちゃん用の

ビスケットからスタートさせました。

 

掴む感覚が徐々に出来てきたぐらいから、

「離乳食」での食べ掴みを始めました。

 

小さく丸めたおにぎりや

野菜たくさんのお好み焼きなど

 

食べやすくて、

ボロボロしにくいものを作って

与えていましたよ。

 

手づかみ食べしやすいオススメレシピ

豆腐ハンバーグ

 

材料(1食分)

人参 5g

玉ねぎ 10g

豆腐(絹ごし) 10g

鶏ひき肉 15g

小麦粉 3g

醤油 数滴

 

作り方

  1. 人参と玉ねぎをみじん切りにして炒めて
    粗熱をとっておく
  2. 豆腐をレンジで30秒加熱して
    水気を切って、すりつぶす
  3. 1と2と醤油を数滴入れて
    形を整えたら、フライパンで焼く

 

ほうれん草チーズホットケーキ

 

材料

ホットケーキミックス 150g

牛乳 120cc

卵 1個

ほうれん草の穂先 ひとつかみ

粉チーズ 3振り

 

作り方

  1. ほうれん草を茹でて
    食べやすい大きさに切ります
  2. ホットケーキミックスは、
    商品の表示通りに材料を混ぜて
    1と粉チーズを入れます
  3. 赤ちゃんが食べやすい大きさに
    焼きます。

 

揚げない!かぼちゃコロッケ

 

材料

かぼちゃ 1/6個

パン粉 適量

 

作り方

  1. パン粉をフライパンで
    きつね色になるまでから炒りします
  2. かぼちゃを、皮と種をとって
    レンジで5分ほど加熱してフォークなどで
    潰しておきます
  3. 2を成形して、パン粉をまぶした
    フライパンに入れて、焼き
    ひっくり返して、パン粉をかけて
    両面焼きます。

 

朝食に!フレンチトースト

 

材料

食パン 1枚

ミルクか牛乳 大さじ3~4

卵 1/2個

 

作り方

  1. パンの耳を取り、
    食べやすい大きさに切ります
  2. 卵と牛乳を混ぜた液に
    浸して、焼き色がつくまで焼きます

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

手づかみ食べは、散らかるのを

覚悟で与えるのがポイントです。

 

後片付けはちょっと

大変になってしまいますが、

 

子供の成長にとって

大切な事なんですね。

 

手づかみ食べが過ぎれば、

次は立ってウロウロしたり、

 

スプーンやフォークも

使い始めて、色々な事を覚えます。

 

これも成長に必要なことでも

あるので、心を大きく!

 

散らかったら片付ければよし!と思って、

自由にやらせてあげてくださいね!