出産予定日が真夏!真夏の出産の乗り越え方。

出産

出産予定日が暑い暑い真夏の真っ只中!

 

妊娠中は大きくなったお腹でさらに暑いし、

もちろん出産も出産後の育児も暑くて大変かも!

 

真夏の出産を乗り越えるためのコツや、

気をつけることはあるのでしょうか。

 

今回は、

  • 真夏の妊娠中に気をつけること
  • 真夏の出産時に用意しておいた方が良いもの
  • 真夏の育児中に気をつけること

について、ご紹介します。

スポンサーリンク

真夏の妊娠中に気をつけること

熱中症に気をつける

妊娠中は大きくなったお腹で

動きずらさや暑さを感じやすく

疲れもたまりやすいです。

 

夏バテや熱中症にならないように

気をつけましょう。

 

冷えすぎた部屋にずっといると

身体が冷えてしまい良くありませんが、

 

適度にクーラーも使用しないと、

熱中症になってしまっては大変!

 

1時間に1度は換気をする癖をつけて、

換気の際に、身体が冷えすぎたり、

高すぎたりしていないか確認して下さい。

 

室内の温度調節には十分気をつけて下さいね。

 

また、外出や運動は、

日差しが強い時間帯はできるだけ避けて、

こまめに水分補給をしてくださいね。

通気性の良い下着やマタニティウエアを着用する

真夏は普通でも汗をかきやすのに、

妊娠中はさらに汗をかきやすいです。

 

しかも、

皮膚が敏感になっていることも多いため、

汗で汚れた衣類を着用したままだと、

あせもや湿疹の原因にもなってしまいます。

 

通気性の良い下着を用意したり、

汗をかいたらこまめに着替えるなどしましょう!

 

ブラジャーは蒸れるため、

カップ付のブラトップが楽でオススメです。

 

また、真夏の腹帯も暑くて蒸れますよね。

蒸れた下着や服はこまめに着替えて、

暑さで苦しい時は腹帯を外したりして、

体調を整えてくださいね。

栄養不足に気をつける

夏は暑くて食欲も落ちますよね…。

 

でもお腹の赤ちゃんに、

しっかりとした栄養を届けないと!

 

もちろん、自分自身も栄養を摂って

健康でいないといけません。

 

簡単に調理ができる、

冷凍野菜などを常備しておくのもオススメです。

 

暑さで体力が奪われているときこそ、

バランスのとれた食事を心がけてくださいね。

むし刺され対策

汗をかきやす妊婦さんは

夏になると蚊の餌食に(>_<)

 

蚊に刺されて感染する恐れがあるのが

「デング熱」

 

妊娠中に熱なんてでたら大変です。

外出時は肌に優しい虫よけスプレーを!

 

ハッカオイルなどで、

天然の手作り虫よけスプレーもオススメです^^

真夏の出産時に用意しておいた方が良いもの

では、実際出産するときはどうでしょうか。

出産前に夏だからこそ用意しておいた方が良いものを挙げてみます。

 

産まれてくる赤ちゃん用

赤ちゃん用の肌着は多めに

赤ちゃんは大人より汗っかきです。

汗で汚れた肌着はあせもや湿疹の原因になります。

 

洗濯が追いつかないことも

あるかもしれません。

 

ですので、

いつでもすぐに取り替えられるよう

肌着は多めに用意しておく方が良いですね^^

 

ガーゼ素材の生地のものを選ぶと

通気性も良く乾きやすいのでオススメです。

赤ちゃん用の汗とりパッド

寝ている間や頻繁に着替えができない時は、

背中と服の間に汗とりパッドを敷いておく

汗を吸収してくれます。

 

赤ちゃんも快適ですし、着替えが少なく済みますね。

赤ちゃん用の寝具

赤ちゃん用の寝具は通気性が良く、

丸洗いできるものが良いですね^^

 

汗をかいて汚れたらすぐに洗えて、

すぐに乾くものを選ばれた方が良いです。

 

また、赤ちゃんは温度調節が

うまくできませんので、

 

シーツはひんやりとした

接触冷感性のあるものがオススメです。

 

寝ている時はタオルやガーゼ素材の

かけ布団をかけてあげましょう。

 

ここまでは、産まれてくる赤ちゃんの為に

用意しておいた方が良いものを挙げてみましたが、

次はお母さん用です。

 

お母さん用

入院中の薄手の はおりもの(カーディガン)

出産後はしばらく入院することになります。

 

病院の中は冷房がきいていて

涼しく感じることもあります。

 

夏でも半袖のものばかりではなく、

1枚長袖の はおりものを用意しておくと便利ですよね^^

 

足元が冷えないように、

また、冷えた時用に靴下もある方が良いですね。

汗拭き用制汗シート

出産した当日は、

あんなに汗をかいて頑張ったのにお風呂に入れません。

 

水道とタオルがあれば、

濡らしたタオルはいつでも用意できますが、

制汗シートがあるとスッキリしますよ♪

うちわ

真夏の陣痛時、出産時はもの凄く汗だくです。

うちわで旦那さんに仰いでもらいましょう!

スキンケア用品

病院の中は冷房がずっときいていて、

とっても乾燥します。

 

保湿クリームや保湿タイプの化粧水!

