お風呂の湯垢は重曹 クエン酸 片栗粉で簡単に The湯垢を取るコツ! 

家事・掃除

お風呂というのは毎日家族の疲れを

癒してくれる場所ですよね。

 

でも、すぐに浴槽に湯垢が溜まって

それを掃除するのが面倒なんですよねー。

 

出来れば簡単に、そして体に安全なもの

を使って湯垢取りのお掃除をしたいと

思いませんか!

 

一日の疲れを癒すお風呂場は

いつも綺麗に完璧に掃除をしたいけど、

 

忙しい主婦にとって、長時間掛かる

お風呂掃除ばかりに時間はかけていられません。

 

そこで、ちょっとしたコツをつかみ、

簡単、楽にお風呂場を綺麗に掃除する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

重曹、クエン酸で簡単にお風呂の湯垢掃除を!

 

 

お風呂の汚れには種類があります。

水垢であったり、湯垢であったり、

石鹸カス、カビ、埃、ゴミ・・・

 

シャワーの水でサーっと落ちてくれれば

良いのですが、やはり洗剤を使った方が

簡単に綺麗になりますよね。

 

そこで、汚れの性質の違いで、

洗剤も使い分ける方が良いって知ってました?

 

私は、洗剤の使い分けをした方が良いと

知るまでは、毎日使う軽めの洗剤と、

カビ取りなどのアルカリ性の塩素系漂白剤の

2種類しか持っていませんでした。

 

汚れを落とすにも順番があり、

それを無視してやみくもに洗剤を

振りかけ掃除しても、汚れはとれにくいようです。

 

そういえば、

塩素系の強い洗剤でも、

お風呂場の黒カビって、

なかなか落とせず苦労してました(/ω\)

 

その結果、落とせなかった

頑固な黒カビを、放置することに・・・

その放置された黒カビって生きていて、

根っこが深くなっていくんですよね。

 

余計に落ちにくくなります(+o+)

 

そこで、ある時、

テレビの放送で知ったのですが、

お風呂の汚れは層になっているそうです。

 

上から、皮脂汚れ→石鹸カス→カビ

知らなかった~

 

そこで色々調べたのですが、

お風呂掃除は、上から順番に

汚れを落としていかないといけなくて、

 

まずは、皮脂汚れからですね^^

 

私は、今は無味無臭無害の、

重曹とクエン酸を使って、

お風呂の汚れを落としています。

 

その手順をご紹介しますね^^

まず、重曹はアルカリ性の物質です。

なので酸性の汚れを落とすのに効果的です。

 

逆に、クエン酸は酸性の物質です。

なのでアルカリ性の汚れを落とすのに効果的です。

 

そして、

お風呂場の汚れの性質は、

酸性の汚れ→皮脂汚れ、湯垢、油汚れなど

アルカリ性の汚れ→石鹸カス、水垢、黒カビなど

 

まずは、お風呂掃除で邪魔になる、

洗面器や椅子、石鹸容器やその他の容器を

片付けましょう。

 

浴槽に、お湯を溜め、重曹を1カップくらい入れ、

そこに洗面器や椅子、オモチャや、

その他の容器、お風呂の蓋など、

何でもつけ置きして放置しておいてください。

 

これをすることで、浴槽の湯垢取りが

同時にできます。

 

この時、42度くらいにお湯を追い炊きすると、

配管の汚れも一緒に掃除出来ますよ^^

 

次に、お風呂場の床や、壁、

浴槽のまわりなどの皮脂汚れを落とすため、

重曹スプレーを吹きかけます。

 

重曹スプレーの作り方

  • スプレーボトルに、
  • 水200ml位を入れ、
  • 重曹を大さじ1

   上記を混ぜるだけ

 

この重曹のスプレーを、

お風呂全体にまんべんなく吹きかけ、

スポンジでササっと、こすり洗いをします。

 

汚れが落ちないという場合には、

重曹の粉を湿ったスポンジにつけて

こすり洗いをしてみましょう。

 

重曹が研磨剤の役割をしてくれるので、

よりキレイに汚れを落とすことができます。

 

ただ、あまり強くこすりすぎると

傷がついてしまうので注意しましょう。

 

次に、石鹸カスを落としていきます。

石鹸カスはアルカリ性の汚れなので、

クエン酸を使います。

 

クエン酸スプレーの作り方

  • スプレーボトルに、
  • 水200ml位を入れ、
  • クエン酸を小さじ1

   上記を混ぜるだけ

 

お風呂全体にクエン酸スプレーを

まんべんなく吹きかけ、スポンジでゴシゴシ。

 

これで、

重曹で皮脂汚れ落とし

クエン酸で石鹸カス落とし

 

までが、終わりました。

 

次は、にっくき黒カビです。

床の角のパッキンや、壁、

お風呂の扉の隅など、

探せばお風呂全体にいるアイツ!

