ファブリーズの使い方!ベッドのダニ対策に効果的なお手入れ方法

家事・掃除

 

ベットのダニ対策に、

ファブリーズが効くのか!?

 

さぁ、どっち!!

 

スポンサーリンク

ベッドに出たダニ対策(ファブリーズ効果)

 

ファブリーズといえば、

CMでもよく見かけるので知らない人はいないと思います。

 

衣服に臭いがついた時など、

ファブリーズは臭い消しに大活躍しますよね^^♪

 

また、

ベッドやソファ、じゅうたんやカーテンなど、

洗濯や天日干しがなかなかできない箇所、

普段のお手入れがしにくい箇所などにも、

掃除ついでにシュシュッとするのもCMでおなじみです♪

 

我が家でも色々な箇所で大活躍の

ファブリーズなんですが、

ダニに効果はあるのでしょうか?

ファブリーズの効果は?

残念ながら、

ファブリーズでダニ自体を退治することは出来ません

 

でも、除菌効果はあるので、

ダニの予防に使うことはできます。

 

ダニのエサである「カビ胞子」が除菌でき、

結果的にはダニのエサがなくなって繁殖を防ぐことができるんです。

 

ちなみにファブリーズでは、

  • 消臭効果
  • 除菌効果
  • ハウスダストが舞い上がるのを防ぐ効果

この3つの効果が期待できます。

 

また、ファブリーズといえば、

緑色のファブリーズを思い浮かべる方が多い?と思いますが、

黄色のファブリーズがハウスダストクリアです。

「ファブリーズ ハウスダストクリア」

消臭効果・殺菌効果は、緑色と同じだそうです。

 

「ファブリーズ ハウスダストクリア」は、

カビの胞子・花粉・ダニの死骸などの

ハウスダストを固める働きがあります。

 

くしゃみが減ったなどの口コミも多いようで、高評価♪

 

あ!!

ファブリーズをスプレーする際に、

気をつけてほしいポイントが!!

 

夏に繁殖しやすい理由として、

  • ダニは25度前後の高い湿度を好む
  • 繁殖には、65%以上の湿度が必要

が考えられます。

 

ファブリーズは水分です。

良かれと思ってファブリーズを

大量にスプレーしてはいけません。

 

たくさんスプレーした方が効果もUPするだろう!

という考えはありがちですが、^^

 

ファブリーズのスプレー後は、

どうしてもスプレーした箇所が湿りますよね。

 

乾くのが遅くなってしまうと、

逆に湿気が大好きなダニが元気になっちゃうので

使用量には注意してくださいね^^/

 

ダニは、布団・ぬいぐるみ・じゅうたんなど、

隠れる場所があるところに住み着きます。

 

中でも布団は最高の環境といえるので、

普段からのお手入れが大切です。

 

普段から、天気の良い日には窓をあけて、

ベッドの下にも風が通るようベッドマットを立てかけたり、

扇風機を使用したりしながら、ベッド上下を乾燥させてあげてくださいね。

 ダニを駆除する

生きているダニは、

掃除機ではほとんど吸えないので、

まずはベッドや布団のダニを、死滅させなくてはいけません。

 

また、

布団叩きで、ダニを叩き落とそうとしても、

ダニの死骸やフンを粉々にしバラまいてしまうのでよくないです。

 

ダニを駆除するには、

  1.  高温の熱(50度以上)を加え、ダニを死滅させる
  2. 死滅したダニを掃除機で吸う

高温の熱は、

  • 布団乾燥機
  • スチームアイロン
  • ホットカーペット

などを使うのが効果的です♪

布団乾燥機

布団乾燥機は大きく分けて2つあって、

「マットありタイプ」と「マットなしタイプ」があります。

 

布団を隅々までしっかり乾燥できるのが

「マットありタイプ」

 

布団乾燥機の使用後は、

布団がふんわりして肌触りもよく、気持ちいいのですが、

マットありは準備や片付けに手間取ってしまうので少し面倒臭いです。

 

面倒が苦手な方は、

「マットなしタイプ」の布団乾燥機で、

ベッドや布団の乾燥をさせましょう。

 

マットなしは、

準備や片付けにも手間取らないのはもちろん、

コンパクトなものが多く、収納もかさばらないのが嬉しいポイント。

 

でも、布団によっては隅々まで

風が届きにくいことがあるので

乾燥にムラができてしまうこともあります。

スチームアイロン

布団乾燥機は家にないし、わざわざ買うのもなぁ。

という方は、スチームアイロンでも大丈夫です。

 

ダニは薄暗いところを好むので、

スチームアイロンをする前に、

 

部屋をなるべく暗くして、

1時間ほど静かに待機。

ダニが布団やベッド表面に出てきやすいです。

 

アイロンを布団に直接当ててしまうと、

布団が傷むおそれがありますので、

濡れタオルなどを絞って当て布をして、

ダニにスチーム攻撃です。

 

アイロンの温度設定は、布団の絵表示を確認し、

温度を設定したら5秒程度を目安に当てていきましょう。

 

最近のアイロンには、

スチーム機能が付いているものが多く

アイロンは、ほとんどの家庭にあって

いつでも気軽に使えるのが嬉しいポイント。

 

でも、家族が多く、布団の枚数が多いと、

スチームを当てるの大変ですね。

ホットカーペットや電気毛布

ホットカーペットや電気毛布の温度調整に、

「ダニ」と書いてあるのを見たことはありませんか?

 

電気毛布の場合は、ベッドにセットするだけですが、

 

電気毛布が無い場合は、

ホットカーペットの上に布団を敷いておくだけ!

 

布団の表と裏を交互にひっくり返しながら、

1時間くらいずつ熱を加えます。

 

布団とホットカーペットの間は

かなりの高温になりますのでダニの駆除には効果的!

 

ただし、その状態で寝るのは

低温やけどの危険がありますので止めましょう。

ダニ退治後の掃除機

掃除機で吸う作業は、布団はもちろん、

ベッドやマットレスにもしっかりと掃除機を!

 

普通に掃除するような感じだったり、

さっさとかけてしまってはダニが吸いきれません。

 

1メートル四方を、1分くらい時間をかけて、

ゆっくり丁寧に吸うようにするといいですよ♪

 

特に、ダニのエサになる髪のフケ・垢などが

たまりやすい枕元は念入りに掃除機をかけていきましょう。

 

吸引力が弱いとダニを吸い込むのに不十分ですので、

フィルターはきれいな状態にしておくと効果が期待できます。

 

掃除機で吸った後に、

ファブリーズを振ると予防に繋がるのでオススメです^^

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ベッドのダニ対策には、

ファブリーズだけでは不十分ですが、

 

黄色いファブリーズは、

ハウスダストを固める効果がありますので、

 

ベッドなどの大きな家具には、

特に、ダニ対策に「ファブリーズ ハウスダストクリア」

が、おすすめです^^♪