とっても活躍しますよ!

真夏の育児中に気をつけること

赤ちゃんが産まれてからはどうでしょう。

真夏の新生児育児の際に気をつけることは?

クーラーを使用するときの注意

真夏はどうしてもクーラーを使用しないと

あの暑さには赤ちゃんもお母さんも耐えられないですよね。

 

そこで、

クーラーを使用するときは赤ちゃんのために

下記のことに注意してくださいね^^

①冷やしすぎない

設定温度は28℃前後にして

部屋を冷やしすぎないように気をつけましょう!

②換気をこまめに

窓を締め切っていると空気が汚れたり、

乾燥したりまします。

 

赤ちゃんに汚れた空気を

吸わせたくないですものね。

 

こまめに窓を開けて換気をし、

きれいな空気と入れ替えをしましょう!

③冷気を直接赤ちゃんの身体にあてない

クーラーの風が直接赤ちゃんにあたると

身体が冷えすぎてしまい危険です。

 

ベビーベットや寝かせるお布団の位置を

調節してくださいね。

④たまに赤ちゃんに触って確認を

赤ちゃんの手や足を触ったり、

汗のかきかたをみて、

身体が冷えすぎていないか、

体温が高すぎないかの確認してください。

 

風通しが良い日は、窓を開けて扇風機を回したり、

なるべくクーラーは使用しないようにできると良いですね!

赤ちゃんの服装

前述した通り、肌着を多めに用意して

汗をかいたらこまめに着替えさせましょう。

 

着衣は、暑い時は肌着1枚で大丈夫ですが、

お腹と足は必ず覆ってあげましょうね。

 

クーラーを使用している時は、

さらにタオルケットやバスタオルをお腹にかけて

冷え対策を忘れずに。

 

また、着替える際は、

綺麗に汗を拭き取ってあげましょう。

 

おむつの中もかなり蒸れますので、

おむつ替えの時、しばらくうちわで仰いで

おしりの熱を下げてあげると、

赤ちゃんも開放感で気持ち良いですね^^

ベビーベッドは窓側に置かないで

ベビーベッドが窓側にあると

直射日光が当たってしまう場合があります。

 

暑さを感じやすくなってしまうため

できるだけ直射日光の当たらない場所に移動してあげましょう。

 

カーテンや簾を使って日差し対策をするのも良いですね。

シャワーや行水で汗を流してあげましょう

汗をたくさんかいてしまった時は、

汗を拭き取るだけでなく、

シャワーなどで汗を洗い流してあげる

赤ちゃんも気持ち良いですよね^^

 

赤ちゃんのムチムチした腕や足って

汚れがたまりやすいです。

 

沐浴をしないシャワーだけの時は、

温度はぬるめで。

でも冷やし過ぎないように気をつけて下さいね。

授乳中や抱っこ中の汗対策

授乳中や抱っこ中は、

お母さんと赤ちゃんが触れ合う部分に多く汗をかきます。

 

お互い汗でびしょびしょにならないように

間にガーゼやタオルを挟むなどして、

汗を吸い取るようにしましょう。

 

汗が冷えて体調を崩してしまっては大変ですものね^^

外出時は日よけ・暑さ対策を

産まれたばかりの赤ちゃんは

あまり外出はしないと思いますが、

 

検診や買い物などで、

どうしても外に出る時は、

日よけと暑さ対策をしっかり目にしてあげましょう。

 

抱っこ紐の場合は、

フードカバーをかぶせて

直射日光が当たらないようにし、

 

保冷剤をタオルで包んで、

お母さんと赤ちゃんの間に挟んでおくと良いですよ!

 

ベビーカーの場合は、

アスファルトからの照り返しで

赤ちゃんがかなり暑さを感じますので

背中にタオルで包んだ保冷剤を入れてあげたり、

 

専用の保冷シートを利用するなど

暑さ対策を工夫してあげてください。

 

フードカバーや帽子も忘れずに!

 

なるべく直射日光が当たる場所は避けて

日陰を歩くように心掛けたいですね。

 

また、外出先の室内は、

冷房が強くきいていて冷えてしまう場合もありますので

ブランケットや靴下も持参すると安心です。

脱水にならないように気をつける

とにかく汗を多くかく赤ちゃんは、

脱水症状になりやすいです。

 

特に夏はこまめに様子を見て、

母乳やミルクをこまめにあげてください。

まとめ

真夏は自分1人でも暑いのに、

さらに赤ちゃんもいるとなると暑さは2倍!

 

お母さんも赤ちゃんも、

体調を崩さないように早めに暑さ対策の準備をして

できるだけ快適に乗り切れるようにしたいですね!

 

ちなみに、

真夏の出産の良いところは!?

「洗濯が楽なところ♪」

お布団も、タオルケットも、汗を含みますので、

毎日洗ったり、干したり、薄手の物が多いので、

軽くて上げ下ろしも楽ですし♪すぐ乾きますし♪

 

洗濯物やお布団が、太陽の香りいっぱいで

カラッと乾いてくれたら、気持ち良い~ですよね^^♪

 

真夏の暑さ対策をしながら、

真夏だからこその楽しみも見つけて、

今年も「激熱な夏」を乗り越えましょ~^^/