今どきの洗濯機!縦型vsドラム式 違いは?あなたはどっち派?

家電

洗濯機を購入したり、

買い換えたりする機会って、

 

人生で何回あるのかな?

ってくらい数少ないイベントじゃないですか?^^

  • 春から社会人♪ 憧れの一人暮らしに向けて家電をそろえなきゃ!
  • 夢のマイホームを新築!せっかくだし洗濯機もオシャレなのを置きたいな~
  • 今の洗濯機ガタきてヤバい…! そろそろ買い換えの時期かな?
  • 家族が増えて容量が足りず、効率が悪い。容量が大きいのに変えようか?
  • 壊れた…

などなど。

 

洗濯機に限らず家電全般にいえることですが、

家電の買い替えって、選ぶのはすごく楽しいし、

ワクワクしますよね♪

 

そこで今回のテーマ「洗濯機」ですが、

洗濯機には縦型ドラム式がありますよね。

 

最近の洗濯機はとても高価なので、

「洗濯するだけだし…何でもいいや~」

では、イケません(笑)

 

今回は、

  • 縦型洗濯機とドラム洗濯機の違いって?

について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

乾燥機能付き縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違い

 

最近ではドラム式タイプも

珍しくない存在になってきていますが、

 

やはりまだまだ縦型洗濯機を

採用しているご家庭も多いですね♪

 

なぜ? 家電って、

新しく出てきた物の方が、

色々と改良もされて性能も良さそうに思えるのですが…。

 

これは、

縦型洗濯機とドラム式洗濯機に

ご家庭が求める機能の違い

にあります。

  • 汚れを落とす洗濯機能を求めるか
  • 乾燥機能を求めるか

で、洗濯機の選び方が変わってくるようです。

 

  • 縦型の洗濯機は→乾燥機能付きの洗濯機
  • ドラム式の洗濯機は→洗濯機能付きの乾燥機

こ、これはー( ゚Д゚)/

電気屋さんの受け売りです( *´艸`)♪

 

縦型洗濯機にも乾燥機能は付いていますが、

ドラム式の方が乾燥機能の性能は上!!

 

縦型の洗濯機で乾燥しても、

ドライヤーの風をあてているようなもので、

洗濯物の量にもよりますが生乾き部分が多いです。

しっかり乾燥させなきゃ生乾き臭が~

 

私は今愛用の縦型洗濯機で、

試しに乾燥までセットした事があります♪

 

「乾燥機デビュー♪」と、

ルンルン♪でタイマーが切れるのを待ち、

「ピーピーピー」鳴った~♪

洗濯物を取り出したら、なんと!!!

  • 生乾きだし
  • 洗剤の香りも残っていない

まぢか…ショックで2、30秒棒立ち状態

 

もうたぶんきっと、我が家では、

乾燥機の出番は無いと思います。ションボリ

 

洗濯機を選ぶ際に重視した点7つ

 

 

 

そこで、

 

あなたは洗濯機を選ぶとき、

何を重視して選んでいますか?

 

私は洗濯機を買う時に、電気屋さんで

3時間くらい話を聞いて、縦型にしたのですが、

洗濯機を選ぶ際に重視した点7つを、ご紹介しますね。

 

①コスパ・・・縦型の方が安い

家計をやりくりする主婦にとって、

家電の出費は痛いものです…

 

家電は大半「突然」壊れます。

え、いま!?ってタイミングで、

ふところ事情(お財布の中身)も、

お構いなしにチーン↓↓します。

 

急な出費に耐えれる方は良いですが、

少しでもお安いものをゲットしたい!

 

ということで、

私の場合、お買い物に行って

真っ先に目に入れるのは、お値段です…

 

もちろんメーカー違いや、

搭載機能・容量などによって、

お値段は変わってくるのですが、

 

縦型はドラム式に比べて、

比較的安価で手に入ります♪

 

②洗浄力・・・縦型の方が汚れ落ちが良い

縦型は、横回転の水の流れに沿って衣類も

くるんくるん回転し、こすり洗いをします。

 

たっぷりの水で洗う為、

泥汚れなどの洗浄力は抜群ですが、

こすり洗いは洗濯物が傷みやすいです。

 

ドラム式は、縦に回転し、

洗濯物を上から下に叩きつけて洗います。

 

水の量が少ない分、縦型より洗剤の濃さがあり、

皮脂汚れなどの落ちは良いそうです。

 

うちには汚し盛りの子供がおりますので、

↑この時点で縦型に決定なんですけどね。

 

③本体サイズ・・・縦型の方がコンパクト

縦型の洗濯機は、性能別にも、

大中小のサイズが豊富にあり、

 

洗濯機を置くスペースに限りのある

賃貸マンションや、一戸建てでも、

縦型の方が選びやすいですね。

これも縦型が支持されている理由の

一つではないかと思います。

 

④騒音・・・ドラム式の方が静か

洗濯機ってガランガラン回る音が、

結構響きますよね。

 

