こんなはずじゃ…後悔した子供の名前

妊娠中

子供の名前を考えるのって

ワクワクしますよね!

  • こんな漢字を使いたい
  • こんなイメージの名前にしたい
  • こんな意味を持つ名前にしたい
  • 生まれた季節の表す名前にしたい

など、

親の希望はどんどん膨らみます!

 

でも、実際に考え始めると、

  • 夫婦で意見が合わなかったり
  • 姓名判断で悪い結果がでてしまったり
  • 苗字とのバランスが悪かったり
  • 漢字が決まらなかったり

と、なかなか難しいものです。

 

 

名前は一生ものですから、

良い名前をつけてあげたい!

 

 

と、思えば思うほど、

頭を抱えることに…

 

実際に、子供の名付け後に、

後悔している人もいるようです。

 

後悔しない名前選びのためには、

どのようなことに気をつければ良いでしょうか。

 

スポンサーリンク

子供の名前付けで後悔したこと

 

まず、

どんな事に後悔しているのか!

実体験をみてみましょう。

 

正しく読んでもらえない

漢字が難しすぎたり、

日常漢字ではあまりそうは読まない

漢字を使用したりで、

 

「なんて読むんですか?」

 

と、質問されたり、

間違えて呼ばれることが多かったり。

 

初対面の人へ、

いちいち説明するのが面倒だったり、

子供が大きくなって間違えて呼ばれることに、

 

不満を言うようになったりする。

ことなどで、後悔する方が多いよう。

 

名前を間違えると、

呼んだ方も呼ばれた方も

良い気持ちにはなりませんよね。

 

キラキラネームなんてのも

良く耳にしますが、

 

あまり珍しい読み方をする漢字や、

極端な当て字は避けた方が良いという意見は多いです。

 

見た目で男の子か女の子かわからない

男女平等の時代ですから、あまり

気にしない人も多いかもしれませんが、

 

保育園などに入園した際に、

 

女の子なのに、

男の子の色分けがされていた

男の子グループに間違えて名前が入っていた

など、

実際は後悔している人も多いみたいです。

 

もちろん、男女どちらにも

使える名前はありますが、

 

男の子には男の子らしい名前

女の子には女の子らしい名前

 

が、無難なのかもしれません…。

 

苗字との相性

名前ばかりに気をとられて、

いざ苗字と繋げた時、

  • 読みにくい
  • 変な意味に読むことができる

などで、

後悔している人もいるようです。

 

具体的には、

「ひろせ ひろむ」など音がダブったり

「たかつ つかさ」など

 

か行や、た行が多すぎて、

発音しにくいなんてことがあります。

 

また、

「はら まき」→腹巻

「おおば かなこ」→大バカな子

のように、

 

苗字とつなげると、

変な意味になってしまう場合も!

 

また、

漢字にした時のバランスも大切です。

 

決定する前に苗字との相性も

しっかりと確認しておきたいですね。

 

イニシャルが変な意味に

名前を考える時に、

イニシャルまで考える人は少ないと思います。

 

いざイニシャルを書いてみたら、

 

  • WC→トイレ!
  • KY→空気読めない!
  • ET→宇宙人か!

 

なんてことで、驚いて後悔した人も。

 

漢字の意味を知らずにつけてしまった

響きや画数に気をとられて、

本来の漢字の意味を知らずに、

名前を付けてしまったという意見も…

 

後から調べたら、

その漢字の持つ意味が

あまり良いものではなかったり、

 

名前に付けるには、

不向きと言われている漢字もあります。

 

古風な名前にしすぎた

今はキラキラネームも多くて、

逆に古風な名前の方が被らなくて、

良いのではと考える人も多いよう。

 

しかし、

ちょっと古風にしすぎて、

おじいちゃんみたいと言われて

後悔している人もいるようです。

 

漢字を欲張りすぎた

「愛」「姫」「美」など、

可愛らしさをイメージさせる漢字や、

 

画数が多い漢字を多用しすぎて、

書きずらかったり、

なんだか恥ずかしくなってきたという人も。

 

使いたい漢字が、

たくさんあるのはわかりますが、

欲張りすぎも良くないようですね…。

 

姓名判断が悪い結果だった

イメージやつけたい漢字を優先し、

画数をまったく考えないで付けた結果、

 

後から姓名判断をしてみて、

悪い結果が出てしまいどうしよう…

と、後悔している人もいるようです。

 

画数や姓名判断は、

気にし始めたらきりがありませんが、

 

いつも日にか、気になった時に、

後悔しても遅いので、

 

決定する前に、調べてみては?

