出産後のお腹はいつ戻る?へこまない理由って何?!原因と対策

産後

ぽっこりお腹はいつ戻る?

出産後にお腹がへこまない理由とは?

 

妊娠中に大きくなったお腹。

女性としては、早めにどうにかしたい!

 

中には、産後1ヶ月くらいで

元のサイズに戻ったという人もいる

けれど、そんなに簡単に戻らないのが現実…。

 

妊娠中に大きくなったお腹が

なかなか戻らないというあなた。

実はなかなか戻らない

ぽっこりお腹の原因はいくつかあるんです。

  • 子宮の収縮に時間がかかっている
  • 骨盤が緩んでいる
  • 産後の運動不足
  • 育児中の姿勢の悪さ
  • 食べすぎている

 

原因を学んで、できるだけ早く

元のスタイルに戻したいですね!!

 

スポンサーリンク

出産後のお腹がへこまないのはどうして?考えられる5つの原因。

①子宮の収縮に時間がかかっている

出産して赤ちゃんがお腹から出ても

お母さんのお腹がふっくらしたままなのは、

 

妊娠中に大きくなった子宮が、

すぐには小さくならないためです。

 

妊娠すると子宮は、

妊娠前の約5倍もの大きさになるんだとか。

 

10ヶ月かけて徐々に大きくなった子宮ですから、

そう簡単には元の大きさには戻りません。

 

なかなかお腹がへこまない人は

子宮の戻りが遅いのかもしれませんね。

 

②骨盤が緩んでいる

お母さんの体では、妊娠4ヶ月以降から、

骨盤をつないでいる「靭帯(じんたい)」

を緩めて、出産に向けて準備をし始めています。

 

その靭帯の緩みは、産後、

元の硬さに徐々に戻っていきますが、

 

しっかりと対策をしていないと内臓が

下がってきてしまい、

 

骨盤に、内臓が

乗っかるかたちになってしまいます。

 

そうなると内臓が邪魔をして、

骨盤も元の大きさに戻ることが

できなくなってしまいますよね。

 

そのぽっこりお腹は、

下がってきた内臓が原因かもしれません。

 

③産後の運動不足

産後すぐはお母さんも赤ちゃんも

安静にしているように言われます。

 

あまり外出しないですし、旦那さんや母親に、

家事を手伝ってもらうことも多くなりますから、

動いている量は出産前に比べてかなり減っているはず。

 

さらに、

出産によりお腹周りの筋肉も弱っています。

 

筋肉量が低下すると、

エネルギーの消費も落ちますので、

 

なかなかお腹まわりの脂肪が

落ちてくれないのも無理ないですね。

 

④育児中の姿勢の悪さ

授乳中や抱っこ中は、

自分では気づかないうちに猫背になりがちなんです。

 

出産前には姿勢が良かった人も

子育てによって猫背になってしまった人も多いそうですよ。

 

授乳、抱っこの他にも沐浴やオムツ替えなどで

育児中は前かがみの姿勢が多くなりがちですよね。

 

猫背の姿勢を続けていると

お腹まわりの筋肉が緩み、

脂肪を蓄積してしまうんだそう。

 

また、猫背は血流も悪くするので、

代謝を低下させ、脂肪燃焼を妨げてしまう恐れにも!

 

⑤食べすぎている

母乳をあげている間ってお腹空きますよね。

 

赤ちゃんのために、お母さんが

たくさん栄養を摂ることは大切ですし、

食べても太りにくいですが、食べすぎは禁物です。

 

特に甘いスイーツなどは

母乳を詰まらせる原因にもなりかねません

ので、ほどほどに。

 

授乳が終わっていても

授乳時と同じ量を食べてしまったり、

 

今まで我慢していた

お酒を飲みすぎてしまったりして

体型が戻らないなんてこともあります。

 

気をつけたいですね…。

 

また、慣れない育児によるストレスから

食べすぎてしまうお母さんも。

 

別のストレス発散方法を見つけたり、

旦那さんやご家族に手伝ってもらいながら

なるべくストレスを溜め込まないようにしたいですね。

 

出産後、早くお腹をへこませたい!簡単な対策

子宮が大きくなってしまっているのは

仕方がない。

 

でも、

できるだけ早く体型を戻したいですよね。

産後にできる簡単な対策はあるのでしょうか。

 

骨盤ベルトで緩んだ骨盤をケア!

骨盤ベルトは産後に開いてしまった骨盤を

元に戻すサポートをしてくれます。

 

何もせずに自然に戻るのを待つより、

ベルトをすることで、戻りが早くなったり、

しっかりと元の位置に骨盤を戻すことができますよ。

 

骨盤ベルトには、

  • ベルトタイプのもの
  • 履くだけのガードルタイプのもの

などがあります。

 

いろいろなメーカーから販売されていますので、

出産前からリサーチしてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに私のおすすめは

「トコちゃんベルト」

 

 

少しお値段は高いですが、

妊娠中から腰痛ケアに使えますし、

多くの産院でも推奨されているベルトです。

 

腹筋 エクササイズ(2種)

産後の運動不足解消のため腹筋エクササイズ

 

たるんだお腹を元に戻すには、

お腹まわりの筋肉をつけましょう!

