離乳食で冷凍できない食材を調理の仕方で美味しく冷凍する方法

子育て

 

離乳食って、

冷凍保存が欠かせませんよね!

 

1回分ずつ作ってるママも、

大勢いらっしゃるかと思いますが、

 

1回分ずつ毎食離乳食を作るだなんて、

無理だ~ 私には絶対無理だ~ と、

 

私は、1週間分くらいずつ、

離乳食を冷凍保存していました。

 

冷凍しておくと、

疲れているときでも、時間のないときでも、

 

「冷凍があったよな(#^.^#)」と、

体力的にも精神的にもができるので、

とってもお勧めです!

 

でも、…。ものによっては、

冷凍できない食材ってのもありますよね…。

 

冷凍すると、

  • 味が落ちてしまったり
  • 食感が変わってしまったり

など、

冷凍保存には向かない食材があります。

 

具体的には、

  • じゃがいも
  • 牛乳などの乳製品
  • 豆腐
  • 生野菜
  • こんにゃく

などです。

 

冷凍できないから

これらの食材を食べさせる時は

作りたてじゃないと…

 

いやいや、そんなこと無いんです!

これらの食材でも冷凍を諦めないでください。

 

実は、

 

工夫して調理してから冷凍すれば、

大丈夫なんです^^/

 

冷凍保存をフル活用することによって、

一瞬で赤ちゃんに栄養満点な離乳食があげれます!

 

スポンサーリンク

離乳食!冷凍できないもの(食材)の調理の仕方

 

冷凍できない食材は、

工夫して調理すれば冷凍できるようになります。

 

さっそく食材別の調理の仕方をご紹介しますね^^♪

 

じゃがいも

 

茹でたじゃがいもは、

冷凍すると繊維が壊れて

スカスカになってしまいます。

 

茹でたてのあのホクホク感が

まったくなくなってしまうのです。

 

私はやったことありませんが、

本当に不味いらしいです。

 

まるでスポンジを食べているかのようだとか…。

 

消化・吸収の良いでんぷん

多く含んだじゃがいもは、良いエネルギー源となります。

 

じゃがいもは、

離乳食初期から食べることが可能ですし、

冷凍できないからと避けるのはもったいないです。

 

実は、じゃがいもは、

かたまりのまま冷凍するとスカスカになります。

 

冷凍する時は、

茹でてから潰して

マッシュポテトのようにすると良いです。

 

マッシュポテトの状態で

1回分ずつ小分けに冷凍しておけば、

いろいろな料理にアレンジ可能です。

 

もちろん他の食材と合わせて

すべて調理したものを冷凍しても大丈夫です。

 

じゃがいもと人参のスープ

(離乳食初期~)

茹でてすりつぶした人参と

マッシュポテトにしたじゃがいもを

だし汁でのばすだけの簡単なレシピです。

 

1食分ずつ容器に入れて冷凍可能です。

 

じゃがいものおやき

(離乳食中期~)

マッシュポテトにしたじゃがいもに

少量の牛乳と片栗粉をまぜて丸めて焼くだけ。

 

お好みで青のりや刻んだコーン

などをいれてもよいですよ。

 

1つずつラップに包んでから

ジップタイプの袋に入れて冷凍可能です。

 

離乳食の裏ごし方法などは、↓こちらにまとめてあります^^

関連記事:離乳食の裏ごし方法と便利グッズをご紹介!裏ごしはいつまで必要?

 

牛乳などの乳製品

 

牛乳、ヨーグルトなどは、

冷凍すると分離してしまいます。

 

解凍後も分離状態は戻らないので

そのまま冷凍するのはおすすめできません。

 

牛乳やヨーグルトは、

アレルギー反応がでないか確認のためにも

離乳食中期頃から少しずつ摂り入れたいものですよね。

 

しかし、

しっかりと調理してから冷凍すれば、

大丈夫ですよ。

 

そもそも牛乳は離乳食期では、

加熱したものを与えるので、

そのまま冷凍するよりも調理してからの方が断然楽ですよ。

 

牛乳ホワイトソース

(離乳食中期~)

牛乳300mlに薄力粉大さじ2杯

を混ぜてよく溶かします。

 

薄力粉が混ざったら

無塩バター大さじ2杯を加えて火にかけます。

 

とろみが出てお好みの固さになったら

出来上がりです。

 

ホワイトソースを作っておけば、

お好みの野菜を入れて

シチューにしたりリゾットなどにすることができます。

 

たくさん作って小分けにして冷凍しておけば、

大活躍しますよ。

 

野菜を入れた状態でも冷凍可能です。

 

ヨーグルト蒸しパン

(離乳食後期~)

小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖

を混ぜてから無糖ヨーグルトを入れて

さらに混ぜます。

 

シリコンカップに入れて、

ラップをかけたら

レンジで温めるだけで完成です。

 

小麦粉20gに対して

ベーキングパウダーと砂糖は小さじ1杯、

ヨーグルトは45gです。

 

市販のホットケーキミックスでも

作ることができますよ。

 

ただし、ホットケーキミックスは

砂糖が入りすぎている可能性があります。

 

砂糖の量が調整できるので、

小麦粉とベーキングパウダーで

作るのがおすすめです。

 

祖熱が取れたら、

1つずつラップに包んで冷凍保存が可能です。

 

豆腐

 

豆腐は冷凍すると

内部の水分が奪われて固くなってしまいます。

 

あのつるんとした食感

ではなくなってしまうのですね。

 

豆腐は、

消化・吸収が良く、

赤ちゃんが初めて口にするタンパク源として最適です。

 

裏ごししたり、潰したりすることで

冷凍保存が可能になります。

 

