離乳食を冷凍しよう!冷凍に不向きな食材や注意点おすすめ容器など 

子育て

赤ちゃんが生まれて、

5~6ヶ月を過ぎたころから、

離乳食がスタートします。

 

いままでは、

母乳やミルクだけだったけど、

離乳食が始まると、我が子の成長が

嬉しく感じられますよね(*^-^*)

 

 

 

最近では、いろいろな種類の

ベビーフードが販売されていますが、

やはり出費が気になります…(T_T)

 

それに、かわいい我が子には、

「手作りの離乳食を食べさせてあげたい!」

と思うママが多いと思います。

 

でも、離乳食を手作りするのって、

手間がかかるし、結構大変なんですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、

「離乳食の冷凍保存」です!!!

 

離乳食を作るときに、

少し多めに作って冷凍しておけば、

あとは解凍するだけなので楽チン♪

 

しかし、離乳食を冷凍保存するにあたって

冷凍に向かない食材や、注意点もあります。

 

そこで今回は、

  • 離乳食で冷凍に不向きな食材
  • 離乳食を冷凍するときの注意点
  • 離乳食の冷凍保存におすすめの容器

をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

離乳食で冷凍に不向きな食材

 

最近では、離乳食のレシピ本

なんかも数多く出版されていて、

レシピの幅も広がっています。

 

普通のお料理に限らず、

離乳食もいろんな材料をつかって、

赤ちゃんの栄養バランスを考えて

作ることができます(*^-^*)

 

しかし、

離乳食を冷凍保存するにあたって、

 

冷凍するのに不向きな食材

があるんです。

 

豆腐

 

冷凍すると、

豆腐に含まれる水分が抜けてしまい、

パサパサになってしまいます。

 

やわらかい食感が損なわれるので、

冷凍保存には向いていません。

 

こんにゃく

 

冷凍すると、こんにゃくに

含まれる水分が抜けてしまいます。

 

固くなってしまうので、

冷凍保存には向いていません。

 

水分が多く含まれる野菜

 

キュウリレタスなどといった

水分の多い野菜は、

冷凍すると水分が抜けてしまいます。

 

解凍したときに、

野菜がベチャベチャになってしまうので、

冷凍保存には向いていません。

 

乳製品

 

牛乳や、ヨーグルトなどの乳製品は

冷凍すると分離してしまいます。

 

解凍しても元に戻らないので、

冷凍保存には向いていません。

 

ゆでたまご

 

冷凍すると、

ゆでたまごの水分が抜けてしまい、

白身の部分がゴムのように

固くなってしまいます。

 

食感が変わってしまうので、

冷凍には向いていません。

 

たまごを冷凍したい場合は、

薄焼き卵や、炒り卵にして冷凍保存するといいです。

 

そんな冷凍に不向きな食材でも、

調理の仕方で冷凍保存が◎できます。

レシピまとめてあります^^↓

関連記事:離乳食♪冷凍できないもの(食材)でも 調理の仕方で美味しく冷凍◎

 

離乳食を冷凍するときの注意点

 

手間がかかる離乳食作りですが、

冷凍することで、

 

忙しいときには、

大きな時短に繋がりますよね(*^-^*)

 

しかし、赤ちゃんが安心して離乳食を

食べられるように注意も必要です!

 

冷凍保存するときに、

気をつけておきたいポイントが

いくつかあるのでご紹介します。

 

自然解凍はしない

 

最近は、冷凍食品も自然解凍

できる商品が多く販売されていますよね。

 

しかし、

赤ちゃんの離乳食に限っては!!

自然解凍はおすすめできません!!

 

自然解凍をすると、雑菌などが

繁殖しやすくなってしまいます。

 

とくに、梅雨のジメジメした時期や、

気温の高い夏場は危険です!!!

 

解凍するときは、

電子レンジや鍋などで、熱を加えて

解凍するようにしてくださいね。

 

再冷凍はしない

 

これは離乳食に限らず、

どの食材でも共通して言えることです。

 

一度解凍したものを、再び凍らせると、

食材が傷んでしまったり、

栄養分が失われてしまいます。

 

そのため、一度解凍したら、

使い切るようにしてくださいね。

 

1週間~10日を目安に使い切る

 

赤ちゃんに与える離乳食なので、

冷凍しているからといって、

長い間保存するのはおすすめできません。

 

冷凍してから、1週間~10日を目安に

使い切るようにしてくださいね。

 

フリーザーバッグなどに入れて、

作った日付や食品名を記入しておくと、

わかりやすいのでおすすめです。

 

離乳食の冷凍保存におすすめの容器

 

 

食べる量が少ない赤ちゃんは、

離乳食も小分けにする必要があります。

 

離乳食を冷凍保存するときに、

「どんな容器にいれて冷凍すれば良いの?」

と悩むママも多いと思います。

 

お店やネットでも、

いろいろな商品が販売されていますが、

大きく分けて2種類の容器があります。

 

製氷皿タイプ

 

製氷皿は、通常氷をつくるものですが、

離乳食を冷凍するときにも大活躍♪

 

一度に少量を小分けに冷凍できるので、

離乳食の冷凍保存にピッタリなアイテム!

 

私の場合は、離乳食を凍らせてから、

フリーザーバッグに入れて保存していました。

 

シリコンタイプ

 

シリコンタイプは、

凍った離乳食をそのまま電子レンジで

解凍することができるのでおすすめ。

 

別の容器に移す必要もないので、

洗い物も助かります(*^-^*)

 

デザインやカラーも豊富なので、

赤ちゃんも楽しみながら食事できます♪

 

私の場合は、100円ショップにある

お弁当用のシリコンカップを

使っていましたよ(*^-^*)

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

離乳食作りは、すりつぶしたり、

ペースト状にしたりと、

結構手間がかかるものです(T_T)

 

家事・育児と忙しいママにとって、

回数が増えれば増えるほど大変です。

 

離乳食を作るときは、

多めに作っておいて、冷凍庫へ!!

 

たまには手を抜いちゃいましょう。笑

 

冷凍保存をうまく活用して、

ママの手作りの離乳食を、赤ちゃんに

食べさせてあげて下さいね(*^-^*)