 

なかなか落ちないからと、

放置しているとどんどん根っこが

成長していくので、頑張って落としましょ!

 

ここでは、片栗粉を使った、

クエン酸ペーストが効果的です。

 

片栗粉をクエン酸に混ぜることで、

ねっとりとし汚れに吸着してくれます。

 

クエン酸ペーストの作り方

  • 容器(お皿)
  • 少量の水
  • クエン酸大さじ1
  • 片栗粉小さじ1

   上記を混ぜるだけ

 

とろりとしたクエン酸ペーストが

出来上がったら、カビ汚れに直接塗って、

乾燥しないようにラップをかけておきます。

 

1時間くらい放置すると汚れが浮いてきます。

ラップを外して汚れをブラシなどでゴシゴシ。

 

クエン酸ペースト、

驚くほど汚れがきれいに落ちますよ。

 

ここまでで、酸素系、塩素系などの、

強い漂白剤洗剤は使っていませんが、

 

どうしても重曹やクエン酸で

汚れが落とせない場合は、

強い洗剤に頼るしかありません。

 

でも、今までとは違い、

皮脂汚れ→石鹸カス→クエン酸ペースト

までして、アルカリ性の汚れや、

酸性の汚れのを崩してありますので、

 

強い洗剤も効きやすくなっていますよ。

強い洗剤を使うときは、窓を開けて、

換気扇必須ですよ。

換気には十分に気を付けてくださいね。

 

面倒なお風呂掃除、天井だってコツさえつかめば簡単にできちゃいます!

 

次に、普段あまり意識していない

お風呂場の天井の掃除についてご紹介します。

 

お風呂場の天井って、ふと見上げてみても

あまり汚れているようには見えませんよね。

 

しかし、目には見えなくても

実際には汚れがついているのです。

さらに、カビは上から落ちてくるもの。

 

つまり天井のカビが下に落ちてきて

床などにつくものなので、

実は天井をきちんと掃除しなければ

お風呂場のカビは無くならないのです。

 

とは言っても、

天井なんて普通手の届くところではありませんよね。

その為わかってはいてもどうしても後回しにしてしまう人も多いと思います。

 

しかし、コツさえつかめば

天井のカビも簡単に落とすことができますよ。

 

柄のついたスポンジを用意します。

長い棒にスポンジがついているヤツ。

 

そのスポンジの部分に、

片栗粉の量を多めにした、

少し硬めに作ったクエン酸ペースト

をつけ、天井の隅々まで塗っていきます。

 

1時間ほど放置して、シャワーで

クエン酸ペーストをしっかりと落とします。

 

そして、棒にタオルを巻いて

天井を乾拭きをします。

 

お風呂場の天井の掃除は

とても面倒なイメージですが、

柄の長いスポンジさえあれば

簡単に済ませることが出来ますね。

 

さらに、天井の掃除をすることによって

天井のカビが落ちてくるのを防げます。

 

お風呂場の天井の掃除は、

出来れば1ヶ月に1度くらい行うようにしましょう。

 

クエン酸が無い場合は、

お酢を10倍の水で薄めたものでも代用できますよ。

 

天井掃除は、とても面倒ですが、

酸性のモノで、こするだけでも、

やらないよりは、やる方が良いですよ。

 

また、

強い洗剤を天井につけるのは、

洗い流しが十分でないと、

 

お風呂タイムの時に、

湯気で洗剤が浮いて落ちてきますので、

出来れば、クエン酸かお酢を使ってくださいね。

 

クエン酸やお酢は無害ですので、

子供にも安心です。

 

でもお酢は・・・

かなり強烈な臭いに覚悟しましょう。

 

まとめ

お風呂場の掃除は、

毎日、ササっと掃除できる部分は良いのですが、

 

普段、少し放置してしまう場所や、

汚れが硬ーくこびりついてしまったところは

汚れを落とすのに本当に手間がかかりますよね。

 

でも、お風呂の汚れの性質を知って、

上から順番に汚れを剥がしていくと、

 

案外、簡単に綺麗になるものです。

強い洗剤を使うと洗い残しがコワいので、

 

重曹やクエン酸を上手に使って、

キレイで清潔なお風呂場を保ってくださいね^^