産後の外食はいつから? 赤ちゃんを連れて外食する際に気をつけたいこと。

産後

出産直後は外出も難しいから

ママは家にこもりっきりになりがち。

 

赤ちゃんがいる生活に

慣れてくるとそろそろ赤ちゃんを

 

連れてお出かけしてみようかな?

なんて思いませんか?

 

しかし、

  • 外でご飯食べても平気かな?
  • まだ早すぎる?
  • 授乳はどうしたら?
  • おむつ交換は?
  • 途中で泣き出したら?
  • ベビーカーごと入れる?
  • 他のお客さんに迷惑がかからないかな?

 

始めてのお出かけは、

何かと心配になりますよね。

 

最近では赤ちゃん連れに優しい

飲食店もかなり増えていますが、

 

やはり赤ちゃんを連れての

初めての外食は不安がたくさん。

 

 

赤ちゃん連れの外食で気をつける点や

持ち物などを確認しておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

産後、赤ちゃんを連れの外食はいつからOK?

 

まず、

産後赤ちゃん連れの外食は

 

みなさんいつ頃からなら

大丈夫と考えているのでしょうか。

 

産後1ヶ月は母子ともに安静に!

産後1ヶ月の赤ちゃんは

抵抗力がとても弱いです。

 

外に出て何か悪い菌を

もらってきてしまったら大変です。

 

また、ママも産後の体調が

万全とは言える状態ではありませんので、

 

産後1ヶ月くらいは母子ともに

自宅で安静にしているのが1番です。

 

上の子の保育園の

お見送りがある場合などを除いては、

 

ほとんどのママと赤ちゃんが1ヶ月検診で

始めて外に出ることが多いようです。

 

検診で問題がないと診断された後に

すぐに外食を始めるママもいるんだとか。

安心なのは首がすわる3ヶ月頃から!

3ヶ月頃になると

大体の赤ちゃんは首がすわってきます。

 

また、

授乳間隔や生活のリズムが

 

安定し始めますので

タイミングを合わせて短時間の

 

外食程度なら楽しむ事が

できるのではないでしょうか。

 

長時間の外食は

赤ちゃんに負担になってしまう

可能性があるのでなるべく避けたいですね。

 

7~8ヶ月頃、腰がすわって安心!

腰がすわって1人で

おすわりができるようになれば

 

ベビーチェアに座ることが

できるようになるのでさらに安心です。

 

店内が狭いとなかなかベビーカーごと

席まで移動するのが困難だったり

 

ベビーカー持ち込み不可の

お店もあったりすることが多いですが、

 

お座りができるようになれば

ベビーカーが必要なくなるので、

入れるお店の選択肢も増えますよ!

 

生後どのくらいで

外食デビューさせているのかは人それぞれ。

 

赤ちゃんとママの体調などに合わせて

良いタイミングでデビューさせたいですね!

 

赤ちゃん連れの外食におすすめなお店

赤ちゃんやママになるべく

負担をかけないようにするために、

 

赤ちゃんにもママにも

優しいお店を選びたいところ。

 

お店を選ぶ際には

どんなことに注意したら良いでしょうか。

 

赤ちゃん入店OKであるか。禁煙であるか。

赤ちゃんは

急に泣き出しりしますので、

 

中には赤ちゃんが

入店できないお店もあります。

 

まずは入店がOKであるかを

事前に確認しましょう。

 

また、

店内が禁煙であるかも大事なポイントです。

 

煙草の煙むんむんの場所に

赤ちゃんを入れないように注意しましょうね!

 

授乳室、おむつ交換台が近くにあるか

すぐに

授乳やおむつ交換ができるように、

 

店内や近くに授乳室やおむつ交換台が

あるかを確認するのも忘れずに!

 

デパートや大型商業施設の

飲食店フロアやベビー用品売り場は

 

かなり広めの授乳室やおむつ交換台が

設置されていることが多いので

 

月齢が浅い赤ちゃんを

連れている場合はかなりおすすめです。

 

中には授乳室の近くにキッズスペースも

用意されているところもあるので

ぐずりだしても安心ですよ。

 

ベビーカー入店・ベビーチェア

先ほども説明したように

まだお座りできない赤ちゃんは

 

ママが食事中はベビーカーに

寝かせておく必要があります。

 

中にはベビーカー入店不可の

お店もあるので注意が必要です。

 

また、狭い店内などでは

他のお客さんの椅子に引っ掛けてしまったりと

 

ベビーカーを席まで

持っていくのが大変なことがあります。

 

広い店内であるかも重要なポイントですよ!

