バルサンが必要ない家を目指せ!バルサンの効果と時期についても!

家事・掃除

ゴキブリやダニ退治に効果を発揮する

「バルサン」

バルサンの使用は、

年に4回するのが理想的です!

 

  • 春に2回(3月~5月中)
  • 夏に1回(6月~8月中)
  • 秋に1回(9月~11月中)

 

例えば、春の1回目を、

「4月」にすると、

 

  1.  4月初めに1回
  2.  4月中頃に1回
  3.  6月に1回(梅雨のダニ対策も兼ねて)
  4.  9月に1回

こんな感じでしょうか^^

使い続ける事と、予防で

バルサンの使う頻度は確実に減りますから

ゴキブリを見かけたら、まずは年4回、

しっかりバルサンを行いましょう!

今回は、

  • バルサンするのに最適な時期
  • バルサンの効果的な使い方
  • バルサンの種類とそれぞれの詳しい特徴。

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

バルサンするのに最適な時期

 

バルサンするのに最適な時期

 

バルサンをする最適な時期を、

  • ゴキブリ
  • ダニ

に分けて、まとめてみました。

 

 

★ゴキブリ対策

まずは、ゴキブリ対策のバルサンの時期について。

①数が少ない春のうちに2回

4月~6月の間で、

3週間以内に、2回。

バルサンすることをオススメします!

 

ゴキブリは寒さに弱いため、

冬のうちに死んでしまったり、

春のうちは幼虫でいる場合が多いのです。

 

個体数が少なく繁殖機能のない

幼虫のうちに駆除しておけば、

活動が活発になる夏の時期に

成虫が増えるのを防ぐことができます。

 

また、成虫は命に危険を感じると、

卵を産むことが多いみたいです。

 

バルサンは卵の状態には効き目がないので、

卵が羽化する2~3週間後に、もう1度

やっておくとより効果的です!

 

②ゴキブリの活動が活発になる夏

春のうちに対策をしたとしても

どうしても全ての駆除は難しいもの。

外から入ってきてしまう可能性もありますしね。

 

ゴキブリは夏が1番、

活動が活発になります。

 

見かける前にバルサンしておきたいですね!

 

③繁殖させないためには秋にもバルサン!

ゴキブリは、寒い冬を、

成虫の状態で生き抜くことが難しく、

 

夏に生き残った成虫が、卵を産み、

卵や幼虫の状態で冬を越します。

死ぬ前に卵を産むということです。

 

なので、

秋が最も繁殖の多い時期なんだとか。

 

9月~11月頃の秋のうちに、

バルサンを使用して、

幼虫や卵を産む可能性のある

成虫を駆除しておくことが大切だそう。

 

涼しくなってくると、

ゴキブリって見かけなくなるから

気を抜いてしまいがちですが、

 

この時期、秋から

対策をしておくことが肝心です。

 

 

★ダニ対策

次に、ダニ対策のバルサンの時期について。

①梅雨の時期にバルサン!

ダニは湿気と高温を好むため、

6月の梅雨の時期に最も繁殖します。

 

ダニは目には見えないですが、

家中、隅々に繁殖しているかも!

 

最も量が多いこの時期には

バルサンは必須ですね!

 

なお、ダニの場合は、

特に死骸の除去が肝心です。

アレルギーの原因になってしまいますので、

バルサンの後は、念入りに掃除機を掛けてくださいね。

 

②真夏でも気は抜けない!

梅雨を終えて、

少し湿度が低くなったから安心!

では、ありません。

 

高温多湿である日本の夏もダニは活発です!

夏にももう1度バルサンですね。

 

③台風が多くなる秋の時期も!

夏が過ぎると、

台風が多い季節になりますよね。

台風がくると湿気がまた高くなります。

 

湿気が高くなる=ダニが繁殖しやすい環境

です。

 

秋にも、もう1度バルサンをする事を

オススメします。

 

どうやら?

ゴキブリに対しても、ダニに対しても、

いつが最適というよりは、

2~3ヶ月に1度は、用途に合わせた

バルサンを使用するのが良いみたいです!

 

バルサンの効果的な使い方

バルサンで部屋の中の虫たちを、

効果的に駆除するためには、

どのようなことに注意が必要でしょうか。

 

①シンク下、戸棚、引き出しは開けておこう!

ゴキブリをよく見かける場所って

シンク下とかではないですか?

 

狭いところは虫たちの最高の隠れ家です。

 

扉を閉めたままでバルサンを使用しても

薬剤が十分に行き渡らない可能性がありす。

 

特にキッチン周りの収納は、

開けておきたいですね。

 

食品は冷蔵庫の中に隠したり、

バルサンしない別の部屋にしまって、

食器類などにはビニールや新聞紙をかけて

薬剤が直接かからないようにしておけば大丈夫です!

 

私は、バルサンの後、

軽く洗ってから食器を使っています。

 

②クローゼットや押入れも開けたまま

引き出し同様にクローゼットや

押入れも開けたままにしておく方が良いです。

その場合は、バルサンを購入する時に

クローゼットや押入れ分も畳数に加えることを忘れずに!

