トイレ掃除にはクエン酸スプレーが効果大!作り方を紹介!重曹でも作れる!

家事・掃除

トイレ掃除って、毎日行うのは本当に憂鬱ですよね。

特に大変なのが、頑固なこびりつき汚れ。

 

そこで、そんな尿石などのこびりつき汚れに

効果てきめんな、クエン酸スプレーの作り方を紹介

します!

 

トイレ掃除ってちょっとでも油断してしまうと、

黒ずみが残って落ちなくなってしまったり、

黄ばみが取れにくくなったりしてもう大変です。

 

しかし、そんな時こそしっかりと落として、

毎日清潔に気持ちよくトイレを使い続けたいですよね。

 

という事で今回は、頑固なトイレのこびりつきも

落とせるクエン酸スプレーと、重曹スプレーの作り方

を紹介します!

 

スポンサーリンク

重曹もトイレ掃除に役立つ!どんな効果があるの?

トイレ掃除といえば、

真っ先に思い浮かべるのが専用の洗剤ですよね。

 

しかし、洗剤を使って一生懸命こすっても、

なかなか落ちない頑固な汚れというものがあります。

 

汚れには酸性の汚れと、

アルカリ性の汚れがあり、

汚れによっては洗剤の種類を選びます。

 

 

トイレ専用の洗剤もいいですが、

私は無味無臭無害で殺菌効果の高い

重曹がお気に入りです。

 

まず、重曹の成分はアルカリ性です。

その為、主に酸性の汚れに対して効果が期待できます。

 

では、トイレではどこに使えばいいのでしょうか?

 

便器

便器といえば、気になるのが黄ばみ汚れですよね。

ここに重曹を粉のまま振りまいた後、ブラシでこすれば

黄ばみをしっかりと落とすことができます。

 

傷が気になるという場合は、

重曹を水に溶かして便器にスプレーし、

そのまま放置しいて置けば、重曹が汚れを

浮き上がらせてくれるので汚れを落とすのが簡単になります。

 

重曹スプレーの作り方は、

・スプレーボトル

・水1リットルに対して

・重曹大さじ1杯

を入れてよく混ぜれば重曹スプレーの出来上がり。

 

重曹は汚れを落とすだけではなく、

殺菌・消臭の効果もあるので、

まさに便器の掃除にはぴったりということが言えます。

 

トイレタンク

トイレタンクの中って、

普段なかなか掃除をしない場所ですよね。

 

このトイレタンクの中に、

重曹をカップ1杯くらい入れて、

しばらくそのままにしておき、後は普通に流すだけ。

 

これだけでトイレタンクの中の汚れも

簡単にキレイになります。

 

トイレ掃除にはクエン酸スプレー!その効果とは

 

では次に、トイレ掃除での

クエン酸の使い方についてご紹介します。

 

クエン酸は重曹とは逆に、

酸性の性質を持っています。

その為、アルカリ性の汚れを

落とすのに向いています。

 

トイレの汚れでアルカリ性といえば、

水垢や尿石など。

 

これらはクエン酸を使えば

すっきりと落とすことが出来ます。

 

まずはクエン酸スプレーを作りましょう^^

用意するのは、

・スプレーボトル

・水1リットルに対して

・クエン酸大さじ1杯

を入れてよく混ぜればクエン酸水の完成です。

 

このクエン酸スプレーを、

便器にまんべんなく吹きかけます。

 

その上にトイレットペーパーを

しっかりと貼りつけ、その上からクエン酸スプレーを吹きかけます。

 

しばらく置いておくと、

汚れが浮き上がってくるので、

ブラシでこすれば完成です。

 

ただ、これだけでは、

水垢や尿石汚れが落ちない場合もありますよね。

 

そんな時にはクエン酸ペーストがオススメ。

クエン酸を少量の水で溶いてペースト状にし、

汚れが気になる部分に塗りつけるだけ。

 

しばらく待って、

ブラシでこすり落とすときれいに落ちますよ。

 

サボったリング

そして便器といえば、

気になるのがいわゆるサボったリング。

つまり、便器の輪じみですよね。

 

ここの汚れは、

クエン酸と重曹の合わせ技がオススメなんです。

やり方は簡単で、便器内に溜まった水に、

クエン酸と重曹を入れるだけ

すると、もこもこと泡が立ってきます。

ちなみにこの泡は無害なので安心してくださいね。

 

泡が立ったまましばらく置いたら、

ブラシで汚れの気になるところを

こすればきれいに落とすことが出来ます。

 

他にも、クエン酸は、

トイレの蛇口もキレイにすることが出来ます。

 

トイレの蛇口

まず蛇口にまんべんなくクエン酸スプレーを吹きかけます。

 

そしてトイレットペーパーでパックをして、

さらにクエン酸スプレーを吹きかけます。

しばらく置いたらトイレットペーパーで

蛇口をキレイにふき取ったら出来上がりです。

 

後は乾いた布などで残ったクエン酸をふき取っておきましょう。

 

その他の場所(床や壁、便座の裏)

トイレ掃除で面倒なのは、

便器やタンクの掃除だけではありません。

 

壁や床の掃除も必要です。

トイレを使用する際に、

ペーパーに、重曹スプレーをシュッとして、

床や壁などをサッと拭くだけでも埃やゴミが落とせます。

 

また、便座のも必須ですよね。

トイレ使用後、トイレの蓋を

閉じる方も多いと思いますが、

 

トイレの蓋を閉じる癖があると、

トイレの見える部分だけを掃除して、

便座の裏の掃除を忘れがちになりますよね。

 

毎回のトイレ使用後に、

便座を上げての拭き取り掃除が理想的ですが、

 

結構、面倒なので、

「朝1のトイレ使用時だけは、

便座を上げて掃除する」というルールを

決めておかれるのもおススメです。

 

まとめ

 

トイレ掃除は面倒ですが、実は重曹とクエン酸があれば

それだけで簡単キレイに仕上げることが出来るんです。

 

大切なのは、

重曹とクエン酸の特徴をしっかりと知ることです。

 

重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れに効果的。

クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れに効果的。

 

そして、どうしても落とせない汚れには、

重曹とクエン酸の合わせ技がおすすめ。

 

重曹のアルカリ性としての特性と、

クエン酸の酸性としての特性を合わせれば、

まさに怖いものなしということが言えますね。

 

トイレ掃除で面倒なのは、

便器やタンクの掃除だけではありません。

一番目につく壁や床の掃除も必要です。

 

トイレ掃除といえば、

トイレ専用の洗剤を使うのが一般的ですが、

重曹、クエン酸なら無害で安全ですし、

何よりも価格が安いのが嬉しいですよね。

 

まずは何の汚れを落としたいのか知り、

酸性の汚れには重曹、

アルカリ性の汚れにはクエン酸

とそれぞれの特徴を活かして、

いつでもキレイなトイレを保つようにしましょう。