最近の縦型洗濯機でも静かなものも

出てきていますが、

縦型よりもドラム式の方が静音のようです。

 

⑤1か月の電気代・・・ドラム式の方が安い

洗濯機としてだけなら、

縦型もドラム式も容量にもよりますが50円前後。

 

ですが、

「洗濯+乾燥まで」となると、

乾燥機能の優れているドラム式の方が、

圧倒的に電気代はお安いです。

 

詳しくは機種の違いもありますので、

メーカーや電気屋さんに聞くのが1番ですが、

 

洗濯+乾燥まで毎日した場合の

1ヵ月の電気代の目安は、

  • 縦型→ 1,500円前後/1ヵ月
  • ドラム式ヒートポンプ乾燥→ 500円前後/1ヵ月

のようです。

 

↓こちらは1回の電気代

洗濯容量10kgの洗濯機の洗濯~乾燥までにかかる電気代を以下に比べました。

種類ごとの電気代の違い
縦型ヒーター乾燥タイプ(洗濯容量10kg乾燥容量5kg)
 49.95円(1850Wh/185分)
ドラム型ヒーター乾燥タイプ(洗濯容量10kg乾燥容量6kg)
 50.76円(1880Wh/150分)
ドラム型ヒートポンプ乾燥タイプ(洗濯容量9kg乾燥容量6kg)
 15.93円(590Wh/145分)

⑥シワ・・・どちらもアイロン必須?

どちらも、狭い洗濯槽内で乾燥までさせるのです。

ある程度の「シワ」は、覚悟しましょう。

 

私は縦型の洗濯機で干す派なのですが、

乾燥機も試したことがあります。

もうぐっしゃぐしゃで、アイロン無理!

と、2度洗いしました。

 

私の友人はドラム式を使用していて、

以前、乾燥までさせた洗濯物を見せて

もらったことがあったのですが、

 

ぐっしゃぐしゃ、とまでは言いませんが、

くっしゃくしゃでしたよ!

ふんわり仕上げってホント?と思いました。

 

Tシャツやカッターシャツに、

水をシュッシュして、アイロンしているそうです。

 

私なら高いお金を払ってドラム式を買っても、

あんなにシワになるのなら、干すと思います。。。

 

子供もいるのに、

アイロンになんて時間かけてられません。

外にパンパーンと干して、

最小限のアイロンだけにしたいものです。

 

⑦デザイン性・・・ドラム式の方がオシャレ

それにしても、

ドラム式ってほんと高級感バリバリで、

オシャレで憧れます!! いいな~

私も一度はあんな洗濯機を置いてみたい…

 

インテリアとしても楽しめそう♪

 

また、

ドラム式は、蓋が前に開くタイプなので、

洗濯機の上のデッドスペースを、

物置スペースにもできますしね♪

 

ラックも、縦型だと背の高いラックしか、

蓋が邪魔して使えませんがドラム式だと、

上に蓋を開けないから、背の低いラックでもOK♪

 

★注意★

ドラム式は、蓋の位置が低いので、

腰を曲げて出し入れをします。

腰の悪い人は膝をついて出し入れした方が良いですね^^

 

また、

小さなお子様がいる家庭では、

洗濯機付近で遊ばないよう注意が必要です。

 

洗濯機って使用後、

カビ対策に開きっ放しにしますよね?

 

ドラム式洗濯機の蓋の位置は、低いので、

かくれんぼしたら大変です。

 

蓋は中から開くタイプ?

複数で遊んでいても大人がいないと、

子どもだけでは外からでも開け方が解らないですものね。

 

まとめ

 

洗濯って洗って終わりじゃなくて、

干して取り入れて畳んで~って、

結構手間で面倒くさいですよね。

 

乾燥機に特化した洗濯機だと、

タイマーが切れたら乾いていて、

後は畳むだけですものね。^^

乾燥機重視なら、ドラム式♪

 

今や洗濯機は、

インテリアとしてのデザインも

機能も豊富なので迷いますが、

大きな買い物なので慎重に選びたいところです♪

 

簡単に違いをまとめると、

 

縦型洗濯機の方が良いご家庭

  • 洗濯物の汚れがひどい
  • 洗濯物は外に干す

 

ドラム式洗濯機の方が良いご家庭

  • 洗濯物の汚れが少ない
  • スイッチオンで一気に乾燥までさせたい

簡単過ぎましたが、こんな感じです。

 

あなたは、どっち派ですか?^^?

 

うちは、

子どもがもの凄く汚して帰ってくるし、

アイロン苦手なので、お財布事情も含め縦型派。

 

ご家庭のライフスタイルに合った

良い洗濯機!見つけて下さいね~(*^-^*)/

 

また、↓こちらに洗濯機の口コミ3社まとめてあります。

気になる洗濯機の口コミ!メーカーによって何が違うの?

こちらもご覧になってください♪