共働き!小学生の下校中やお留守番中の約束事。念には念を入れて

子育て

最近では、共働きは決して珍しいことではなく、

家計を支える頑張り屋のママが増えてきていますよね。

仕事に、家事、育児…と毎日大忙しのママ。

 

小学生の子供がいる家庭では、

お留守番をどうさせたらいいのか?と、

悩んでいるママが多いようです。

 

そこで、

親が共働きでお留守番を強いられるお子様に、

少しでも安全、安心してお留守番ができる様

  • 気をつけること
  • やっておいてほしいこと

など、色々な約束事を決めておくことをオススメします。

 

今回は、

  • 共働き!子供の下校中に親が出来ること
  • 共働き!小学1年生のお留守番(低学年)
  • 共働き!小学4年生のお留守番(中学年~)
  • 一般的には何歳からお留守番をさせているの?

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

共働き!子供の下校中に親が出来ること

 

子供が家に帰ってたら、

まず玄関の鍵を開けますよね。

私は、この瞬間が一番怖いです。

「変な人が一緒に家に入り込んだらどうしよう」

 

私がその場にいたり、

すぐに駆け付けられたら良いのですが、

働きに出ているので、

 

私は、子どもが下校中に一人になる時、

いつも電話をするように!と伝えています。

  • 家の近くで危なそうな場所を通る「少し手前」まで帰って来たら電話を掛けるように伝えています。
  • 友達と家の前まで一緒の場合は「バイバイ」と別れた瞬間に電話をするように伝えています。

電話の内容は、

  1. 今日の出来事を話しながら、周りを見て、変な人がいないか確認をさせています。
  2. 家に入り鍵を閉めたかの確認をしてから電話を切ります。

この電話の時間は5分くらい。

 

悪いことをしようと思っている人は、

子供の行動を見ていると思いますので、

 

電話している姿は、警戒しているアピールに

なるのではないか!と、実践しています。

 

親子電話は、通話料金が掛からないですし、

キッズ携帯はお安く手にすることが出来ます。

 

幸い私は、仕事中でも

電話に出ることが出来るので良いのですが、

私の友人は仕事中に電話に出られないので、

お爺ちゃんお婆ちゃんの家に電話を掛けさせています。

 

また、帰宅するであろう時間に、

  • 電話が鳴らない場合→GPS確認する
  • 電話の最中に何かあった場合→警察に電話する

落ち着いて、すぐ行動が取れるように

自分自身も警察へ電話する練習もしておく。

 

自治会やご近所付き合い(挨拶)なども

積極的にさせていただいて、あの手この手で、

子供たちが危ない目に合わないようにしていきたいですね。

 

共働き!小学1年生のお留守番(低学年)

 

ついこの間までは幼稚園や保育園に通っていて、

大人の見守りがありましたが、

 

小学生になると学校が終わってからは、

大人の見守りを受けれない時間が増えてしまいます。

 

では、まだまだ幼い小学1年生は、

お留守番の際に、どのようなことに気をつければよいでしょう?

①キッチンには入らない

キッチンは危ないものがたくさんあります。

例えば…ガスコンロやIHヒーター、包丁など。

 

電子レンジも使い方を誤ってしまうと、

大きな事故に繋がります。

 

うちでは、小学低学年のうちは心配なので、

電子レンジも禁止していました。

 

お腹が空いたときすぐに食べられるものを

用意しておきしましょう。

②電話が鳴っても出ない

うちの自宅の固定電話には、

セールスや怪しい電話がしょっちゅう掛かってきます。

 

子供しか居ない!と分ると、

個人情報を聞きだしてくるなんていう

悪質な電話もあるらしいですよ!

