始めよう家庭菜園!夏に種まきができる野菜は?

生活

自分で作った野菜を食べるって、

ちょっと憧れませんか♪

 

この夏から始められる野菜!

もたくさんありますよ!

 

今回は、

  • 家庭菜園!夏から始められる野菜の種類は?
  • 家庭菜園を始める前に知っておきたい事。

について、ご紹介します。

スポンサーリンク

家庭菜園!夏から始められる野菜の種類は?

 

実は、夏はあまり種まきには

向かない時期なんだそう。

 

理由としては、

  • 7月中旬までは梅雨が続いている
  • 雨が降って多湿なため病気が発生しやすい

また、8月は、

  • 1年の中でも1番気温が高くなる季節
  • 高温に弱い野菜も多く、管理が大変

 

でも安心してください!

 

  • 1年中育てられる野菜
  • 気温が下がりはじめる8月中旬以降から始められる野菜

も、たくさんあります。

 

ササゲ

ササゲって何だ?

と思う人も多いかもしれません。

 

小豆に良く似たマメ科の野菜です。

 

害虫にも強く、肥料がなくても育つ!

ほど丈夫なので初心者にはかなりオススメです。

 

7月が種まき時期で収穫は10月頃。

 

お赤飯やぜんざいなどに使えます。

長く保存ができるのもありがい特徴ですね!

 

小松菜

小松菜は1年を通して栽培可能です^^

 

適応力が強くプランターや植木鉢でも

育てられるので初心者には最適です。

 

しかも、

早ければ1ヶ月程度で収穫できるので

すぐに成果がでるのが嬉しいところ!

 

間引きしながら育てるのがコツです。

 

ビタミン、ミネラル、カリウムなどが

豊富に含まれていて、

  • お味噌汁
  • 炒め物
  • お浸し

などに大活躍できますね!

 

ミニダイコン

ダイコンって大きいイメージがあり、

畑じゃないと無理なんじゃないの?

と思いませんか?

 

プランターで育てられる

ミニサイズのダイコンもありますよ!

 

夏に植えれば秋には収穫可能です。

 

大根には、

  • 食物繊維
  • ビタミンC
  • カリウム
  • カルシウム

が豊富です。

 

葉にも栄養がたくさん含まれているので、

  • 炒めてふりかけ
  • お味噌汁

など、残すとこなく使えます!

 

チンゲン菜

チンゲン菜は、

日当たりの良い場所なら

すくすくと育つので、

こちらも初心者に最適だそう。

 

プランターで育てるミニサイズなら

1ヶ月で収穫可能です。

 

乾燥には弱いので、土壌の水分管理を

しっかりすることがポイントです。

 

チンゲン菜には、

  • ビタミンC
  • 鉄分
  • カルシウム
  • 食物繊維

などが豊富です。

 

  • 炒め物
  • ラーメンの具

などに活躍できそう!

 

ニンジン

ニンジンは、春に植えるよりも、

夏に植えるニンジンの方が

害虫被害が少なく済むそうなので、

 

初心者の方には夏の種まきがオススメです。

 

しかし、ニンジンは、

発芽させるのが難しいので、発芽するまでは

丁寧に育てることがポイントです。

 

プランターで育てるミニタイプなら

70~90日で収穫可能です。

 

ニンジンは、

ビタミンAを多く含むことで有名ですね。

 

  • サラダ
  • 温野菜
  • 炒め物
  • スープ

様々な料理に大活躍!

 

ミズナ

ミズナも1年中栽培が可能な、

プランター向けの野菜です。

 

ただし、真夏の高温には弱いので、

8月下旬頃からの種まきがオススメ

 

収穫までは、大体90日前後。

 

ミズナは、

  • ビタミン
  • カルシウム

が、豊富です。

 

サラダはもちろん、

8月下旬にタネを蒔けば

収穫時期は涼しくなり始めたころ。

 

お鍋にも大活躍してくれます^^♪

 

カリフラワー

カリフラワーって、

ブロッコリーに比べてちょっとお高いし、

家で栽培できたら最高だと思いませんか?

 

乾燥に気をつけて、よく水やりができるなら、

8月中旬以降からの種まきが可能です。

 

ただし、

発芽させてから、

苗を植え付ける手間があるので、

 

面倒な方は、

苗から買っても良いかもしれませんね!

