妊娠後期になると眠れないのはなぜだろう原因と対策と私の体験談

妊娠中

妊娠後期になり、

いよいよ出産の準備も大詰めですね。

 

それに伴い、体の変化もあります。

 

妊娠後期・臨月になると

妊娠初期とは比べ物にならないほど

体が重く、外へ出歩くのも大変です。

 

そして、

夜眠れなくなるという症状が出てきます。

 

同じように眠れず辛い思いをしている方へ。

  • 妊娠後期に眠れない原因と対策
  • 眠れなくて辛かった私の妊娠後期の体験談

をご紹介させて頂きます。

 

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

妊娠後期に眠れないのはなぜ?

 

昼間は眠いんですよね。

かなりウトウトしてしまいます。

 

この勢いで寝られたらいいのに…

と思いますが、

夜になるとナゼか寝られない。

 

ナゼ寝られなくなってしまうのか?

原因をいくつか紹介します。

 

お腹が大きいため

お腹が大きくなるって

私は結構辛かったです。

 

「好きなように動けない」んですもの。

 

これってまぁまぁストレスでした。

物を落として拾うのも一苦労。

 

トイレが近い

 

  • 寝る体勢も横向きじゃないと寝れなくて腰痛
  • 靴を履くのも大変
  • 転ばないか非常に気を遣う

などなど、

 

お腹が大きいために膀胱も圧迫されて

トイレが近くなるんです。

 

端から見たら、

「もうすぐ出産だね」と微笑ましいような

妊娠後期・臨月ですが

私は、お腹が大きい事に対して

結構辛かったです。

 

胎動が痛い

びっくりするほど動くんです。

 

お腹の赤ちゃんも大きくなっているため

力も強く、激しく動きます。

 

お腹の中に、

約3キロの赤ちゃんがいるんですもの。

 

私は、度々びっくりして

「うわ」って言ってました。笑

 

母体の私の体が動くほど胎動があるんです。

 

結構痛かったです。(T . T)

 

お腹の張り

お腹が大きくて、

皮膚が引っ張られるのもありますが、

 

「さぁ寝よう」という時に、

お腹の張りが強くなってきたりすると、

 

不安になってしまって寝られない、

ということも度々ありました。

 

すぐに収まるので大丈夫でしたが、

 

「今日は動きすぎたかな」

「今日は歩きすぎたかな」

 

と1日の反省をしてしまいます。

 

ホルモンの影響

子供が生まれたら昼夜問わず

授乳のために起きなければいけません。

 

細切れ睡眠になるため

妊娠後期になるとその準備として

眠りが浅くなるんだとか。

 

ママになる準備を体がしているんですね。

 

突然動悸がする

動機は頻繁にありました。

 

妊娠後期になると血液量が

妊娠前の約1,5倍

必要になると言われています。

 

これが原因で、動悸が起こります。

 

急に胸が苦しくなって

ドキドキし出すんです。

 

これを知らなかった時は

ちょっと不安になってました。

 

本当にドキドキし出すんです。

 

血液量が必要となるため、

母体は貧血になることがあります。

 

出産に対する不安

予定日が近づいてくるに従って

陣痛の痛み、

 

  • どのタイミングで痛くなるんだろう?
  • 破水したらどうしよう…

と、考えてしまいますよね。

 

不安になってしまって、

夜眠れなくなってしまって…

 

これがストレスの大きな原因と

なってしまっているのかも。

 

初めての妊娠の時は、

特に、聞いた話…

漠然とした不安しかありませんものね。

 

妊娠後期・臨月は本当に

体が重くて大変でしたよ!

 

お腹が大きいって、

なかなか不自由なものです。

 

子供が生まれるという事は

とても嬉しい事ですよ!

 

しかし、

不安で寝られないし、足はつるし、

朝、起き上がれないし。

 

大変な思いをした妊娠後期。

でも、出産を経験したママたちは、

乗り越えてきています。

 

色々大変な妊娠期間ですが、

大丈夫!

