離乳食後期にミルクが必要になる時ってどんな時だろう 量はどのくらい?

子育て

離乳食を始めているママは、

食後にミルクが必要かどうか

悩む時がありますよね。

 

私もその1人でした。

 

順調に離乳食も食べてるけど、

ミルクは必要なのか、

気になっていた時がありました。

 

  • あげるとしたらどれくらい?
  • フォローアップミルクって?

など気になる事がたくさんですよね。

 

そこで、今回は、

  • 離乳食後期に飲むミルクの必要性とは?
  • ミルクの量はどのくらい?

などについて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

離乳食後期に飲むミルクの必要性とは?

 

赤ちゃんが順調に離乳食を

食べてくれていると嬉しいですよね。

 

離乳食後期は生後9~11ヶ月の

カミカミ期の頃となります。

 

ある程度の食事ができるようになり、

色々な食材を食べ慣れてくる頃ですね。

 

離乳食を食べていても

ミルクが必要な理由とは?

 

離乳食では補えない栄養素を摂る

 

離乳食中期に比べると、

ミルクの飲む量はだんだんと

減ってきます。

 

離乳食を食べているので、

お腹が満たされてくるんですね。

 

しかし離乳食では補うのには、

足りない栄養素があります。

 

例えば、

鉄分、カルシウム、ビタミン類などです。

 

特に鉄分は、子供の成長が

著しい中、離乳食だけでは追いつかないんです。

 

鉄分が足りなくなってしまうと、

目の下にクマが出てきてしまったり、

 

唇の色が白っぽくなってしまったり、

してしまうんです。

 

栄養素を補うためにも、

離乳食後期でもミルクは必要となります。

 

水分補給のため

 

離乳食後期であれば、

食事中はお茶やお水で

水分補給をさせる方法もあります。

 

しかし、あまり離乳食を

食べてくれない子や体調が悪く

 

ご飯を食べてくれない場合は、

ミルクをあげて水分と栄養を

補う方法もあります。

 

離乳食をいっぱい食べてくれて、

その後にミルクをあげても、

 

飲まない場合は無理に飲ませる

必要はありません。

 

徐々にミルク卒業を

迎えてきます。

 

ミルクの量はどのくらい?

 

離乳食後期になれば、

フォローアップミルクを

飲ませる方法もあります。

 

フォローアップミルクとは?

 

フォローアップミルクとは、

離乳食後期から飲むミルクです。

 

普通のミルクに比べて、

鉄分を多く配合したり、

 

DHAやカルシウム、ビタミン類

などの栄養をを中心に特化したものです。

 

母乳の量が減少してきたり、

離乳食をあまり食べてくれない子や

 

お茶やお水をあまり飲まない子や

牛乳を飲ませるのに抵抗がある場合など

 

水分と栄養補給を

補うために飲ませるミルクです。

 

目安は1日300~400cc

 

離乳食後に飲ませる方法で、

1日3回で1回量が100ccが目安です。

 

そう!あくまでも目安です!

 

離乳食をしっかり食べて、

お茶やお水をしっかり飲んでいれば

問題ありません。

 

しかし、離乳食をあまり食べない子は

1日5回でミルクのみ2回と離乳食後3回とします。

 

1日の目安量は500~700ccとなります。

 

フォローアップミルクを飲ませていた私の場合

 

私は現在3歳と1歳の

育児中でありますが、

 

私は2人とも離乳食後期

からフォローアップミルクを

あげていました。

 

というのは、

離乳食を食べていたものの、

 

やはり、子供の成長は

スゴイもので離乳食だけでは、

 

栄養素が追いつかなくて、

目の下にクマが出てきたんです。

 

調べてみると、

貧血でクマが出るとあって、

鉄分が足りないようでした。

 

それから、フォローアップミルクを

あげて飲むようになりました。

 

飲ませるタイミングは、

離乳食後の3回でした。

 

ご飯を食べていましたが、

しっかりミルクも完食していましたよ。

 

あげていた時期は、

そんなに長くはなく、

 

クマがなくなって、

ミルクを欲しがらなければ

すんなりとミルクは卒業していました。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

離乳食後期にミルクが必要な場合は、

栄養補給と水分補給の役割があります。

 

しかし必ずミルクを

あげなければいけない訳ではありません!

 

離乳食をしっかり食べて

お茶やお水をちゃんと飲んでいれば

ミルクを与える必要はありません。

 

人それぞれ子育ての仕方は、

違いますのであくまでも参考に!