 

8月にタネを蒔いて11月頃には収穫可能です。

 

カリフラワーは、

  • ビタミン
  • 食物繊維

が、豊富です。

 

 

葉ネギ

葉ネギは緑色の部分を食べるネギです。

比較的暑さに強いので夏に植えても大丈夫です。

 

種から育てると時間がかかるので、

手軽に家庭菜園をしたいのなら

苗を買って育てるのがおすすめだとか。

 

葉ネギは、

  • 発汗作用
  • 解熱作用

もある健康食材です。

 

薬味などに、

ベランダから収穫して、

ささっと使えるのが良いですね!

 

いかがですか?^^?

初心者でも始めやすい

「夏野菜」を選んでみました。

 

興味があるものは、

種や苗売り場の店員さんに

  • 育て方のコツ
  • プランターの大きさ
  • 虫除けの方法

等を、聞いてみて下さいね。

 

家庭菜園を始める前に知っておきたい事。

 

次に家庭菜園を始める際に、

注意しなければならないことをまとめておきます。

まずは難易度の低い野菜から

いきなり難易度の高い野菜から始めて、

もし、失敗なんてしてしまったら・・・

モチベーションも下がってしまいますよね。

 

まずは、初心者向けの野菜から始めて、

少しずつ知識を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

土と肥料は大事!

種や苗を植える前にまずは土の準備からです!

土ってなんでも良いのでは?

と、

 

お庭の土やそこらへんの

公園の土を使わないで下さいね。

 

しっかりと栄養がいかずに

失敗してしまう可能性大です。

 

ホームセンターで培養土と肥料は

きちんと購入して始めてください。

 

虫除け対策はしっかりと

せっかく育てた野菜が、

虫に食べられてしまってはショックですよね。

 

雑草をこまめにとりのぞく

間引きをしっかりとして、

  • 風通しをよくする
  • 防虫ネットを使用する
  • 虫を見つけたらすぐに取り除く

などこまめにお手入れして

虫から野菜たちを守ってあげてくださいね!

 

連鎖障害に気をつける

昨年は豊作だったから今年も!

と、

 

同じ土に植えようとすると、

連鎖障害が起きて上手く育たない可能性があります!

 

連鎖障害とは、

毎年同じ土に同じ野菜を植えると

うまく野菜が育たないという障害です。

 

連鎖障害の主な原因は、3つ。

①土の中の微生物が偏る事による

「土壌病害」

②野菜の根に寄生する線虫という

糸状の虫のバランスが崩れる事による

「線虫害」

土の養分のバランスが崩れる事による

「生理障害」

 

の3つだそう。

 

連鎖障害が起きないようにするためには

次の種を蒔くまで間隔をあけなければなりません。

 

この間隔のことを

「輪作年限」と呼びます。

 

連鎖障害の出やすい野菜と出にくい野菜があり、

またそれぞれ輪作年限も異なります。

 

ちなみに先ほど紹介した

野菜たちの輪作年限は、

  • 小松菜、ダイコン、ニンジン→なし(連鎖障害が起きにくい)
  • チンゲン菜、ミズナ、葉ネギ→1年間
  • ササゲ、カリフラワー→2~3年間

だそうです。

 

連鎖障害が起きにくい野菜もありますが、

心配な場合は次の年は違う野菜に変えてみたり、

土ごと新しいものに変えれば安心ですね。

 

集合住宅の場合は近隣への迷惑にならないように気をつけて

ベランダでも手軽にできる家庭菜園ですが、

マンションなどの集合住宅の場合は、

お隣や下の階に迷惑がかからないように注意が必要です。

 

お隣とのベランダとの壁が

非常時の避難経路になっている場合も多いですよね。

 

万が一に備えて、

避難経路をプランターなどで

塞いでしまわないように気をつけて下さいね。

 

また、家庭菜園に水やりは欠かせませんが、

下の階のベランダへ、

水がかかってしまわないように注意が必要です。

 

家庭菜園が原因で、

ご近所トラブルに発展しないように、

周りへの配慮も忘れずに!

 

まとめ

家庭菜園に興味はあったけど、

なかなか始められなかったあなた。

 

今年の夏休みは、

お子さんと一緒に家庭菜園を、

始めてみてはいかがでしょうか^^?

 

には収穫した野菜を

味わうことができますよ~♪

 

まずはホームセンターへ足を運んで、

種、土、プランターなどの、

必要道具の買い出しからですね^^/