陣痛が夜中に突然来た!考えられる理由と対処法

出産

そろそろ出産予定日も近づいて、

いつ産まれてもおかしくない!!

 

  • 入院準備は万端だけど、できれば1人の時ではなくて、旦那さんや母親が近くにいる時に陣痛が来てほしいな…。
  • 夜だと旦那さんや家族を起こしたりしなければならなくて大変だから昼間のうちに病院に行きたいな…。

 

そんなことを考えていても、

陣痛が始まるタイミングは自分で決めることはできません

 

そんな悶々とした思いとは裏腹に、

陣痛の始まりを夜中に経験しているママはかなり多い。

 

どうして昼間ではなくて

夜中に突然来るのででしょうか。

 

たまたま?

それとも何か理由があるの?

 

今回は、

  • 夜中に陣痛が起こりやすい原因
  • 陣痛が夜中に突然きた場合の対処法

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

夜中に陣痛が起こりやすい原因

 

陣痛が始まる時間帯について、

様々な大学などが統計を出しています!

 

結果は少しずつズレはあるものの、

どうやらやはり「夜中から明け方の時間帯」

1番多いみたいです。

 

体験談を見ても、

夜中にいきなり始まったって方も

結構いらっしゃいますね。

 

確かに私の友人でも、夜中に陣痛がきて、

午前中に出産している人が多いような…。

 

どうして?でしょうか…

はっきりとした理由はよくわかっていないみたいですが、

自律神経が関係しているとの考え方があるみたいです。

 

自立神経とは、

人間の活動を調整するために

24時間働き続けている神経ですが、

 

自律神経には2種類あって、

  • 身体が活動している時に活発になる交感神経
  • 身体が休まっている時に活発になる副交感神経

があります。

 

この副交感神経が活発になっている時に

陣痛が始まりやすいと言われているようです。

 

夜寝ていると身体がリラックスした状態であるため、

副交感神経が活発になりますね。

 

副交感神経はホルモンの分泌を活発にして、

子宮の筋肉や骨盤を柔らかくし、

出産しやすい状態にしてくれる作用があるんだとか。

 

出産が不安で夜も緊張していると

陣痛がなかなか来ないかもしれませんね!

 

また、外敵に狙われにくい夜中に出産する

という動物的な本能が昔から備わっているなんて説も!

 

陣痛が夜中に突然来た場合の対処法

どうしたら良い?

陣痛が夜中に突然来たときの対処法。

 

夜中に陣痛が多いということがわかったところで

寝ているときに陣痛が来た時にどう対処したらよいか考えておきましょう。

 

①病院へ行くための交通手段を確保しておく

陣痛の間隔が短くなったら病院へ連絡します。

医師や助産師さんの指示で病院へ向かいますが、

夜中は公共交通機関は利用できません。

 

家に車がある場合は、

夜中でも旦那さんや家族に、

すぐに車を出してもらえるよう

準備しておいてもらいましょう。

 

臨月に入ったら旦那さんには

禁酒していただきたいですね。

 

飲んで帰ってきた後だった!

なんてことになれば運転できませんからね!

 

また、陣痛の痛みはいつ襲ってくるかわかりませんので、

もちろん自分で運転するなんて危険ですよ!

 

家に車がない場合はタクシーをすぐに呼べるように

事前に24時間対応のタクシー会社の連絡先を調べておきましょう。

 

破水している場合は断られてしまう場合もあるみたいなので

タクシーを利用する可能性がある場合は、

陣痛タクシーにあらかじめ登録しておくとスムーズみたいです。

 

どうしても交通手段が見つからない!

という場合は最終手段として、

119番に連絡して救急車に来てもらいましょう!

 

②いつ陣痛が来ても良いように入院準備をしておく

これは夜中に限ったことではありませんが、

陣痛が始まってから入院準備をするのは遅いです。

 

出産予定の病院の指示に従って、

必要なものは臨月に入る段階で準備しておきましょう。

 

また、誰でもすぐに運びだせる場所に置いておく

ことを、おススメします^^

 

③旦那さんや上の子の対応を考えておく

夜中に陣痛が来た時に、

誰が病院へ付き添うのか、

旦那さんの翌日の仕事はどうするのか、

上の子の面倒は誰が見るのか…

考えられるケースを想定しておきましょう。

 

旦那さんが出産に立ち会う場合は、

翌日の仕事を休まなければいけないかもしれません。

 

いきなり休めない場合もあります。

事前に出産予定日を職場に伝えておいてもらいましょう。

 

また、よく出産の時に困ったという話を聞くのが、

上の子の対応。

 

夜中に1人で家に置いていくわけにはいきませんよね。

  • 病院へ一緒に連れていくのか
  • 両親に預けるのか
  • 翌日の保育園は登園させるのか
  • 小学校への見送りはどうするのか
  • 里帰り出産の場合
  • 両親が自宅に来てくれる場合
  • 両親の協力が得られない場合

など、各家庭の状況によって

変わってくると思います。

 

いつ陣痛が来ても良いよう、

事前に家族とよく相談しておきましょう。

 

まとめ

夜中に陣痛が多いと聞くと、

みんなは寝静まっている時間だし、

なんだか不安になりますよね。

 

旦那さんの仕事が夜勤だったりして、

夜1人の場合はなおさら不安かも…。

 

いつ陣痛が起きても良いように

事前の準備が大切です。

 

また、できるだけ周りの方の協力が

得られるように家族ともよく

コミュニケーションをとっておけると良いですね!

 

陣痛は痛くて辛いかもしれませんが、

赤ちゃんも頑張っています!

 

みんなで出産を乗り越えて、

元気な赤ちゃんに会いたいですね^^