神社に参拝へ行く時の服装!普段の参拝と正式参拝の違い

年間イベント

神社に参拝する時の

「服装」って何でもOK?

 

例えば、七五三やお宮参りなど

正式参拝で神社を訪れる場合は、

  • 着物
  • ワンピース
  • スーツ

などの正装が1番に頭に思い浮かびますよね。

 

しかし、初詣や旅行先でのお参り!

といった普段の参拝の場合は、どうでしょう?

 

一般的には、普段の参拝時の服装は、

特に決められてなく、正装でなくても、

「常識の範囲内の普段着」でOKということになります。

 

ただし、特に決まりがないといっても、

服装について気をつけておきたいポイントがいくつかあります。

 

今回は、

  • 正式参拝と普段の参拝の服装の違い

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

神社に正式参拝に行く時の服装

「正式参拝」ってご存知ですか?

 

正式参拝とは、

神社に玉串料(初穂料)というお礼をお渡しして、

厄除けなどのお祓いや、ご祈祷をお願いすることをいいます。

  • 七五三
  • お宮参り
  • 厄除け
  • 商売繁盛
  • 交通安全
  • 家内安全
  • 結婚
  • その他

など、お願い事の種類はたくさんあります。

 

正式参拝は、

服装に気を付けなければなりません。

 

というのも、

実際に私の友人が、遠方まで正式参拝に行った際、

予約していたにも関わらず正装でないため断られた!

という経験をしています。

 

正式参拝に行かれる際には、

特に服装に注意して行くように心がけてくださいね。

 

正装について

普段の参拝では、特に服装に決まりがないものの、

正式参拝は「正装」が基本とされています。

 

ここでいう正装とは、スーツです。

 

男性の場合 

 

スーツの色は、

黒や紺が望ましく、明るいグレーは避けたほうが良いです。

 

中に着るシャツは、

一般的な白のシャツがいいとされています。

 

ネクタイは、

派手すぎるデザインでなければ、

特に決まりはありません。

 

女性の場合

 

スーツかフォーマルウェアが望ましいとされています。

スカートでもパンツスタイルでも、どちらでもいいです。

 

 

靴について

男性の場合は、

スーツに合わせて革靴。

 

女性の場合は、

シンプルなローヒール。

 

神社に一般的な参拝に行く時の服装

初詣や旅行先での参拝など、

一般的な参拝は、基本的に普段外出する服装で大丈夫です。

 

ただし、神様に失礼のないよう、

3つのポイントに気をつけて

服装選びをするように心がけるといいと思います。

 

①露出を控えた服装

これからの季節、気温もどんどん上がり、夏本番がやってきます。

特に若い方は、露出が多い服装をされる機会が多くなってきます。

しかし神様にお願いするにあたって、露出が多い服装は好ましくありません。

 

例えば...

男性だと、タンクトップや短パンなど。

女性だと、タンクトップやノースリーブ、短パンや膝上の短いスカートなど。

 

参拝の際は、なるべく露出を控えるように心がけて、

 

男性であれば、

ズボンは長ズボンや七分丈の物を。

タンクトップの上に上着を羽織るか、半袖のTシャツを。

 

女性であれば、

タンクトップやノースリーブの上にカーディガンなどの羽織りものを。

短パンは避け、スカートは膝下の長めの丈にする。

 

②帽子やサングラス

これからは夏本番ということで、

暑さ対策で帽子をかぶったり、

サングラスをかけられる方も多いと思います。

 

神社に参拝に行く際に、

帽子やサングラスを身につけるのはOKですが、

境内に入ったらなるべく帽子は脱ぐように、

サングラスは外すようにする。

 

③高いヒールやサンダル

高いヒールでもサンダルでもブーツでも、

正式参拝で無い場合は特に決まりはありません。

 

ただ、カジュアルすぎるので

控えたほうがいいという意見はあるようです。

 

まとめ

正式参拝に行く機会って、

そうそうないかも知れませんが、

 

正式参拝では、服装に気を付けないと、

せっかく出向いて行っても、

境内にあげてもらえない場合もありますので、

正装して行って下さいね。

 

次の記事では、神社へ参拝に行く際の

作法や参拝時間などをまとめてみました。↓

神社にお参り!作法や参拝時間 お賽銭の金額の意味