レモングラスの美味しい食べ方と、おすすめの保存法!

生活

レモングラスというハーブを知っていますか?

レモングラスは、

東南アジアや南インドが原産の

イネ科オガルカヤ属の多年草です。

 

主に、

  • アジア料理
  • エスニック料理
  • カリブ料理

などによく使用されています。

 

また、香りがいいことから、

タイのスープやトムヤムクンなどの

香り付けにも使われています。

 

レモングラスには「シトラール」

という成分が含まれていて、

レモンに似た風味が特徴です。

 

レモングラスは、

胃の働きを助けて消化を良くする効果も期待できます。

 

脂肪の分解を促す働きもあるので、

私は食べ過ぎたときに、

レモングラスのハーブティーを飲むようにしています。

 

そこで今回は、

  • 家で外国の料理を作るのは難しい
  • 食べ方や保存方法が難しそう

という方のために、

  • レモングラスの育て方とおすすめの保存方法
  • オススメの食べ方と調理方法

について、ご紹介します。

スポンサーリンク

レモングラスの育て方とおすすめの保存方法

 レモングラスの育て方

私は昨年から、

自宅でレモングラスを育てはじめました。

 

苗は、ホームセンターや園芸店のハーブコーナーで

大体5月頃から売られています。

 

レモングラスは、

地植えでもプランターでも育てられますが、

我が家ではプランターで育てています。

 

店員さんにきいたところ、

土はハーブ用の土を使ったほうがいいとのことでした。

①水やりと肥料

レモングラスは、

水やりはそんなにしなくてOKです。

 

水のあげすぎはよくないそうで、

私は「土が乾いてきたら、水やりをする」

感じで気軽に育ててます。

 

置き場所は、

日当たりがよく風通しがよいところを選ぶといいですよ。

 

夏などの気温が高くなるときは、

レモングラスがぐんぐん育つ時期なので、

液体の肥料を一ヶ月に一度くらいあげてます。

②収穫

葉の緑色の部分を収穫します。

目安としては、葉が15枚以上になった時がおすすめ。

 

葉が鋭いので、

指を切らないように気をつけてくださいね。

 

私は、指でちぎるのが難しかったので

ハサミを使って収穫していました。

 

株元を10センチほど残しておけば、

収穫した後も葉が伸びてきます。

③寒さに弱い

レモングラスは寒さに弱く、

5度以上が望ましいとされているので、

次年度(来年)も楽しみたい方は、

プランターに植えて室内で育てる事をオススメします。

 

でも、春を待って、

新たに苗を購入するほうが手間は、かかりません。

 レモングラスの保存方法

レモングラスの保存方法は2種類あります。

①乾燥させて保存する

収穫したレモングラスは、

天日干しにするか、逆さにつるして乾燥させます。

 

乾燥剤と一緒に密閉容器にいれて

保存しておきます。

私はジップロックに入れてます。

②生で保存する

生で保存する場合は、冷蔵が基本です。

しかし、

生だと日持ちしないのが、残念なポイント。

 

レモングラスの風味を楽しむためにも、

保存方法はとても大切です。

 

収穫の量が多い場合は、

葉は天日干しにして、

茎の部分はジップロックに入れて、

冷凍保存するといいです。

 

調理方法によって異なりますが、

みじん切りで使いたい場合は、

みじん切りにしてから冷凍するのがオススメです。

オススメの食べ方と調理方法

ハーブティーは、

お湯を注ぐだけで気軽に楽しめますよね。

 

でも、ハーブを料理に使う習慣って、

慣れていない人がほとんどだと思います。

 

私もそのうちの1人で、

レモングラスのことを知る前は、

ハーブを料理に使うなんて難しそうだし

使いこなせない!って思ってたんです。

 

ある日、友人の家で女子会をしたときに、

たまたまレモングラスを使ったお肉料理があって、

それがすごく美味しかったんです。

 

それがきっかけで、

レモングラスを育てて料理に使う習慣に繋がりました。

普段の食卓にレモングラスをプラス

料理が苦手な人でも、

ハーブの知識がなくても簡単に料理に応用できるんです。

 

我が家ではお肉料理に使うことが多いのですが、

魚とも相性が良く、白身魚といっしょにソテーしたりもします。

 

特に難しいことはなんにもなくて、

ただ一緒に焼くだけです。

 

私はあまり料理が上手ではないのですが、

レモングラスを少し加えるだけで

味にメリハリがついて、プロの味に少し近づいた感じがします。

 

他には、

  • 薄い牛肉にレモングラスを巻いてみたり
  • 手作りのドレッシングやソースに混ぜる

なども、オススメです。

 

レモングラスを風味付けで使う場合は、

唐辛子やにんにくをあわせて使うと相性が良いですよ。

 

カレーなどのスパイシーな料理に

入れるのもいいですね。

 

レモングラスのレシピをネットで検索すると、

意外とレシピが豊富なので参考にするとレパートリーも増えますよね。

妊娠している方は気をつけて

実はレモングラスは、

多量に摂取してしまうと子宮を収縮させる働きがあります。

 

特に、妊娠初期は不安定なので、

流産に繋がる恐れもありますので、

注意が必要です。

 

市販のレモングラスティーであれば、

香る程度しかレモングラスが含まれていないため、

妊婦さんが飲んでも影響はないとされています。

まとめ

いかがでしたか?

 

日本では、

生のレモングラスを入手するのが難しいので、

簡単だし育てるのが一番いいと思います。

 

スーパーには乾燥したものが多く

ネットで注文すれば、

生のレモングラスが手に入る場合もありますが、

実物が見られないのは少し心配です。

 

まず、どんな香りなのか試したいかたは、

スーパーで乾燥したものを購入するといいかもしれませんね。

 

いつもの料理にレモングラスをプラスして、

お料理の幅が広がると良いですね^^♪