無料で簡単に調べられるサイトもありますのでね^^

 

ただし、

いろんな本やサイトで、

書かれていることが異なる場合も多いので、

惑わされすぎは良くないです。

 

兄弟、姉妹で似た名前をつけすぎた

兄弟、姉妹で、

似た名前や同じ漢字を使用するといった場合、

似すぎていて、

よく名前を間違えて呼ばれるなんてことも。

 

子供は名前を間違われることを嫌がります。

 

おじいちゃん、おばあちゃん、

学校の先生に呼び間違えられて、

子供がかわいそうと後悔することも。

 

名付けた本人である親でさえ

間違えてしまうことも…。

 

子供の名前を決める際のポイント

子供の名前付けで後悔しないために、

気をつけるポイントは何でしょうか。

 

どんな人にも受け入れやすい名前を

親は良いと思っていても、

  • 将来大きくなった子供がどう思うか
  • 周りの人がどう思うか

なども、

考えるようにすることが大切です。

 

将来子どもから、

「なんでこんな名前にしたの?こんな名前嫌!」

と、

言われてしまったらショックですよね。

 

もちろん子供の名前は、

親が決めて良いとは思いますが、

 

大体の候補が決まったら、

1度、自分の両親や周りの意見も

聞いてみてはいかがでしょうか?

 

小さな子供の時だけではなく、

名前は一生付きまとうものですから、

どんな人からも受け入れやすい名前に

することは重要なポイントです。

 

譲れないポイントを明確にしておく

 

  • 画数や姓名判断を重視するのか
  • 付けたい漢字を重視するのか
  • 音の響きを重視するのか

 

譲れないポイントを、

夫婦で話し合って明確にしておくと、

悩まずに済みますし、

 

意志が固まっているので、

後悔も少ないと思います。

 

姓名判断も大吉で、

漢字も音の響きも理想通り!

とは、なかなか いかないですものね。

 

姓名判断も、

女の子だから名前の画数だけ気にする!

とか、一部に絞って考えている人も多いようですよ。

 

名前の候補は余裕をもって考えておく

生まれてから直感で決める!

なんて人も中にはいるみたいですが、

 

生まれてから焦って決めると、

気づかないことも多く、

 

呼びにくかった!

などと、後悔することに

なってしまうかもしれません。

 

実際に決定するのは、

生まれてからでも良いですが、

安定期や産休に入ってから、

時間がある時に、

候補は何個か絞っておきたいですね。

 

実際に紙に書いてみる

候補が決まったら実際に紙に

フルネームを書いてみてください。

 

苗字とのバランスはおかしくないか

画数が多すぎないかなどが確認できます。

 

思いつく名前候補を書いてみたら、

ほとんどに同じ「ヘン」が入っていた!

 

似たような漢字を使いすぎていた!

なんて事もあるかもしれません。

 

また、

声にだして発音してみて、

呼びにくくないかも確認しておくと

良いかもしれませんね。

 

名前によっては声に出したと時に、

上の子と聞き分けがつきにくく、

紛らわしいなんてこともあるかもしれません。

 

夫婦2人がきちんと納得した名前を

どちらかが意見を押し通した

名前をつけてしまうと、

 

「やっぱりあの時反対しておけばよかった」

と、後悔する時がくるかも?

 

少しでも反対ポイントがあった場合は、

きちんと意見し、

 

よく話し合って、お互いが、

納得しあえる名前を付けてあげてくださいね。

 

子供から、

「どうしてこの名前にしたの?」

と聞かれたときに、

 

「私は嫌だったけど、お父さん(お母さん)が譲らなかったから」

なんて話は聞きたくないはずですものね。

 

まとめ

子供の名前をつけるのって、

本当に難しいですよね。

 

悩めば悩むほど、

わからなくなってくるんです。

 

でも、

親が愛情を込めて考えた名前は、

きっと子供も気にってくれるはずです。

 

将来子供が、

自分の名前に自信が持てるように、

後悔しない名前選びをしたいですね。

 

名前は、

子供への1番最初のプレゼントです。

 

最高の名前をプレゼントしてあげて下さいね!