 

また、幼い子供が1人で留守番していると

バレてしまうと、どんな危険が及ぶか分かりません。

 

知り合いなら親の携帯に電話をしてくると

思いますので、子供には電話は出ないように

させた方が良さそうです。

③誰かが訪ねてきても出ない

常に玄関の鍵はかけた状態にして

誰が訪ねて来たとしても、

絶対に開けてはいけないと言い聞かせましょう。

 

電気業者や水道業者などを装って

家に上がり込んでくる場合もありますので。

 

うちの場合は、大人がいない時は、

知っている人でも、玄関のドアは

開けないように!と伝えています。

 

インターホンの近くにホワイトボードを

準備しておき、そこにインターホンを押した人

の名前を書いてもらうようにしています。

 

公園や登下校などで、親が把握できていない

子供と接触のあった人の訪問かもしれません。

悪い人だったら大変です。

 

また、一度ドアを開けると、子供だと、

鍵を掛け忘れたり何があるかわからないので

 

開けてはダメ!と言ったら、絶対ダメ!と、

例外は無しで言い聞かせましょう^^/

④防犯ブザーやキッズ携帯を持たせましょう

学校から帰るとき、

たくさんの人数で帰るのが理想的ですが、

 

学童に入っていたり、何らかの理由で、

1人で帰ることもあるでしょう。

 

危険を感じたときに、

大声で叫ぶ・近くの家のピンポンを押す!

などの方法がありますが、

 

いざ怖い目にあうと叫べるか、逃げれるか、

子供もとっさには動けないと考えられます。

 

私は、学校の帰り道、

必ずキッズ携帯(防犯ブザー付き)

を首から掛けておくように!

と、毎日言っています。

この内容はこの記事の最後の方に、

「下校時に注意すること」で詳しく書かせていただいています。

 

あってはなりませんが、万が一、

万が一のとき、キッズ携帯には

GPS機能がついていて、

居場所がわかるようになっていますものね。

 

また、家に帰るとお知らせメール

ママやパパの携帯に届く設定もできますので、

携帯会社に使い方、設定の仕方を詳しく聞いてみてくださいね。

⑤自宅の固定電話に短縮番号をセット

キッズ携帯同様、自宅の固定電話にも、

番号を入力したり、電話帳を出さなくても、

1・2・3の短縮番号ですぐに連絡先が

登録できる機種がありますよね。

 

困った時にすぐに電話が掛けれるよう、

  • 母親の連絡先
  • 父親の連絡先
  • ご近所さんの連絡先

など、困った時の連絡先を登録しましょう。

  • キッズ携帯が無い場合
  • キッズ携帯の充電切れ

などがあってはいけませんので、

 

子供には、固定電話がちゃんと使えるよう、

短縮番号の機能の使い方を練習をさせましょう。

小学低学年の内は外出はさせない方がいい

帰宅後は、必ず家の中で過ごして

外出はしないようにと言い聞かせましょう。

共働き!小学四年生のお留守番(中学年~)

 

小学一年生(低学年)の、

お留守番のルールに+プラス、

小学四年生(中学年~)で、

考えられる注意点やお願い事をまとめてみました。

①戸締まりと鍵の管理に注意

これぐらいの年になると、

帰宅後、友達と遊ぶ約束をすることもあるかと思います。

 

家の戸締まりの仕方を教えて、

鍵を無くさないように工夫することが大切です。

 

万が一でも落とすことのないように、

鍵を首からぶら下げるようにすると

無くす心配が少なくなります。

 

遊びに行くときは、

  • ママに電話してから。どこに遊びに行くのか報告すること
  • 門限を決めて、絶対に門限を守ること

などを、約束させましょう^^/

②簡単なお手伝いをお願いする

お留守番中にも、年齢に合わせた

お手伝いをさせた方が、子供も成長します!

 

4年生にもなると、少しずつ

お手伝いの腕も上がってくるころ

  • 洗濯物を取り込んで畳んでもらったり
  • お花の水やりをしてもらったり
  • 食器洗いをお願いしたり
  • お米をといで冷蔵庫に入れておいてもらったり

まずは休みの日に一緒に練習して、

徐々にできるようになるまでサポートしてあげましょう。

③コンロや火は使わないこと!

