妊婦のトイレ事情!便秘でいきむのは大丈夫?赤ちゃんに影響は?

妊娠中

妊娠すると、ママのからだは

出産にむけて大きく変化していきます。

 

赤ちゃんの成長とともに、

妊娠中の体にはさまざまな

トラブルが発生します(T_T)

 

そのなかでも、「便秘」

悩んでいるママはとっても多いです。

 

私も、妊娠中は便秘に悩まされて、

やっと出た(*^O^*)♪

と思ったら、

 

お尻が切れて

血が出たことも…。(>_<)

 

便秘で辛いとき、トイレに行くのが

ちょっと怖かったり…を体験しました。

 

便秘になってしまうと、

どうしてもトイレでいきんでしまうので、

 

妊娠中は、

  • 赤ちゃんに影響はないのかな?
  • 大丈夫かな?

と心配になってしまいますよね…。

 

でも、結構、

妊娠中に便秘で悩んでいるママは、

多いんです。

 

そこで、今回は、

  • 妊娠中に便秘でいきんでも大丈夫?
  • 妊娠中の便秘対策
  • 妊娠中に便秘になりやすい理由は?

について、まとめてみました!

 

スポンサーリンク

妊娠中に便秘でいきんでも大丈夫?

 

とくに便秘がひどいときだと、

いきみも力強い?

 

  • 赤ちゃんに影響はないか
  • 流産や、早産が心配

と、不安になりますよね。

 

基本的には、妊婦さんが排便時に

普通にいきむのは問題ないです。

 

しかし、臨月ごろになると、

子宮口が開いてくるので、

普通よりいきみ過ぎるのはよくありません。

 

できるだけ力をいれずに、

自然な形でスルッと出てくれるのを待ちましょう。

 

ですが、待ちすぎると、固まっちゃう…(>_<)

 

でも!

頑張り過ぎてはイケません。

 

痔に注意

 

トイレに、

長時間居座らない・いきまない!

 

ひどい便秘だと、長時間トイレに

こもってしまう妊婦さんも多いはず。

 

私も妊娠中は、

よくトイレにこもっていました…

 

夏場は、うちわ片手に

汗だくになったことも。笑

 

しかし、妊婦さんが長時間トイレに

こもってしまうのはよくありません。

 

いきまずに、座っているだけでも、

肛門付近の血管が圧迫されて、

血液がたまりうっ血してしまうことになれば大変です。

 

妊婦さんは、「痔になりやすい」と

よく耳にしませんか?

 

いきむことでうっ血がひどくなり、

痔に繋がってしまう可能性があります。

 

私も妊娠中、排便したときに何度か

出血したことがありますが、

 

最初は、どこから出血しているのか

わからず、すごく怖かったです(T_T)

 

私も、痔かも!!!!!

すぐに病院で相談し、痔と判明…

この体験からは、トイレにこもるのは、

長くても、5分まで!

 

長くなりそうなときは、

一旦切り上げて、

 

またトイレに行きたくなった時に

行くようにしていました。

 

妊娠中の便秘対策

私が実際にやっていた

便秘対策をご紹介します(^^)

 

水分をしっかり摂る

 

水分が十分に摂れていないと、

カチカチの便になりやすいです。

 

もちろん赤ちゃんのためにも、

十分な水分補給を心がけていました。

 

1日に2リットル以上、

夏場だと3リットルほど飲んでいました。

 

妊婦さんは汗をかきやすくなるので、

こまめに水分補給することが大切です。

 

冷たすぎる飲み物は、

お腹をくだす原因になるので、

常温の水やお茶がおすすめです。

 

水ばかりでは飽きるので、気分転換に、

ラズベリーのハーブティでリラックス♪

 

オリゴ糖

 

妊娠中の便秘について調べていると、

オリゴ糖がいいということが判明!

 

早速、通販で「カイテキオリゴ」

という商品を購入して試しました!

 

↓口コミ 5.000件超え

 

効果に個人差があるようですが、

私にはあっていたようで、

便秘にも効果がありました。

 

飲み物や、食べ物に

混ぜるだけでいいので簡単です♪

 

加熱もOKなので料理にも使えます。

 

レシピ本♪

 

ヨーグルトを食べる

 

私は毎日ヨーグルトを食べていました!

