ヒヤッと体験!赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るときの注意点

子育て

赤ちゃんをおんぶして

自転車に乗っても大丈夫?

 

車がなかったり、ちょっとした移動の時、

自転車での移動が、楽ですものね。

 

赤ちゃんをおぶったり抱っこしたまま、

自転車に乗ることは法律的にはどうなの?

また、どのような危険があるのでしょうか?

 

今回は、

  • 赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るときの注意点
  • 危なかった!ヒヤッと体験!

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るときの注意点

 

「赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るのは危険!」

と分かっていても、

 

移動手段が自転車しかなかったら、

赤ちゃんをおんぶしてでも

自転車移動してしまいますよね。

 

周りの人にやめた方が良いと

アドバイスをもらったり、

 

または、冷ややかな目で見られたり

することもがあっても、

 

自転車しかなかったら、

自転車に乗ってしまうもの。

 

 

そもそも、

赤ちゃんをおんぶや抱っこで

自転車に乗せても良いのでしょうか?

 

答えは…

自転車のルールは各自治体

決められています。なので、

各自治体によってそのルールは違う

 

ちなみに東京都は、

警視庁のホームページに「自転車の交通ルール」

が掲載されていて、そこには、

「16歳以上の運転者は幼児1人を子守バンドなどで背負って運転できます。」

と書いてあります。

 

おんぶはオッケーってことですね。

 

 

おんぶにも対応している抱っこ紐

おんぶをして自転車に乗る際は、

必ず「おんぶ用もしくはおんぶ対応の抱っこ紐」

を使用しましょう!

 

「おんぶ用もしくはおんぶ対応の抱っこ紐」

を使用しないで、自転車に乗るなんて転倒より危険大です。

 

また、

おんぶではなく、シートに

転向するタイミングは、

首がすわり、腰がすわり、

想像以上に揺れる自転車でも、

赤ちゃんがちゃんと座っていられるようになれば、

(おおよそ1歳前後)

 

子供乗せ専用の自転車や、

後付けのシートを自転車の前に取り付けて、

おんぶから、シートに転向しましょう。

 

ヘルメットの着用

万が一、あってはなりませんが、

万が一、転んでしまった場合に

頭を守るヘルメットを着用させましょう。

 

ネットでは1歳から~のヘルメットが主ですが、

万が一、自転車で転んだ時のことを考えると、

1歳未満でも探せば軽いヘルメットはあります!

 

自分は絶対転ばない!なんて、ない!ですものね。

赤ちゃんの安全の為にも赤ちゃんに合うヘルメット

探してくださいね。

 

自転車に乗る前の確認

自転車に乗る前は、

赤ちゃんがしっかり固定されているか、

赤ちゃんが苦しくなさそうかを必ず確認しましょう。

 

また調整ベルトが長く垂れていないかの確認も!

巻きつけたり結んだりして車輪に絡まないように

注意してくださいね。

 

自転車の椅子は低くする

サドルを低くして、

両足が地面につくようにしてくださいね。

 

スピードを出しすぎない

すぐに止まれる速度で!

1人で乗る以上に他の車両、歩行者に注意して、

転倒や事故に遭わないように注意しましょう!

 

自転車はいつも乗っているからと、過信すると良いことなしです。

 

赤ちゃんと自転車に乗っていて ヒヤッとした体験!

赤ちゃんをおんぶや抱っこのまま、

自転車にのってヒヤッとした体験をご紹介します。

バランスを崩して転びそうになった!

赤ちゃんをおんぶしていることで

1人で乗っている時とは感覚が違います。

バランスを崩したり転倒しやすくなります。

 

1人であれば、転んでも受け身はとれますが、

抱いている赤ちゃんを守ろうとした転び方になるので、

お母さんが大怪我を負う可能性があります!

 

また、赤ちゃんが守れたと思っていても、

実は頭を打っていた!なんてことも。

 

赤ちゃんの身体は大人のように頑丈ではありません。

ちょっとした衝撃で骨折もあり得ます。

 

ただの打ち身や捻挫だと思っていたら、

実は骨折していたなんてことは良くあることみたいです!

 

骨折で済めばまだ良いですが、

過去には赤ちゃんをおんぶして

自転車に乗っていたお母さんが車と接触して転倒し、

赤ちゃんが死亡してしまうという事故もあったようです…。

 

抱っこして自転車に乗っていた!

おんぶではなく、抱っこして自転車に乗っていたら、

いきなり赤ちゃんが仰け反って落ちそうになった!

 

いくら抱っこ紐を使用していたとしても、

赤ちゃんがいきなり仰け反ったり大きく動いたりすると、

前かがみになる自転車の姿勢だと紐が緩んでしまうことも。

 

歩いている時であれば、手で押さえられても、

自転車のハンドルを握っている手を突然離すことはできません。

 

抱っこ紐の調整ベルトが自転車の車輪に絡まった!

抱っこ紐の調整ベルトが長く垂れていたりすると、

走っている間に車輪に挟まって転倒の可能性があります。

 

特に後輪だと気付きにくくかなり危険ですね!

これ、抱っこ紐じゃなくても、

鞄の紐などが絡まることあるみたいなので、気をつけたいですね!

 

おんぶしていて赤ちゃんの変化に気づかなかった!

おんぶしていると赤ちゃんの様子を見ることができません。

例えば、体勢が苦しかったり、

痛かったりした場合に気づかない場合があります。

 

自転車に乗っていると、

車や他の歩行者に注意したりして

赤ちゃんから気がそれてしまいがちです。

 

また、周りの騒音で赤ちゃんの小さな声なども

聞きもらしてしまう可能性もあります。

 

まとめ

 

なるべく赤ちゃんをおぶっての自転車走行は避けたいですが、

忙しいママさんにはどうしてもって時もありますよね。

 

「赤ちゃんの安全が第一」

 

後悔することのないように、

自転車に赤ちゃんと一緒に乗る時は、

  • 抱っこではなく、おんぶで!
  • おんぶ用・おんぶ対応の抱っこ紐で!
  • サドルは両足が地面につくように下げて!
  • すぐに止まれるようスピードは抑えて!
  • 赤ちゃんに気が回るように時間に余裕をもって!
  • でこぼこ道は避ける「急がば回れ」で!

安全運転してくださいね^^

 

また、

在宅ワークをお探しの方へ、簡単に始められる在宅ワークの紹介

イマドキの子育てママ向け在宅ワーク!思ったよりも簡単に始められる