 

また、

お座りできるようになった赤ちゃんの場合は

 

ベビーチェアが

あるかを確認してくださいね。

 

個室や座敷席があるか

個室であれば赤ちゃんが

多少騒いでしまっても安心ですよね。

 

授乳もしやすいですよ。

また、座敷の席であれば

 

お座り前の赤ちゃんを座布団の上で

寝かせておくこともできますし、

 

動き回ることができるので、

ぐずることも少ないです。

 

赤ちゃんへの負担を

軽減させることができますよ。

 

最近は居酒屋でランチライム営業を

やっているところも多くありますよ!

 

お値段もお手頃だし、

個室がたくさんあるのでおすすめです!

 

個室や座敷があるお店は

ランチタイムのママ達に大人気なので、

事前に予約しておくと安心です。

 

持ち込みがOKであるか

赤ちゃんがぐずって

しまわないために、

 

おもちゃ、おやつ、離乳食は、

必需品です。

 

また、離乳食を始めた赤ちゃんには

おやつや離乳食があると安心ですよね。

 

飲食店への食べ物の持ち込みは

基本的にマナー違反ですので、

事前にお店の方に確認しましょうね。

 

エレベーターがあるか

ベビーカーでの移動の場合は店内まで

エレベーターがあるかも重要なポイントです。

 

お店の入り口までの

移動手段が階段しかなかったりすると

 

ベビーカーを

持ち上げることになり大変ですし

 

危険ですので事前に確認が必要です。

大人だけだと気にしないところですよね。

 

意外と忘れがちなので注意!

 

これは必需品!準備持ち物リスト!

赤ちゃんを連れて外食する際に

持っていくべき物も確認しておきましょう。

おむつ、お尻拭き、おむつ替えシート

いつでもおむつ交換が

できるように余分に持ち歩くと安心です。

 

おむつ交換台の汚れなどが気になる場合は

おむつ替えシートが便利ですよ!

 

授乳ケープ、ミルク用品

万が一授乳室がなくても

授乳ケープがあると安心ですね。

 

また、店内は

冷房効きすぎている場合もありますので

 

冷え対策に

授乳ケープが役立つ場合もありますよ!

 

また、ミルクの赤ちゃんは

粉ミルクとお湯が必需品です。

 

おもちゃ

赤ちゃんが普段からお気に入りの

おもちゃを持っていくと良いです。

 

ベビーカーの中で

赤ちゃんがご機嫌よく遊んでいるうちに

ママは食事を楽しんじゃいましょう!

 

おやつ、離乳食

離乳食用のメニューは

用意されていないお店が多いです。

 

離乳食を始めた

赤ちゃんを連れていく場合には

 

事前に持ち込みが可能であるかを

確認しておやつや離乳食を与えてくださいね!

 

赤ちゃん用の食器やスプーンは

用意されているお店もありますが

 

普段使い慣れたものを持っていくと安心ですね。

 

ウェットティッシュ、エプロン

赤ちゃんの口や手が

汚れた時はもちろん、

 

赤ちゃんが手をのばして

料理をこぼしてしまった時などにも

ウェットティシュは役立ちます。

 

また、

離乳食を食べる赤ちゃんはこぼして

 

店内や服を汚してしまわないように

エプロンがあると安心ですね。

 

ベビーチェアベルト

お座りができるようになった赤ちゃんには

ベビーチェアベルトがあると安心です。

 

お店によっては

ベビーチェアがあっても

 

固定のベルトがなかったりする

場合もありますし、万が一、

 

ベビーチェアがなくても

大人用の椅子に赤ちゃんを固定することが

できるので持っているとかなり便利です。

 

赤ちゃんが椅子から落ちてケガをするのを防止できますよ!

 

ビニール袋

赤ちゃんとの外出時に

持ってて便利なビニール袋。

 

食べこぼしやおやつの包紙など

ゴミがたくさん出ても安心です。

 

たくさんのゴミを店内に

置いていくのは気がひけますよね…。

 

また、離乳食の

におい漏れ防止にも役立ちますよ!

 

赤ちゃんの月齢に合わせて

必要なものは忘れず持参してくださいね!

 

まとめ

赤ちゃんとの始めての外食ドキドキですよね。

 

ママにとっても赤ちゃんにとっても

良い気分転換になるように

 

事前の準備と下調べが肝心です。

楽しい外食になりますように。^^