 

育児中に少し工夫するだけで

腹筋エクササイズが可能ですよ!

 

①授乳中のながらエクササイズ

  1. 椅子やソファに姿勢良く腰掛ける
  2. おへそに力をいれて30秒間へこませる
  3. ゆっくりと息を吐きながら元に戻す

 

これを10回程度繰り返しているだけでも

十分に腹筋を鍛えることができます!

 

赤ちゃんにおっぱいをあげながら

試してみてください。

 

②腹式呼吸を意識したエクササイズ

  1. お腹が膨らむように思い切り息を吸い込む
  2. 5秒ほどそのまま息を止める
  3. お腹をへこませるようにゆっくりと息を吐く
  4. お腹をへこませた状態でしばらくキープする

 

これを10回程度繰り返します。

産後の入院中でもベッドの上で行うことができます。

 

普段から正しい姿勢や腹式呼吸を

意識して生活するだけでもだいぶ変わります。

 

なお、産後1ヶ月間は安静にする必要があるので、

無理な運動や激しい運動は控えるようにして下さいね。

 

腹筋を鍛えるのは、体調が戻ってから!

でも遅くありませんから安心してください。

 

母乳育児

赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、

お母さんの体からは「オキシトシン」

というホルモンが分泌されます。

 

このオキシトシンには、

子宮の収縮を助けてくれる効果があるんだとか。

 

そのため、ミルク育児よりも

母乳育児をしているお母さんの方が

子宮が元のサイズに戻っていくのが

早い傾向があるそうです。

 

初めのうちは、

おっぱいを吸われると子宮のあたりが

きゅーっと痛くなる人も多いですよね。

 

大きくなった子宮も、

お腹がへこまない理由の1つですので、

収縮を助けてくれるのは嬉しい効果ですよね!

 

また、お母さんが母乳を作り出すのには、

多大なエネルギーを消費しますので、

お腹についた余分な脂肪も落としやすくなります。

 

食生活

先ほどもお話したように、

母乳育児はエネルギーを消費するので、

お腹が空きやすいのです。

 

そして、

食べても母乳となり赤ちゃんに栄養がいくので

太りにくくもなります。

 

しかし、だからといって

甘いものや脂肪分の多いものを好きなだけ

食べて良いというわけではありません。

 

そのようなものを過剰に摂取すれば、

もちろん脂肪はつきやすくなります。

 

赤ちゃんにも良くありません。

 

ただし、ダイエットといって

食事量を極端に減らしたりするのは、

お母さんも赤ちゃんも栄養不足になって危険です。

 

母乳の出も悪くなってしまいますしね。

 

妊娠中から食事の栄養バランスには

気をつけていたお母さんも多いと思いますが、

産後も引き続き栄養バランスの摂れた食事を心がけましょうね。

 

母乳にも良く!

ダイエット効果のある食材!

 

としてオススメなのが、

  • 根菜類
  • 海藻
  • 豆腐
  • 白身魚

 

脂分の多い肉よりも「豆腐や魚」で

たんぱく質を摂取する工夫をする

ことをお勧めします。

 

また、

おやつには

スイーツの代わりに、

「おにぎり」がお勧めです!

 

よく噛んで食べることも

食べ過ぎの防止につながります。

 

また、

ストレスでついつい食べすぎてしまう!

という方には、

 

音楽を聴いたりするなど

食べる以外のストレス発散方法を

見つけたり、

 

周りの人に相談したりしながら、

上手にコントロールできると良いですね!

 

でも、

たまにはご褒美に甘いスイーツも食べて無理せずに…

 

保湿

保湿でたるんだお腹の皮膚を引き締める

 

妊娠中に伸びきったお腹の皮膚を戻すためには、

保湿をすることがとっても大切なんです。

 

妊娠中から、

妊娠線防止用のクリームやオイルを

使用していた方も、多いですよね。



産後も引き続き同じものを使用するか、

さらに保湿力の高いボディクリームにしてみたり。

 

クリームやオイルを塗りながら

お腹をマッサージすることで、

  • 浸透力が高まったり
  • 新陳代謝を上げる効果

がありますので、

 

ぜひ、

面倒でもマッサージしながらの保湿を続けて下さいね!

 

まとめ

 

産後のお腹がすぐにはへこまないのは、

子宮の広がりや骨盤のゆがみなどいくつか原因があります。

 

10ヶ月もお腹の中で赤ちゃんを育てていたのですから、

すぐに元には戻らないのは当たり前…

 

焦るけど、焦らずに、ゆっくりと

元に戻すしかないですよね。

 

産後に正しい対策をすることで、

早く!綺麗に!戻すことが可能になります。

 

ぜひ、試してみてくださいね^^/