 

私のお気に入りは、

バナナ+プレーンヨーグルト

の組み合わせ。

 

果物をいれると満足感も得られます♪

 

ヨーグルトに、オリゴ糖を

いれると相性抜群ですよ(^^)

 

食物繊維を摂る

 

食物繊維には、

水溶性食物繊維不溶性食物繊維

の2種類あるのをご存知ですか?

 

この異なる食物繊維を

バランス良く摂ることで、

便秘にも効果が期待出来ます。

 

水溶性食物繊維は、腸内環境を

よくする効果があります。

フルーツ・昆布・こんにゃくなど

含まれています。

 

不溶性食物繊維は、胃腸の水分を吸収し、

便通を促す効果があります。

野菜・豆類・穀類などに含まれています。

 

適度な運動

 

安定期にはいると、

マタニティヨガやマタニティスイミング

など色々な運動が出来るようになるので

それらに挑戦するのもいいですね。

 

特別な運動が面倒だったとしても、

 

近所のスーパーに歩いていったり、

テレビをみながら、

ラジオ体操やスクワットしたりと、

 

少しの運動をプラスする意識を

もつだけでも違いますよ^^

 

無理のない範囲で、自分にあった

運動をみつけてみてくださいね。

 

また、妊娠中におすすめの運動について、

詳しくまとめた記事があります。

関連記事:妊娠中の運動はいつから始めるのがベスト?おすすめの運動をご紹介

こちらも参考にしてみて下さい^^

 

妊娠中に便秘になりやすい理由は?

 

たくさんのママが悩まされる便秘。

 

2~3日に一度でも便が出て、

すっきりすれば特に心配いりません。

 

しかし、

  • 1週間以上便が出ない
  • 2~3日に一度はでるが、残便感がある
  • すっきりしない・不快感がある

などの場合には、

便秘の疑いがあります!!

 

妊娠前は便秘じゃなかったのに、

妊娠をきっかけに便秘になる人もいます。

 

では、妊娠中に便秘を引き起こす

理由は何なのでしょうか?

 

ホルモンバランスの変化

 

妊娠すると、「プロゲステロン」という

ホルモンが増えてくるので、胃腸の働きが

低下してしまうんだそうです。

 

その結果、便秘に繋がってしまうんですね…

 

腸が圧迫される

 

ママのお腹は、赤ちゃんの成長とともに

どんどん大きくなっていきます。

 

子宮が大きくなることで、腸が圧迫され、

便秘になりやすくなってしまいます。

 

そのため、妊娠初期のころよりも、

中期・後期のほうが便秘がひどくなる

ママが多いようです(T_T)

 

食生活の変化

 

妊娠中の食事は、

つわりが酷く食事が偏ってしまったり、

食べ物の好みが以前と変わったりして、

食生活に変化がでてきます。

 

私は、油っこい物や、炭水化物、

マックのポテトが大好きでした♪笑

 

たしかに、そんなものばかり

食べていたら便秘になるのも納得かも…

 

運動不足

 

妊娠中は、運動不足になりがちです。

 

運動不足が原因で、

便秘を引き起こしている場合も。

 

ママの体の状態によっては、

安静が必要な場合もありますが、

 

赤ちゃんもママも順調であれば、

適度な運動をするのがおすすめです。

 

ヨガもおすすめですが、

簡単にラジオ体操だけでも、

たまには、やってみて下さいね。

 

適度な運動を癖にしておくと、

体重管理にも役立ちます♪

 

まとめ

いかがでしたか?

 

妊娠中の便秘は辛いですが、

たくさんのママが悩んでいることなので

あまり考えすぎない方がいいかもしれません。

 

いまの生活を見直してみて、

気になることがあれば、

改善してみてくださいね^^

 

病院で相談すると、

整腸剤などを処方してくれることもあるので、

 

あまりにもひどい場合は、

すぐに病院で相談してくださいね。

 

関連記事:妊娠中の運動はいつから始めるのがベスト?おすすめの運動をご紹介

こちらも参考にしてみて下さい^^