赤ちゃんが緑色のうんちをしちゃった!下痢もしているけど大丈夫?

産後

赤ちゃんのうんちは、回数も多く、

オムツ替えも数時間おき。

 

そんな中、

普段のうんちの色と、

違う うんちが出てしまったら!

 

「何かの病気?」

と、焦ってしまいますね。

 

とくに緑色なんて、

大人の便ではあまり見ないから、

余計にびっくりしてしまうかと思います。

 

しかも、

赤ちゃんが下痢までしていたら、

なおさら心配!!

 

今回は、

  • 緑色のうんちは大丈夫?
  • 下痢もしているけどどうすればいい?
  • 受診した方がいい場合は?

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

緑色のうんちは大丈夫なの?

赤ちゃんの健康なウンチの色には、

バリエーションがあり、

 

黄色はもちろん、緑色も

健康なうんちの色なんです。

 

基本的に、

母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんの

うんちは、黄色が多いです。

 

母乳には、

肝臓で作られる胆汁に含まれる

ビリルビンという成分が含まれていて、

 

この色素がそのまま出るため

うんちが黄色になります。

 

また、

赤ちゃんが母乳やミルクを飲むときに、

たくさん空気を飲み込んでしまうと、

 

ビリルビンが腸内でたくさんの空気に触れ

酸化するため、緑色に変化します。

 

我が家の子供も赤ちゃんの頃は、

よく緑色のウンチをしていて、

 

母子手帳に、

相談事として記載されています(笑)

 

たくさん母乳やミルクを飲む子で、

空気もいっぱい飲み込んでいたのです。

 

酸化するといっても、

健康被害があるわけでもなく、

心配する必要はないので安心してくださいね!

 

下痢もしているけど、どうすればいい?

赤ちゃんはまだ消化器官が未発達なため、

下痢のような軟便が出ることは良くあることですよね。

 

そのため、

ただの柔らかくて、ゆるいうんちなのか、

原因がある下痢なのかを判断しなければいけません。

 

水分をたくさん取ってしまったり、

離乳食をいっぱい食べた場合でも下痢はします。

 

母乳やミルクなど、

液体しか飲んでいない時期ほど、

ゆるめのウンチが多いわけですが、

 

普段より明らかに水っぽい状態で

回数も多ければ下痢の可能性が高いです。

 

ただ下痢をしていても、

 

他に症状がなく、

機嫌も良く食欲もあるのであれば、

心配せず様子を見て大丈夫です。

 

もし下痢以外にも、

発熱や嘔吐など症状があったり、

機嫌が悪い場合は、

 

ウイルスや細菌が原因の胃腸炎に

なっている可能性があります。

 

その他にも原因が隠れているかも

しれないので、

 

その際は、

お医者さんに診てもらいましょう。

 

受診した方がいい場合は?

 

うんちの色

もし、うんちの色が、

黄色や緑色ではなく、

 

赤色や黒色、白色の場合は、

下痢をしていなくても早急に受診が必要です。

 

赤色はトマトなどを食べた場合に

出たりもしますが、

 

赤色、黒色は、

腸内からの出血が疑われますし、

 

白色や灰色は、

ウイルス性の胃腸炎の可能性もあります。

 

白色で有名な胃腸炎は、

ロタウイルス胃腸炎です。

 

他にも、

アレルギー性胃腸炎や

細菌性胃腸炎などありますが、

 

ウイルス性胃腸炎は、

感染力が強いので、

 

家族や周囲の人に、

うつらないよう注意しなければいけません。

 

オムツ替えやお世話をしたあとは、

せっけんで手を洗い、消毒をしましょう。

 

また、下痢によって、

赤ちゃんのお尻がかぶれる場合があります。

 

ウェットティッシュで拭くだけでなく、

シャワーなどできれいにしてあげましょう。

 

 

発熱・下痢

ロタウイルスなどのウイルス性胃腸炎は、

特効薬がなく、

 

解熱剤や整腸剤を処方されて、

様子を見るのが一般的ですが、

 

脱水症状を起こしていたり、

勝手に素人判断してはいけないので、

 

必ず受診するようにしましょうね。

 

また、

赤ちゃんの体調や機嫌も悪く、

発熱や嘔吐などの症状も出てきてるかと思います。

 

だいたいウイルス性の胃腸炎のときは、

下痢と一緒に発熱も伴います。

 

まず確認することは、

  • 体温を測る
  • ウンチの回数や色、形状、においを確認、観察する。

 

もし可能なら、

うんちの回数や色などのメモの他に、

写真を撮っておくと先生に伝わりやすいです。

 

あと、

うんち後のオムツを、

ビニール袋に入れ、口をしっかり閉じ、

先生に見せるのもお勧めです。

 

嘔吐

嘔吐しているときは、

状況や頻度を記録・把握しておく。

 

何回くらい吐いたか!

あとは、

  • 突然吐いた
  • 授乳後、噴水のように吐く

など、

 

吐いた時の状況を、

説明出来るようにしましょう。

 

水分補給が可能か確認

嘔吐しているときに、

大量の水分を与えるのはNGです。

 

少しずつ水分を与え、

赤ちゃんが水分を飲めたかどうかの

確認をして、

 

どれくらいずつ飲んだのか、

医師に伝えるといいですよ。

 

その他にも、

  • いつもと違うものを食べたり飲んだりしたか
  • おしっこの回数
  • 投薬したか
  • 周囲に似た症状の人はいるか

なども、

伝えるようにすると、

 

何が原因で赤ちゃんの調子が悪いのか、

分かりやすいです。

 

まとめ

 

母子手帳と共に、

「便色カード」というのが、

無かったですか?

 

この画像は見本です。↓

 

 

 

緑色のうんちが出たり、

下痢っぽい感じでも、

 

赤ちゃんが機嫌良かったり

普段どおりだったら、

落ち着いて、様子見をして良いかと思います。

 

赤ちゃんのうちは、

うんちの色でも体調を把握することになるので

うんちの色は、しっかりと見ておいて下さいね^^

 

うんちの色の変化は、

食べ物の影響もあったりするので、

 

いつもと違う色のうんちでも、

焦らず、離乳食など、

口にしたものを思い出して下さいね。

 

しかし、

うんちの色がいつもと違い、

機嫌までも悪いとなると、

心配です。

 

様子見も、アリですが、

早めに受診した方が赤ちゃんのためですし、

お母さんも安心できます。

 

病気の可能性がないか、

しっかり確認する為にも、

 

早めの受診をお勧めします。