赤ちゃんと一緒に外食できるには椅子に座れるかがポイント!

子育て

大型連休ともなれば、親戚などで

外食する機会も増えますよね。

 

そんな時、まだ小さい子供がいる場合

どうしようか悩みますよね。

 

座敷の席であれば、

寝ることもできるし、ママの膝の上で

 

ご飯を食べることができますが、

座敷の席がなかったりすることがあります。

 

そこで、今回は、

  • ベビーチェアーはいつから使える?
  • 子連れならどんなレストランがいい?
  • チェアベルトとはどんなもの?

などについて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

ベビーチェアーはいつから使える? どんなレストランがいい?

 

暑い季節に台所で料理するのは辛い!

 

こんな時は外食して、

涼しいところへ!と思いますよね。

 

ところで、

赤ちゃんと一緒に

外食できるようになるのはいつからでしょう?

生後7ヶ月頃が安心

一般的なレストランに置いてある、

赤ちゃん用の椅子はハイチェアが多いですね。

 

生後7ヶ月後で腰がしっかり座った頃が、

安心して使うことができます。

 

また、テーブルに取り付けるタイプの

テーブルチェアを置いている

お店も最近では多くなっています。

 

テーブルチェアは、

首が座ってからの生後3ヶ月くらいから

使うことができます。

 

早い人だと、赤ちゃんの首が

座ってから一緒に外食している人が

 

いますが、座敷の席であれば

大丈夫だとは思います。

 

しかし、この頃の赤ちゃんは、

2~3時間置きに寝たり起きたり

 

する頃なので、赤ちゃんの生活リズム

考えるとママの負担が大きいし、

泣かれてしまうと、ちょっと大変ですよね。

 

私は、3歳と1歳の子育て中ですが

2人ともミルクを飲んでいる時期に

外食をしたことは数回ぐらいです。

 

というのも、一回試みましたが

子供を寝転がせて、自分が

 

外食しているっていうのが

なんか落ち着かなくて、

 

子供もそんな雰囲気を感じ

とったのか、それから泣きはじめました。

 

事前にミルクを飲ませて

寝ていたのに起きてしまったんです。

 

その後は、

ちょっとだけ食べて店を出ました。

 

そんなこともあり、

無理に外食はしませんでした。

 

落ち着いて外食をするなら、

離乳食を食べれるようになってからが

おすすめです。

 

レストランで子供用の椅子を

使う時は、必ず目を離さないように

気をつけましょうね!

子連れに優しいファミレスがオススメ

やっぱり、ファミリーレストラン

ということだけあって

 

料理のバリエーションも

小さい子供も食べれるような

 

メニューもあるので、

ファミレスがオススメです。

 

静かな場所だと、気を遣ってしまうので

ファミレスだと、客層もほぼ子連れ。

 

なので、多少子供が

声を出してしまっても大丈夫!

 

騒ぎすぎると注意しますがね・・。

 

後は、

  • おむつ交換台がある事。
  • 授乳室がある事。
  • キッズスペースがある事。
  • 赤ちゃん用の椅子がある事。

がポイントですね!

ママに配慮のあるお店がいいですね!

 

私が行っていたのが

ココスガストですね!

 

子供が好きなキャラクターの

メニューがあるので、喜んで食べてくれますよ。

 

赤ちゃんとの外食で便利アイテム! チェアベルトとは?

 

赤ちゃんとの外食の時に便利な

アイテムってありますよね!

 

チェアベルトは、行ったお店で

子供用の椅子がない時に便利ですよ!

 

チェアベルト

 

背もたれ付きの椅子に

つけることができるので、

 

赤ちゃんが

安定して座ることができるんです。

 

たまに、安全ベルトがついてない

子供用の椅子ってありますよね。

 

その椅子にも付けることが

できるので、赤ちゃんが椅子から

ずり落ちる心配はありません。

 

椅子に限らず、

ママの腰につけて

ご飯をあげることも出来ますよ。

 

  • チェアベルトは主に3種類

 

1.ベルトタイプ

椅子の背もたれと赤ちゃんの

ウエストをベルトで固定するタイプです。

 

装着法も簡単で、赤ちゃんを

座らせて止めるだけ。

 

お値段もお手頃で使いやすいのが

魅力的ですが、装着がシンプルなだけに

 

赤ちゃんが簡単に抜け出せてしまう

のが問題点であります。

 

2.パンツタイプ

赤ちゃんの股下から腰まですっぽり

パンツのように履かせるタイプです。

 

包み込むように履かせるので、

赤ちゃんの下半身をがっちり安定させる

 

事ができるので、

 

安定感があり

ママも安心して食事する事ができます。

 

 

3.背もたれにかぶせるタイプ

大人用の椅子の背もたれに

かぶせるタイプです。

 

背もたれ自体にしっかり装着するので

赤ちゃんが前のめりになって

 

 

倒れる事はあまりないので

安定感は抜群ですね。

 

 

 

使い勝手が良いものを選ぶ

 

撥水加工のあるもの

飲食するとなると

子供が使うものなので、食べこぼしをします。

 

なので、汚れに強いもの

撥水加工のあるものを選ぶのが

良いですね!

 

お手入れ法も簡単にできるのも

チェアベルトを選ぶポイントです。

 

装着法が簡単なもの

簡単に取り付けられるものを

選ぶのも大切です。

 

パパやママが簡単に

装着できるものがいいですね。

 

赤ちゃんの機嫌を損ねないように

スムーズにできるものがオススメです。

 

赤ちゃんに合ったものを選ぶ

これが大切ですね!

 

しっかり固定できて

赤ちゃん本人が嫌がらず

 

装着させてくれるものを

選びましょう!

 

活発な赤ちゃんは、立とうとしたり

脱出しようとしたりします。

 

チェアーベルトには

肩紐がついたタイプの物もあります。

 

また、自分でマジックテープを

外そうとする子もいます。

 

強力なマジックテープか

カチッとベルトを止めるタイプもあるので

 

どんなタイプのものがいいのか

しっかり選びましょう!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

これから外出の増える

時期になります。

 

赤ちゃんの安全のためにも

きちんと固定できるものを選びましょう。

 

チェアーベルトは、パパやママも安心して

一緒にご飯を食べる事ができるアイテムです。

 

ストレスなく、楽しく外出できるように

色々なチェアーベルトを見てみてくださいね!