あつ~い夏!妊婦におすすめの運動は?

妊娠中

妊娠中は適度な運動をって言われるけど、

夏は暑いし運動なんてできないよ!

 

妊娠中はそれでなくても暑いのに、

これ以上汗をかくなんて無理!(>_<)!

 

でも、だからといって、

妊娠中に部屋の中でダラダラ過ごしていると、

体調不良の原因にもなりかねません。

 

何より体力が落ちてしまい、

出産時や出産後に影響が出てしまいます。

 

運動不足にならないためには

どうしたら良いでしょうか?

 

今回は、

  • 夏の妊婦さんにおすすめの運動7つ
  • 夏の妊婦さんが運動する際に気を付けること6つ

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

夏の妊婦さんにおすすめの運動7つ

夏の妊婦さんにおススメの運動は、

①マタニティスイミング

外は暑くても、妊娠中でお腹が大きくても!

プールなら汗をかくことなく運動ができます。

 

水の中なら、お腹の重みを感じることなく

体を動かせますので、とても楽です!

 

スイミングといっても、

長時間泳いだりするわけではなく、

 

水の中をウォーキングしたり、

浮いたりする簡単な運動で、

泳ぎに自信がなくても大丈夫です。

 

最近では、しっかりとしたマタニティ用の

スクール行っているスイミンスクールも多くありますものね。

 

指導のコーチの他に助産師さんが

ついていたりしますので、安心ですね。

 

また、出産時に役立つ呼吸法も教えてくれます^^

②マタニティヨガ

ヨガも室内でできる運動です。

病院で定期的に行なっているところも多いですよ!

 

スポーツジムなどでもマタニティ用の

ヨガの教室が開かれているところが多くあります。

 

ジムにはお金をかけたくない方は、

本やDVDも手軽に手に入りますので、

ヨガ!良い運動になるのでおススメです^^

③暑さが和らぐ時間帯にウォーキング

夏でも日差しが強い日中ではなく、

朝早起きしたり夕方に買い物がてら

無理のない程度に歩きましょう!

 

ただし、朝から陽射しが厳しい時や

夕方になっても蒸し暑い時は避けましょう。

④ストレッチ

お風呂上がりや空いた時間に

室内で軽くストレッチやラジオ体操

するだけでも良い運動になりますよね^^

 

体を柔らかくすることで産道が開きやすく、

赤ちゃんがスムーズに出てきやすくなります。

 

同時に軽めの屈伸運動!

スクワットなどを取り入れて、

筋肉を鍛えることもやってみてください。

 

妊娠中ですので、無理は禁物です。

運動は軽めにしてくださいね^^

⑤家事をする

家事だって立派な運動です!

掃除機をかけたり、モップ掛けをしたり、

お風呂掃除をしたり、窓拭きをしたり…。

 

でも、重たいものを持ち上げたり、

無理して家具を動かしたり、

お腹に力が入り過ぎることは禁物です。

⑥ウィンドウショッピング

無理に暑い屋外を歩かなくても、

エアコンの効いた商業施設内を歩くのも運動になります。

 

ベビー用品を見て回ったり、

ゆっくり1人の時間を楽しみながら歩くのも運動うちです^^

⑦お風呂に浸かって体を動かす

今日は運動不足だなと感じた日は、

お風呂に浸かった状態で、

  • 腕や足を曲げ伸ばししたり
  • 体を少しひねったり
  • マッサージしたり

するだけでも筋肉がほぐれます。

 

運動は外に出てやるものと思いがちですが、

室内でもできるものも多くありますよね!

 

費用はかかりますが、スクールに通うことで

同じく妊娠中の友達もできますので、

情報交換などにもなって楽しいですよ^^

夏の妊婦さんが運動する際に気を付けること6つ

こんな事には気をつけて!

夏の妊婦さんが運動する際に、

特に気をつけてほしい事は?

①疲れた時や体調が悪くなった時はすぐに休む

妊娠中は自分が思っている以上に

体力を消耗します。

 

特に夏は紫外線や暑さで

少し外に出ただけで、すぐに疲れてしまいます。

 

倒れてしまったりしては大変ですので、

無理をせず疲れた時や体調が悪くなった

と感じた時は、涼しいところですぐに休憩しましょう。

②こまめに水分補給を

汗をかくことで体内の水分が失われてしまいます。

脱水や熱中症にならないようにこまめに水分補給をして下さい。

 

汗をたくさんかいた時は、

スポークドリンクがオススメです。

 

私は、つわりが酷い時は

スポーツドリンクを薄めて飲んでいました。

 

外出時は必ずペットボトルや、

水筒を持ち歩くようにしましょう。

③汗をかいたらすぐに着替える

汗で濡れた下着や服は、

すぐに取り替えましょう。

 

可能であれば、

お風呂に入って汗を流すのが良いです。

 

汗で汚れた衣服を身につけたままにする

ことで、あせもや湿疹の原因にもなりますし、

エアコンで汗が冷やされて、身体も冷えてしまいます。

④体調が悪い時は運動はお休み

夏バテ気味の時や体調が悪い時に

無理に運動することはありませんよね。

 

ずっと座っていたり、寝転んでいたり。と、

同じ体勢がシンドイ時は、

 

ゆっくり手を上げたり、

腰を伸ばしてみてください。

 

また、食事で栄養をしっかりとって

安静にしてくださいね。

⑤部屋の冷やしすぎに注意!

部屋の中で運動するからといって

普段よりエアコンの温度を低く設定しすぎると

身体が冷えてしまって、体調不良の元です。

 

動いて軽く汗をかく程度に、

エアコンの温度を調節しましょう!

⑥外出時は母子手帳を持ち歩く

夏に限ったことではありませんが、

妊婦さんはいつどこで具合が悪くなるかわかりません。

 

外出する時は、

母子手帳と健康保険証

必ず持ち歩くようにして下さいね^^

まとめ

運動といっても、

毎回わざわざ真夏の日差しの強い

外にでる必要はありません。

 

家の中で手軽にできる運動や、

マタニティ用の運動教室を利用して、

夏だからこそ安全に慎重に体を動かしましょう!