 

赤ちゃんが産まれてきてくれたら、

大変だったことも良い思い出になります^^

 

妊娠後期に眠れない!を私はこうして乗り越えた

眠い時に寝る!

あ、眠れそう…を感じたら、

  • そのまま目をつぶる
  • ゆっくり深い鼻呼吸をする

 

妊娠後期・臨月となれば

正直いつ何があるかわかりません。

 

寝れるなら寝てしまおう!

の精神で(笑)

 

少しでも睡眠時間をとれることができれば

かなりストレスは改善されます。

 

このことでストレスが軽減され、

さらに夜も眠れた時は、

朝、スッキリしていて本当に幸せを感じれたな~♪

 

抱き枕を使う

これは、腰も足も…身体全体が本当に楽でした!

 

お腹が大きいので、横向きに寝ますが

重力でお腹もかなり引っ張られてしまうんですよね。

 

なので、お腹の下に抱き枕や

クッションなどを置いて寝ると、

お腹が引っ張られなくて寝やすくなりました!

 

足がつるなら、カリウムを摂る!

実は、カリウムって妊婦には

大切だと思うんです。

 

カリウムは、むくみ解消にもなるし、

摂りすぎた塩分を尿として排出してくれるんです。

 

そして、

足がつるのを改善してくれるんですよ!

 

 

私は普段のお茶はノンカフェインタンポポ茶を飲んで、

食事ではカリウムの多い野菜の摂取を頑張っていました^^/

  • アスパラ
  • トマト
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • ごぼう
  • レンコン
  • キャベツ
  • キュウリ
  • きのこ
  • 海苔
  • 納豆 

などなど、

たくさんの食品にカリウムは含まれています。

 

 

どれも摂りやすい野菜ばかりなので

意識して摂ってくださいね^^/

 

楽天などでも、タンポポ茶の口コミはもの凄く良いですね!

 

できる範囲で運動する!

私は、散歩をしてみたり、

お家で安産ヨガをしていました。

 

妊娠後期・臨月ともなれば

あまり家から遠くに離れられないので

近場でちょっとした買い物や

散歩をしていました。

 

気分転換になって、いい運動にもなります。

 

雨の日や、今日はお腹が張ってるな

という日は、体調をみて、

 

ヨガや出産後の入院に備えて、

旦那が1人でやっていけるように

色々準備をしていました。

 

好きなことをする!

私は、出産したらこれはできないな!

ということを、時間の有り余る妊娠中にたくさんしました。

 

  • 好きな映画をいっぱい観る
  • 好きな音楽を音量上げて聴く
  • 好きな食べ物を食べる

などなど、

好きなことを許される限りでワガママに(笑)

 

ストレス発散しないと!です^^

 

寝たいときに寝て、たまに散歩して

映画や音楽を聴いて、かなり好き放題をしていた妊娠後期でした。

 

 

許される限りのワガママは、

ストレスが発散されて、

 

いつくるか分からない

破水、陣痛、出産に対しての、

不安や怖さに怯えることなく、

成るように成るさ~という気持ちになれました。

 

そうすると、不安が小さくなって

眠れるようにもなりましたよ^^

 

 

開き直りは大切ですね( ̄∀ ̄)うふ

 

まとめ

 

ここまでは、「私は!」

の体験談をお話させていただきましたが、

 

どうしても眠れそうにないなら

早めに病院で相談してみて下さいね。

 

出産という大一番に、

寝不足で体力不足…では、

色々心配ですものね!←またこれがストレスに…(>_<)

 

妊娠後期に眠れなくなってしまうのは、

生理的な現象で、何も病気ではありません。

 

たくさんの先輩ママさんも、

妊娠中に眠れなくて悩んでいた時期があります。

 

出産に備えて体力温存のためにも、

ご紹介した対策をいくつか試してみてくださいね!

 

無事に元気な赤ちゃんが産まれてきてくれますように。