豆腐と野菜のペースト

(離乳食初期~)

昆布でだしをとって沸かしたお湯に

豆腐とお好みの野菜を入れて茹でます。

 

茹で上がったら、

ザルにあげ水気をきります。

 

野菜は細かく刻んだ後に、

豆腐と一緒にミキサーに入れて

ペースト状にします。

 

ミキサーがない場合は、

すり鉢でゴリゴリしても大丈夫です。

 

すり潰すことで、

冷凍しても食感が気にならなくなります。

 

豆腐ハンバーグ

(離乳食後期~)

電子レンジで水切りした豆腐に

鶏ひき肉、ひじき、細かく刻んだ野菜、

片栗粉、塩少々を混ぜて、焼くだけです。

 

手づかみ期の赤ちゃんに

ぴったりなレシピです。

 

1つずつラップに包んだ後、

ジップタイプの袋に入れて冷凍保存が可能です。

 

 

ゆで卵を冷凍すると、

水分が抜けて

スカスカ、パサパサになってしまいます。

 

まったく美味しくありません。

 

卵もアレルギーを確認するために、

離乳食中期以降から少しずつ摂り入れたい食材です。

 

ゆで卵のまま冷凍せずに、

裏ごししたり、薄焼き卵、錦糸卵

にすることで冷凍保存が可能になります。

 

卵黄ペースト

(離乳食中期~)

 

まだ白身が食べられない

中期の赤ちゃんには卵黄のみを使います。

 

ゆで卵を作ったら

卵黄のみを裏ごしして、だし汁でのばします。

 

小分けにして冷凍保存しておけば、

いろいろな料理に加えて使用することができますよ。

 

ささみ肉の親子丼

(離乳食後期~)

 

ささみ、玉ねぎ、人参を細かく刻み、

だし汁で柔らかくなるまで煮込みます。

 

充分に柔らかくなったら

溶き卵を加えてよく加熱すれば出来上がりです。

 

溶き卵にしているので、

タッパーなどに入れて冷凍保存が可能です。

 

生野菜

 

水分を多く含む野菜を

生のまま冷凍すると、

組織が壊れて美味しくないです。

 

離乳食では、

必ず火を通した野菜を使いますので、

冷凍保存する際は調理してからにしましょう。

 

野菜たっぷりリゾット

(離乳食後期~)

 

人参、玉ねぎ、ピーマン、トマトなど

お好みの野菜を細かく刻んで煮ます。

 

野菜が柔らかくなったらご飯を入れ、

お好みの柔らかさになったら

コンソメ、ケチャップで味付けをします。

 

仕上げにチーズをかければ、

チーズリゾットになります。

 

1食分ずつ小分けにして、

冷凍保存が可能です。

 

こんにゃくは、離乳食に向かない…

 

こんにゃくも水分が多いため

冷凍するとスカスカになって

美味しくありません。

 

私、1度だけ誤って

こんにゃくを冷凍してしまったことが

あるのですが、これ本当に不味いです。

 

そもそもこんにゃくは弾力があり、

喉に詰ませて窒息の恐れがあるため

離乳食期には与えない方が良い食材です。

 

1歳を過ぎてから、

細かく刻んで使用するようにして下さい。

 

こんにゃくについては、

離乳食にも冷凍にも不向きといえます。

 

糸こんにゃくであれば、

冷凍してもそこまで食感は

気になりませんので、

 

食べれる年齢になったら

丼ものや煮物に入れて冷凍庫保存ができますよ。

 

大量に作って冷凍すれば大活躍!基本のだし汁の作り方。

 

だし汁や野菜スープは、

  • 食材をのばして食べやすくしたり
  • スープを作ったり
  • 少し味をつけたり

とても活躍します。

 

でも1回1回だしを取っていたら

時間がかかってしまいますよね。

 

大量に作って冷凍保存しておけば、

忙しいママには大助かりです。

 

ぜひ冷凍保存して活用して下さい。

 

昆布だし(離乳食初期~)

 

水1ℓに

汚れを拭き取った昆布8cmほどを浸し、

一晩置きます。

 

一晩置いたものを

昆布を入れたまま火にかけ

沸騰する直前で昆布を取り出します。

 

野菜だし(離乳食初期~)

 

玉ねぎ、人参、キャベツを

適当な大きさに切り、

水に入れて沸騰させます。

 

沸騰したら弱火にして、

そのまま30分ほど煮ます。

 

煮終わったらこして出来上がりです。

 

煮た野菜は、

そのまま離乳食に使うこともできますよ。

 

椎茸だし(離乳食初期~)

干し椎茸を水につけた戻し汁が

椎茸だしになります。

 

簡単でおすすめです。

 

かつお昆布だし(離乳食中期~)

 

昆布だしにかつお節を入れて、

沸騰直前で火を止めます。

こしたら出来上がりです。

 

赤身の魚に慣れた頃から使用可能です。

 

煮干しだし(離乳食後期~)

 

煮干しの頭とはらわたを取り、

水に30分ほどつけます。

 

その後、

火にかけ弱火で10分ほど煮ます。

こしたら出来上がりです。

 

青魚に慣れた頃から使用可能です。

 

「だし」だけでも

これだけ種類があります。

赤ちゃんが味に飽きてしまう心配がありませんね。

 

料理に合わせて使い分けてみて下さいね。

 

まとめ

 

冷凍できないと思われている食材も

工夫して調理すれば、冷凍が可能です。

 

冷凍保存を活用して、

赤ちゃんにいろいろな食材を

食べさせてあげて下さいね。

 

好き嫌いのない子に育つと良いですね^^/