夏になると気持ち悪くなる原因は?対策をしっかりして楽しい夏に!!

生活

私はもの凄く健康体なのですが、

夏の暑さには弱いです。

 

近年、異常気象も心配される中、

熱中症への警戒も高まっています…

 

  • 気分が悪い
  • 吐き気がする
  • 体がだるい

など、

 

夏になると、夏バテかな?

と思う症状が出る方も多いはず。

 

夏バテで、

体調不良を引き起こしてしまう原因の一つに、

「自律神経の乱れ」が考えられます。

 

そこで今回は、色々な原因と対策など、

  • 夏になると気持ち悪くなるのはこんなとき
  • 自律神経の乱れを改善する方法
  • 夏!自宅や外出先での体調管理
  • 夏バテに効果のある食べ物

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

夏になると気持ち悪くなるのはこんなとき

 

夏に限ってではありませんが、

  • 朝晩の気温の変化
  • 過ごしやすい気温

などに、

身体が対応できていないうちは、

 

内臓から気持ち悪くなることって、

よくある話です。

 

夏でいうと、

  • 寝苦しく睡眠不足の時
  • エアコンが効いていない場所

などの時、

 

のぼせる感じで、

気持ちが悪くなりますよね。

 

他にも、

  • 気温は高くないけど、湿度が高くてジメジメしている時
  • お腹は空いているのに、食べると気持ち悪くなってしまう

など、

 

ご飯が食べられなくなることも、

珍しくありません。

 

その原因として、

自律神経が乱れてしまっている可能性があります。

 

  • アイスクリーム
  • かき氷
  • 冷たいドリンク

など、

 

ついつい食べ過ぎたり、

一気にがぶ飲みしてしまったり、

するのも自律神経の乱れに繋がりますので、

 

水分は少しずつ、

こまめに摂ることをお勧めします。

 

自律神経の乱れを改善する方法

 

自律神経の乱れを改善する方法。

 

寝起きが悪いとき

 

夏の寝起きってどんな感じでしょうか?

 

朝は、昼間に比べて

比較的温度も低いのですが、

 

  • 前日の疲れがとれない
  • なんとなく体がだるい

など、

 

すっきり起きられない方も

多いのではないでしょうか?

 

 

私は普段から、

「質のいい睡眠」を心がけています。

 

質のいい睡眠とは、

 

ただ長い時間眠ればいい!

というわけではないんです。

 

 

脳と体がしっかりと休むことができて、

初めて「質のいい睡眠」といえます。

 

 

質のいい睡眠

 

①寝る直前のテレビやスマホ、パソコンの使用は控える。

スマホやパソコンなどの光は、

脳を覚醒させてしまいます。

 

テレビをつけていないとなんだか寝付けない…

という方も、

 

今日はテレビを消して、

部屋を暗くしてベッドに入ってみてください。

 

②湯船につかるときは、ぬるめのお湯が◎

 

寝る前に、

熱めのお湯(42度以上)につかったり、

長風呂をしてしまうと神経が興奮してしまいます。

 

ぬるめのお湯(36~38度)では、

深部体温をあげることができません。

 

一番ベストな温度は約40度になります。

 

シャワーで済ませている人も、

湯船につかることを心がけてみてくださいね。

 

③アロマオイル・入浴剤でリラックス

 

リラックスできる香りや、

お気に入りの入浴剤を使うのもおすすめ。

 

私は無印良品のアロマオイルを

使っていますが、

 

無印良品のディフューザーも、

シンプルなものなのでインテリアとしても楽しめます。

 

口コミ↓ 2万超え

 

 

入浴剤も、

種類が豊富にありますので、

迷いますよね。

 

個人的には、

夏にこそ使ってほしい清涼系のものや、

血行促進が期待できる炭酸ガス系の入浴剤が好きですね♪

 

入浴後は、

30分~1時間以内にベッドに入るのがベストです。

 

夏!自宅や外出先での体調管理

 

夏に大活躍のエアコンですが、

使い方ひとつで体調は大きく左右されます。

 

私は学生時代18度で、

ガンガンつけていた記憶があります(^_^;)

 

他にも、

 

食べ物や飲み物でも、

不調を招くことがありますので、

 

年を重ねに重ねてきた私が、

最近、気をつけていることをいくつかご紹介します。

 

自宅での体調管理

 

エアコンの温度は、

28度が望ましいとされています。

 

「そんなの全然涼しくならないんじゃない?」

 

私もそう思います。笑

 

でも、涼しくはならなくても、

快適には過ごせるかと。

 

我が家は暑がりな夫がいますので、

話し合いの結果、26度に設定してます。

 

28度や26度でも、

暑いなぁーっと、感じる時は、

 

サーキュレーターとの併用は、

とってもお勧めで、良いですよ♪

 

口コミ↓ 1.500超

 

サーキュレーターがない場合は、

扇風機でもOK!!

 

エアコンと、

サーキュレーターを併用する事で、

室内に効率よく風を送って、

 

「さらに」の快適さが追求できます。

 

エアコン単体より、

電気代もお得になるので、

 

お財布にも環境にも良くお勧めです♪

 

温度を下げる前に、

サーキュレーターや扇風機の併用!

一度試してみてくださいね。(^^♪

 

通勤中やオフィス、公共の場での体調管理

 

通勤中の電車の中やオフィス、

カフェやショッピングセンターなど、

 

街のいたるところで「冷え」を感じる場面も。

 

公共の場では、

自分で温度設定することはできません。

 

そんな時の対策としてまず服装が大切です。

 

インナーも丈が長めで、下腹まで

しっかりカバーできるものがいいです。

 

あとは、

 

ひざ掛けを用意したり、

カーディガンやストールを持ち歩くと、

 

脱ぎ着しやすいので体温調整がしやすいです。

 

急激な温度変化は、

自律神経が乱れる原因に

繋がるので気をつけましょう。

 

夏バテに効果のある食べ物

 

食欲がないときや気分が悪い時には、

普段のように、食べたり飲んだりできない場面が多いです。

 

夏バテには、

ビタミンやクエン酸などが

効果的なので積極的に摂るといいです。

 

夏バテに効果のある食べ物

 

  • ビタミンB1

糖質をエネルギーに変えるのを助けます。

豚肉、ハム、ベーコンなど

 

  • ビタミンB2

脂質をエネルギーに変えるのを助けます。

うなぎ、レバー、卵など

 

口コミ↓ 1.400件超え

 

  • ビタミンB6

タンパク質をエネルギーに変えるのを助けます。

にんにく、鶏肉、鯖、鯵など

 

  • クエン酸

疲労回復の効果があります。

柑橘類、いちご、レモン、梅干しなど

 

 

夏バテに効果のある飲み物

 

ブドウ糖が豊富に含まれる飲み物!

  • 甘酒
  • スポーツドリンク
  • トマトジュース

などが、おすすめです。

 

元気がないときには、

栄養ドリンクを飲むのもいいですね。

 

まとめ

 

夏は、海やプール、

バーベキューや花火大会など、

イベントがたくさんある季節です。

 

夏バテで体調不良となると、

  • 薬を買ったり
  • 病院に行ったり

余計にお金が掛かるし、

せっかくのイベントが楽しめないですものね。

 

そのためにもしっかり対策して、

今年は楽しい夏を過ごしてくださいね♪