 

★バルサンする部屋の布製品

(衣類や布団など)は、

お外に干したり、別の部屋に

出すことをオススメします。

 

③窓は閉めて、換気口、隙間も閉じて!

薬剤をできるだけ外に逃さないように、

窓を閉めるだけではなく、

換気口や隙間もテープなどで埋めると良いです。

 

換気口は忘れがちです。

せっかくのバルサンの薬剤を

逃してはもったいないですよね!

 

④終わった後は換気と掃除機

バルサンを使用した後は、

窓を開けて空気を入れかえることと、

掃除機をかけることが大切です。

 

特にダニは、

死骸もアレルギーの原因になりますから、

せっかくバルサンでやっつけても、

死骸が残っていては意味がありません。

 

ソファやカーペットなど、

ダニが繁殖しやすい場所には、

ダニの死骸や弱ったヤツがいる!

特に念入りに掃除機をかけましょう。

 

バルサンの種類とそれぞれの特徴。

 

ご存知の方がほとんどかと思いますが、

バルサンはライオン株式会社が製造

および販売をする害虫駆除剤で、

 

煙や霧で、

家の中の害虫を退治します。

 

バルサンには、

効果や特徴が異なる商品があります。

 

  • 黒のバルサン 3種類
  • 赤のバルサン 2種類
  • バルサン いやーな虫 1種類

★★★

場合にもよりますが、

初めて使う部屋には、

最強の黒のバルサンから。

次からは、赤のバルサン!

というように、

使い分けるのも良いと思います。

 

 

★大型のゴキブリに黒のバルサン

 

名前の通り、

「黒いパッケージのバルサン」です。

 

大型のゴキブリや、

抵抗性のゴキブリにも効果があり、

 

バルサンの中でも、

「効き目が最強」のシリーズです。

 

ゴキブリの他には、

ダニ、ノミ、シラミなどの駆除が可能です。

 

こすって煙が出る黒のバルサン

 

バルサン プロEX

強い噴射力が特徴で、煙が部屋の隅々まで
行きわたるようになっています。

心強いです!

 

こすらず水ではじめる黒のバルサン

水を入れるだけで簡単にスタートし、

少ない煙でにおいも少なめです。

薬剤のにおいが気になる方にはオススメですね!

 

煙の出ない黒のバルサン

バルサン プロEX ノンスーモーク霧タイプ

煙が出ない霧タイプのバルサンです。

煙も熱も出ないので火災報知器に

反応しないのがありがたい!

 

煙が出ないので、マンションや集合住宅など

隣への影響が気になる方にもオススメです。

 

 

★ノーマル赤のバルサン 2種類

 

こちらは赤いパッケージのバルサンです。

黒のバルサンに比べて効き目は劣りますが、

こちらもゴキブリ、ダニ、ノミ、シラミ

などに効果があります。

 

こすって煙の出る赤のバルサン

バルサン

ノーマルタイプのバルサン。

 

私は、このノーマルタイプを

毎年3.4回、使っていますが、

もう何年もゴキブリ見なくなってます。

 

赤、安いし、

赤で十分だと思ってます♪

 

煙が少ないバルサン

水ではじめる バルサン

黒と同じで水を入れるだけでスタートして、

煙、においが少なめです。

 

ゴキブリやダニ以外の虫に!

バルサン いやーな虫

ゴキブリ以外の虫に

悩ませれている方にオススメです!

 

ムカデ、カメムシ、ゲジ、

イエヒメアリなどにも、

効果があるみたいです!!

 

「バルサン」色々種類ありますねー!

 

また、別の記事で、

バルサン後の掃除の順番もまとめてみました。

バルサン後の後片付け。掃除の順番は?

 

暖かくなってくると私たちも外出したり、

レジャーを楽しんだりする!

のと同じように、

虫たちの活動も活発になってきますよね!

 

屋外で虫に遭遇するのは、まだ良いけれど

家の中で遭遇したら…嫌ですよね。

 

特にダニやゴキブリ…

絶滅してくれないかなと思うほど…。

 

定期的にバルサンしてると、

なんだか安心するんですよね。

 

家の中の虫が、

みんないなくなったような感じがして。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

  • バルサンは年に1回やれば良いと思っていた
  • ゴキブリを見かけてから慌てて使用する

と思っていた方も多いと思います。

 

でも、

生命力も強く、卵を産むゴキブリやダニには、

1度の使用で安心せずに、

バルサン使用の理想は、年4回のようです。

 

定期的に使用して、

徹底的に家中の虫を駆除したいですね。

 

また、

バルサンは火災報知器が反応してしまったり、

殺虫成分を含んだ薬剤を使用するものなので、

 

ペットや子供用品、オーディオ製品などを

薬剤から守る必要があります。

 

使用する時は、注意事項をよく読んで、

正しく使用して下さいね^^/