小学校4年生くらいになると、

調理にも興味を持つ年頃ですよね♪

ママとお菓子作りの経験があったり、

お味噌汁を作るお手伝いをした経験など^^

 

ですが、子供は好奇心旺盛なので、

親のいない間に火事なんてことになったら大変です。

 

でも、4年生くらいにもなれば、

電子レンジはOKではないでしょうか。

 

うちでは、私の帰りがもの凄く遅くなるときは、

電子レンジで温められるものを準備しておき、

コンロの元栓は閉めてから出かけるようにしています。

③習い事をさせる

これはあくまで子供本人の意思も大切ですが、

公文や英語教室、野球やサッカーなど

週に何度か習い事をすると1人の時間も減るし、

お子様のスキルアップにも繋がりますよね。

 

ですが、子供の帰宅時間が遅くなりますので、

一人で帰らすのは心配です。

 

習い事の場所にもよりますが、帰り時間には

パパやママのお迎えで一緒に帰れると良いですね^^

④兄弟が居る場合、喧嘩をしないように言い聞かせる

子供だけでお留守番をさせていると、

喧嘩も起こりやすくなりますよね。

 

賢くお留守番をしている中、

子供たちに喧嘩してほしくない!

 

例えばのご提案。

上の子には・・・ママがいない時は、

オモチャの取り合いして喧嘩しても

止められないから、

下の子に譲ってあげてね。

喧嘩しても楽しくないでしょ。

と伝え、

 

下の子には・・・お利口さんにしていないと、

ママの帰りが遅くなるよ。

ママが帰ってくるまで我慢してね。

と伝えるのはどうでしょう。。。(/ω\)

 

共働きで、やむを得ず

兄弟にお留守番をさせないといけない場合、

取り合いになるものだけは、

二つずつ用意してあげるのも良いと思います。

 

一般的には何歳くらいからお留守番をさせているの?

一般的に、どのくらいの年齢で、

お留守番デビューさせている家庭が多いのでしょうか?

第1位は、9~10歳

小学校3~4年生くらい。

 

この年齢になると学童の年齢制限を

超えてしまうという地域も多いみたいです。

 

この年齢になれば、

いろいろな判断もできるようになるし、

だいぶ安心できるなんて声も。

 

周りでもすでにお留守番している友達が

増えてきたりもするみたいです。

第2位は、7~8歳

小学校1~2年生。

 

夫婦フルタイムの共働き家庭だと、

どうしてもお留守番をさせなければ

ならない機会がでてきてしまう。

 

この時期は、長時間のお留守番を

させるのは少し不安もあるので、

 

近所へ買い物へ出た時間だけ等、

短時間から徐々に慣らしていきましょう。

 

第3位は、5~6歳

小学校に上がる前ですね。

 

こんなに幼いころから

お留守番できる子もいるんですね。

 

普段は、幼稚園や保育園で預かってもらい、

一人にさせることがあるとすれば、

近所への買い物や回覧板を持って行くときなどでしょうか。

 

しっかりしている子は自分から

お留守番しとくと言える子もいるみたいですが、

5分でも、10分でも、ちょっと不安が多いかも…。

 

まとめ

 

ママ早く帰ってきて~!

 

いかがでしたか?

まだ幼い我が子を1人で

留守番させるのはとても不安なことですよね。

 

でも、約束事を決めておくと、

不安も少しは、和らぎます。

 

仕事からの帰宅後、子供に、

家に帰ってからの出来事を聞くことも

コミュニケーションの1つですし、

 

お留守番を頑張ったことや、

約束事が出来ていたときなど、

褒めてあげることを、

毎日、毎日、忘れずにいたいですね^^

 

まずは子供とよく話し合って、

無理のない範囲でお留守番させましょう。

 

くどいですが、

うちの子は大丈夫!とかは、ないので、

  • お留守番の決まり事
  • 下校中に気をつけること

など、しっかりと守れるように、

子供たちと練習してくださいね^^