旦那が家事をしない!分担を決めなきゃ手伝すらしなくなる!

家事・掃除

結婚をすると、

夫婦の共同生活が始まりますよね。

 

特に家事は全般嫁がするもの!といった

流れにしてしまうと、旦那さんは家事を

手伝すらしなくなったりします。

 

最初からきちんと分担する事は必須です!

 

結婚をすることで

専業主婦として家庭に入る人もいますし、

夫婦共働きという日も来るかと思います。

 

そこで、夫婦での生活が始まるときに、

きちんと決めておきたいものの一つが、

「家事の分担」

 

今でこそ男性でも家事を行う人が

増えてきてはいますが、

 

まだまだ「家事は女性がするもの」

と思っている男性も女性も少なくありません。

 

その為、夫婦共働きでも

家事は妻が行う事となってしまい、

2人とも仕事を持っているにもかかわらず

女性に多く負担がかかってしまう。

 

その負担を少しでも軽くするために、

新婚生活が始まるラブラブな時期に、

夫婦で家事の分担を決めておくことをお勧めします。

 

共働きであれば、少なからず

夫もある程度家事をやる必要がありますし、

 

妻が専業主婦であっても、

多少でも夫が家事を手伝ってくれると、

お互いへの感謝から愛情も深まりますものね。

 

今回は、新婚のうちに決めておいた方が良い

夫婦の家事の分担についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

旦那が家事を手伝わない?!

 

家事や子育てはきちんと役割分担

しておくとストレスも軽減されますよね。

 

始めのうちにきちんと

分担をしておかないと、

 

どうしても家事や育児は妻がするもの、

夫はお手伝い程度というのが当たり前な

考えになってしまいますよ。

 

でも、夫も仕事してるし、

何をどこまでしてもらえるんだろう・・・

もうそこは話し合い、聞いてみるしかありません。

 

私は、聞くというより、

これして、あれしてと、

指示を出すタイプだったので、

夫も慣れない家事に戸惑っていましたし、

 

「やらされてる感、半端ないわ~」

とよく愚痴ってました。(笑)

 

それに、私の夫は、何ができる?と、

聞いても「何もできない」と答えるタイプなので、

問題外です。

 

男の人の中には料理が得意という人もいますし、

掃除が好きという人もいるでしょう。

 

もちろん勤務の時間帯によっては、

担当できないものもあると思いますが、

得意な分野は?何だったら続けられる?

と、ズバリ聞く方が良いですよ。

 

「ココは自分が担当」と決まったら、

お手伝いではなく少し硬く言うと、

義務とも言えるところです。

★義務って言わないとサボりますよ( ̄ー ̄)

 

臨機応変な対応は必要ですが、

夫も担当者としてコレだけはやる!

と、決めたらやってもらわないとですね。

 

そして問題となってくるのが育児です。

子供が小さなころはどうしても

ママにしかできないことが多いものです。

 

それでも、おむつ交換やお風呂に入れる、

幼稚園や保育園に子どもを送るなど

パパでも出来る子育てはたくさんあります。

 

フルタイムで働いているママも、

出産後はしばらく育児休暇などを取りますよね。

 

この時に、

家にいるからと全てママが行ってしまうと、

 

いざママが職場復帰をしても、

そのまま全てママが育児を担当することにもなりかねません。

 

そうならないためにも、

ママが育児休暇中でもしっかりパパの

育児の分担も決めておくことをお勧めします。

★せめて休日だけでも「義務とする」とか。

 

専業主婦でも旦那に家事の分担を

 

改めて言いますが、

妻が完全に専業主婦の場合でも同じですよ。

 

夫は仕事・妻は家事と、

大きなくくりで役割を分けて

しまうのはいかがなものかと。

 

その考えは意外と

大きな間違いだと私は思います。

 

確かに夫は平日ずっと会社で

仕事をしてい無ければいけません。

 

でも、家に帰ればそこからは、

いわば休みの時間なのです。

 

それに対し、妻は家にいる限り、

いつでも仕事時間と言っても

過言ではないのです。

 

妻には!

土日や祝日などの休みはなーい。

 

さらに子供がいるとなれば、

24時間体制で負担はさらに大きくなってきます。

 

家にいる時間だけでも

夫は妻の家事を多少は助けてくれても

良いですよね。

 

例えば、朝のゴミ捨てや

帰宅後の子供との入浴など。

 

さらに休日ともなれば

丸々休みになるわけですから、

お仕事に影響しない程度の家事の負担を

お手伝いしてもらうことは悪くないです。

 

分担がはっきりしていないと、

いつの間にかどちらかに負担が掛かり過ぎてしまいます。

 

妻が専業主婦であっても、

夫にはできる限り家事や育児を

担当してもらうよう決める事をお勧めします。

 

まとめ

 

日本の場合、どうしても男は外で仕事、

そして女は家で家事・育児というイメージがあります。

 

専業主婦でも働く主婦でも、

主婦と言うのは休みなしです。

 

新婚のラブラブな時や、

生活環境が変わった時などに、

 

家事や育児の分担をしておくことで、

夫にお願いしてやってもらうってことが

減らせたら良いですね。

 

そして、何よりも大切なのは、

お互いがお互いに対してしっかりと

心からの感謝の気持ちを伝え合うこと。

が大事ですよね。^^