夏休みの宿題 親は手伝うべき!? うちの子は親の手助け必須(/ω\)

子育て

長い夏休み、

宿題の量もそれなりにたくさん出されますよね。

 

夏休みの宿題って、

親は手伝うべき? 

 

子どもの学年ややる気、能力によって

変わってきますが、

結論からいうと答えは「YES」

というか、うちの子が親の手助け必須…

 

親の手助けが必須でも、

「見守り」で、ちょこっと手助けする、

ヒントを与えてあげるといった姿勢がベターですよね。

 

その理由を、小学1年生、4年生のいる

我が家の経験よりご紹介します。(恥)

スポンサーリンク

夏休みの宿題 親は手伝うべき?

まず、“親が手伝いをしなくても大丈夫”と

太鼓判を押せるのは、次のような子どもの場合かと。

  • 自分からすすんで宿題にとりかかり、集中して終わらせることのできる子
  • ふだんの学校の宿題やテストの結果が満点に近い子

こんな出木杉くんのようなお子さんは、

手がかからなくって羨ましい!

 

うちの子(小1)の場合、

  • 遊びたいから宿題は後回し
  • 勉強はつまんない、めんどうだ

という典型的なのび太くんタイプなので、

親がそばで見守り、励まし、

ときには交換条件をださないと

決して宿題にとりかからないのです。(/ω\)

それに、ふだんの宿題の出来ばえも決して花丸とはいえず・・・

 

なので私は必然的に、夏休みの宿題を

「監督しなくてはならない」

という運命を受け入れました。

 

息子は「ママが近くにいるとなんだか安心して集中できる」

と、さらっと可愛いことを言ってのける。

 

ただ、母は忙しいので、本人が集中し出したら、

そーっとその場を離れ、要所要所、様子を見るって感じです。

 

集中するまでが大変なんですよね!

息子「これって、どうするの?」

私「こうだよ、こうするんだよ…」

息子「意味わからん」

お約束かいっ!って感じ。

これで、結局、ほとんどその日のノルマを

一緒にしてしまっている。という…

 

でもね、一緒にした方が良いってこともありますよね?

 

宿題にも、問題集や工作など色々ある


宿題といっても、その中身はさまざまですよね。

学年が進むにつれて、種類や難易度も上がってきます。

そこで、代表的な項目について我が家の体験を紹介していきます。

国語算数の問題集

問題集は親が採点して提出することに

なっていますが、

 

低学年の場合、また、苦手教科は、

なるべくそばについて監督したほうがよいようです。

 

小1~2年は、

基礎の基礎を固める時期ですからね。

小4の息子が2年生だった頃は、

漢字の書き取りを監督しました。

 

というのも、漢字の書き順や書き方に、

おかしなクセがあったからです。

 

間違いやクセは、

早期発見・早期解決が重要。

 

低学年のうちに矯正しておかないと、

この先ずっと同じ問題でつまずき続けることになりますものね!

 

同様に、算数でも同じことがいえます。

いえ、算数こそ、基礎固めをしっかりしておくべきかもしれません!

 

1年生の夏休みの宿題は、

とても簡単な内容ですが、2年生以降は計算がありますよね?

 

低~中学年の算数は土台の部分です。

土台がもろいと、それ以降の算数はどんどん困難になってきます。

 

監督すると子どもの苦手分野や弱点

(引き算や、図形問題など)も把握できて

問題も簡単?親も指導しやすいので、

学力アップのチャンスです!

 

絵日記

絵の苦手なうちの息子の場合、

別紙にラフな図案を書かせました。

 

ぶっつけ本番で書いて失敗し、

消しゴムの跡で汚れて悲惨な目にあったことがあるからです。

 

特に色鉛筆は消しにくいので、

頭の中に出来上がりのイメージが

明確になった状態で色塗りをすると、

きれいに早く終わりますよ。

ま、あまり質の高さは求めず、とにかく書け!でOK^^

 

絵日記の文章も、

親がチェックしてあげたほうが良いですよ^^

 

夏休み明けに壁に掲示されるので、

そのときに恥をかかない程度で(笑)。

結構、家族のことを書いたりしますので…♪

 

工作

工作、何を作るか悩みますよね~!!

先輩ママのアドバイスや工作のアイデア本を見ながらでも、

子どもと相談して決めてる時間の長いこと…(+o+)

 

工作のアイデア本には、

自由研究にも応用できる工作もあるので、

自宅に一冊工作の参考書があっても損はないかも。

 

図書館から借りてもいいですね。

 

小学生の工作だと、

良くあるのが、牛乳パックやストロー、

百均で揃えらえるような材料での工作が

人気ですよね^^

 

今年は、一味違った「わぁ!凝ってる凄い」

ってのを、提案してみようかしら^^♪

 

ちなみに上の子が小1のとき、

最初「ガチャマシーンを作りたい!」

と言っていたなぁ。難しすぎて断念したけど…

 

作れなくもなかったのですが、

明らかに親の作品であることが

バレバレですしね(笑)

 

そこで、小1レベルでも作れそうな、

マジックハンドに挑戦しました。

 

割りばしを輪ゴムでつないで作るのですが、

まだ輪ゴムをきつく巻きつけるのが難しく、

結局私が半分以上手伝うはめに・・・

 

完成品を学校へ持っていくと、

お友達に人気だったようで、息子も満足気でした。

 

また、動くおもちゃ、

ギミックのあるおもちゃは注目を集めるようです。

 

夏休み明けの授業参観日には、

全員の作品が展示されるので、

参考までに他の学年のも見てみては?

次年度の参考になりますよ。^^/

 

自由研究

うちの子の小学校の場合、

小学校2・3年生は自由研究か工作のどちらかを選択、

4年以降は自由研究が必須でした。

 

こちらも、題材探しが大変!

なにせ自由なので、テーマは無限にあるのです。

 

でもテーマだけは子どもに決めさせましょう。

普段から興味関心のある分野で、

「おもしろい」と思えるテーマにしたほうが断然いいです!

①テーマを決めたら、

②発表の形式を決めます。

新聞形式なのか?

ポートフォリオ(ファイル)なのか?

③決めたら材料集め。

ここで親の出番です。

 

資材購入、写真撮影とプリントアウトなどなど。

写真を多用すると、見やすい媒体が簡単に出来上がりますよ。

あとは子どものやる気次第でしょうか。

うちの子は熱意に欠けるばかりでなく、

やり方も書き方も全然分からず、

仕方がないので母親が指導しました。

 

こんなに親が介入して大丈夫なのか?

と疑問が頭によぎりました。

 

でも、誰だって最初は教えられなければできませんよね。

ましてや人生経験の乏しい子どもなら。

 

一度教えておけば、次からはきっと一人で

できるようになるはず!と自分に言い聞かせ、

まる1日自由研究につきあった記憶があります。

 

夏休み明け学校を訪れると、

児童全員の発表が展示されていました。

 

すると、手の込んだ工作(ロボットや車など)

を自由研究のテーマにした児童もけっこういました。

 

中には、釣りの好きな子で魚拓を提出したお友達も。

 

迫力があって素晴らしい作品でしたが、

それもアリなんだ~と思いました(笑)

 

同時に、

「やっぱりどこのご家庭も、多少は親が手伝ってるわね」

と感じた次第です。

 

自由研究については別の記でも詳しくご紹介しています。

↓↓

ぜひそちらもご参考にしてみてください^^↓↓

アイデアいっぱい!自由研究を小学生が簡単に終わらせるには?

 

読書感想文

決して読書好きでも、

文章が得意なわけでもない息子・・・。

 

こちらも、まずは何の本を選ぶかで悩みました~

本人が発明家に興味があると言っていたので、

伝記でも有名なエジソンを選びました。

 

これは私も目を通しましたが、すごく感動しました!

それで、完読した後は、次の項目についてメモさせました。

  1. 特に印象に残ったこと、感動したエピソードを3つ、理由も含めて
  2. 自分はエジソンのどんなところを真似したいと思うか

そしてそのメモを見ながら、感想文を書かせました。

 

これでだいたい原稿用紙は埋まります(^-^)v

本当は校正してあげたかったのですが、

本人が「もうこれでいい!!」と言い張るのでやめました(泣)。

まとめ


うちの子たちは、

親の手助けは必須のようです。(笑)

かといって手取り足取り親が手伝うと、

子どものためにはなりませんよね…

 

私はどちらかというとおせっかいで、

すぐ助けてしまうほうなのですが、

あまり手伝うと「ママがいれば大丈夫!」

と甘えられ、すぐ頼られてしまいます。

 

子どもなりに苦しみながら取り組むからこそ、

知恵や工夫が生まれるのですよね。

 

子どもの努力ありきで、

親がちょこっとだけヒント与え

手助けするといったスタンスが良いのでしょうね。

 

親の方にこそ、見極めや知恵が必要そうです。

夏休みの宿題で、親子ともに成長できますように^^